Tag Archives: ジャズ

やはり曲順は大事、上海ブラスの演奏会より

 先週の日曜であるが、雨の中上海ブラスの演奏会に行ってきた。

 この演奏会、アマチュアながらというかアマチュア故というか、結構人気が高く事前に取り置きを言っておかないとすぐに満席になってしまうので油断がならない。

 もっともそれは、チケット代が無料であることにも理由があり、団員の知り合いを集めただけでいっぱいになるようだ。

 今回団員に知り合いがいるのでチケットを確保してもらったのである。

上海ブラスのパンフ

上海ブラスのパンフ

 聞くところによると、中国ではこのようなアマチュア音楽家文化というのはほとんど育ってないらしい。
 つまりプロになるか、諦めるかの二択ということのようで中間がないということのようである。

 日本人のようにプロにもならないのに自費で参加費を払ってまで大勢でコンサートを開くなどという文化がほとんど存在しないというか、少なくとも今の時点までは育ってないようだ。

 欧米についてはあまり詳しい例を知らないが、学生ならともかくいい年した大人が集まって演劇だのコンサートをやる文化は、実はそれほど盛んではなさそうな気がする。

 もちろんそこそこはあるだろうが日本ほどではない印象である。

 これに対して日本はアマチュアの劇団・楽団からママさんコーラスまで、プロ手前の腕前から素人に毛の生えたような人まで、様々な幅の広いセミプロアーティスト集団が、夥しいほど存在する。

 これについて、たまたま見つけたお隣韓国のメディアの記事によると日本のプロオーケストラは32団体、固定聴衆は400万人、楽器を持って演奏している人は20万人もいるという超アマチュア文化大国ということになるらしい。

外部サイト:プロオケ32楽団、聴衆400万…欧州も凌駕する“ジャパン・パワー”(1)

まあ、そんな1億総アーティストのような文化の日本というのは、世界でも稀に見る国民性なのかもしれない。

 さて、今回の演奏会でも、前回同様にクラシック→ジャズ→ポピュラーという三部構成で行われたのだが、その中でもJAZZステージが秀逸だった。

 さらに、個人的に嬉しい出来事もあった。

 それは実は今回も「sing!sing!sing!」の曲が前回同様に演奏プログラムにあったのだが、今回は前回と違ってJAZZステージのラストの順番に置かれていたからである。

 何故、プログラムの最後で嬉しかったかというと前回の冬のコンサートの時は1曲目に置かれ、演奏自体は悪くななかったが、熱さに欠ける印象が残った印象だった。

 どうもエンジンを暖めきれないうちにスタートしてしまい、曲が熱くなる前に終わってしまったなぁという印象を受けたのである。

 まあ個人的好みかもしれないが「sing!sing!sing!」はもっとヒートアップできる曲であり、誰が演奏するのであってももっと攻めの演奏をして欲しいのだが、前回はどうもエンジンをふかしきれないまま不完全燃焼である印象だったのである。

 そこで私は演奏会終了後に団員の友人に生意気にも「エンジン温めてからのほうがよかったね」と感想を言い、出来ればジングルベルと順番は逆のほうがよかったと伝えた。

 そして半年後、前回の私の感想が届いたのかどうか知らないが、何と希望通り曲順が後になり、In the Moodなど入りやすい曲から繋いで、メインの「sing!sing!sing!」の流れになったのである。

 すると目論見は大当たりで、今回は演奏者の音も非常に熱く、ドラムのソロの見せ場では会場全体が引き込まれ集中して演奏を見守っていた。
 会場で途中までワーキャー言っていた子供の声もほとんどしなくなり、会場全体が静まりかえる中でドラムの熱演が行われたのである。
 そして演奏直後の拍手と声援は物凄く熱く、映画「スウィングガールズ(上野樹里主演)」のごとく盛り上がった。(笑)

 まあ今回の盛り上がりは、決して演奏順だけのことではないとは思うが、数々の演劇やコンサート、さらには結婚式を見てきた私としては、やはり音楽の順番は大事だと思っており、今回彼らが見事にそれを証明してれたような印象で、そういう意味で嬉しかったのである。

 演奏者や聴衆が生身の人間である以上、身体や心が温まらないうちにいきなりエンジン全開で突っ走るのは難しいことであり、高い頂上を目指すならの、例えアマチュアのコンサートでもちゃんと音楽の順番と流れにも気を配るべきというのが私の持論である。

東京ブギウギを再評価する

 先ほど日本のラジオで、笠置シヅ子さんの「東京ブギウギ」がリクエスト曲として流れていた。

  「♪東京ブギウギ、リズムうきうき、心ズキズキワクワク~」のあの歌である。

 まあこの曲は非常に古い曲で、鈴木勝作詞・服部良一作曲の私が生まれる前どころか私の母親が生まれた年に発表された曲で、戦後間もない時代の曲である。

 もちろん私も以前から何度も耳にしたことがあるし、聴いたことがなかったわけじゃなかったが、今回ラジオで流れた放送を聴いて、古いくせに全然色褪せない良い曲だなという印象を改めて持ったのである。

 発表から70年近くもたっているのに歌詞にモダンさが保たれており、明るくノリもいいのである。

 実際、私がわざわざここで取り上げるまでもなく、日本の歴代の主だった歌手はこの歌をアルバムなどのリストに入れており、実は日本人の歌手にとって定番の曲となっている。

 例えば、古くは美空ひばりや雪村いづみ、石川さゆり、山崎ハコ、小林幸子、福山雅治、氷川きよし、そして最近ではAKB48など、幅広く歌われており、こちらが想像していたより遥かに多くの歌手たちが取り上げている。

 さらにサッカーのFC東京の応援歌としても使われており、東京ブギウギは私の認識を反省しなければならないほどに東京に染みついている曲となっている。

 ところで、このブギウギ(boogie-woogie)というのは、調べたところブギというのがジャズのリズムの一種で、シャッフルのリズムを繰り返す演奏スタイルとなっていて、それに合わせて踊る踊りをブギウギというようである。
 最もこのブギウギの踊り方に対して、本来のジャズではなくロックンロールの音楽を使われるケースも多く、ダンス競技ではロックンロールの曲を使って激しく踊ることが好まれるため、言葉として厳密な定義とはなっていないようである。

 まあ、そういった音楽の歴史はともかく、「東京ブギウギ」は東京の定番曲といっていい気がするのに意外と活躍の場が少ないという気がするのである。

浅草の仲見世

浅草の仲見世

 そこで、考えるのは2020年の東京オリンピック・パラリンピックのことである。

 以前にもオリンピックにふさわしい曲としてSMAPの「世界に一つだけの花」とか喜納昌吉さんの「花~すべての人の心に花を~」などを取り上げたが、これらはまあ世界の祭典向けという面では遜色ないものの、東京というローカル色は若干不足している。

 じゃあ、東京ローカルの代表曲って何があるかなといろいろ考えてみたが「東京五輪音頭」や「東京音頭」「TOKIO」などそれなりに曲数はあるが、どうも夜のカラオケが似合いそうな曲が多く、あんまりオリンピックにふさわしい明るい曲は少ない気がするのである。

 外部サイト:地名のつく歌

 そういった観点で絞っていくと、この「東京ブギウギ」という曲は、やはり明るさとノリ、浸透度という意味ではピカ一であり、東京を代表するご当地ソングと言っていいのではないかという気がする。
 
 残念ながら昨年行われた「世界に誇る日本の歌!」ベスト100には選ばれていないようだが、この曲がかなり幅広く浸透しているのは間違いないと思うのである。

 まあ、「東京ブギウギ」をオリンピックのテーマソングにしろとまでは言わないが、直前のPRソングへの活用など、この曲の価値を再評価してもっと使ってもいいのではないか、そんな気がした今日のラジオでの再発見である。

坂本九さんの残した音楽

 先日の太極拳とジャズの音楽のブログを書いた後に、「SINGSINGSING」の曲を何回かネット上のソースで聴いていたのだが、その冒頭のドラムのアタックを聴いているうちに、「あれこの曲に似たリズム感の曲がなんかあったなぁ」とある曲の断片が頭の隅をかすめた。
 
 果て何の曲だろうと思いながら、頭の中の記憶を引っ張り出し始め、あれこれ模索しているうちに、ようやく思い出したのは、実はフォークダンスの「ジェンカ」だった。

 そう、あのムカデのような隊列を組んで踊るあのジェンカである。

 ただ、この「ジェンカ」は日本人の間でかなり有名である割にはインターネット上での情報が非常に少なく、フィンランドの踊りだということしかほとんど情報がなかった。

 わずかに故坂本九さんの歌った『レットキス(LETKISS)』としての情報があるが、それとて曲が有名である割には、ネット上の情報などは心もとないほどしかなかったのである。

 私はもっと深い情報に出会えると期待していたのだが、その期待は裏切られてしまった。

 私の記憶だと、あの曲の冒頭には、「ズンチャズンチャ・・・・」とドラムで始まるバージョンの音源があり、私の学生の頃はそれを使っていたような記憶がある。

  しかし、ネット上で探す限りどうもそれらは見当たらない。

  結局仕方なく今回は耳に残っていたその音源探しは諦め、ネット上で拾いやすかった坂本九さんのレットキスを聴き、併せて坂本九さんの経歴などを改めてウィキペディアでひっくり返して読んでみることにしたのである。

 で、そこで気が付いたのが坂本九さんの現在にも身の回りに残る曲の多さである。

 「見上げてごらん夜の星を」「幸せなら手をたたこう」「明日があるさ」「上を向いて歩こう」など、彼の歌った曲は他の歌手によるリバイバルなど色んなルートを経て、現在の私の周りにも沢山残っているのである。

 正直言って、坂本九さんは私の年代の歌手ではなく、彼が亡くなった時に私はまだ中学生だったので、坂本九さんの名前と顔こそ知っていたが、私にとって特別凄い歌手という印象はなかったのだが、リアルタイムでほとんど聴いていないのにこれだけ歌を知っている歌手はほかにいなかった。

 しかも坂本九さんがかの日航ジャンボ機事故で亡くなって30年経った今でも、レットキスのジェンカを含め、上記の曲は単なる古臭い懐メロではなく、気軽に口ずさめる曲として身近な存在として残っているのである。

 確かに「上を向いて歩こう」は「SUKIYAKI」として米ビルボードチャートの週間トップになったという大ヒット曲であり、実はアジア圏では後にも先にも彼しか成し遂げていない大偉業なのであるが、そういった一発ヒットがあっても過去の曲になってしまった歌は幾らでもあり、かの曲のようにいつまでも歌われ続ける歌というのは非常に少ないのである。

 ほかにそんな歌手がいないものかと、色々考えてみたが、いそうでいない存在であり、昭和の歌姫の代表格と言える美空ひばりさんでさえ「川の流れのように」という代表曲はあるものの、やはりかの曲は彼女の曲であり、坂本さんの曲ほど普遍化している印象は少ない。

 こうやって考えると改めて感じる坂本九さんの日本の音楽界における偉大な足跡なのである。

 もちろん、こういう偉大な歌手の陰には、やはり優秀な作詞家と作曲家・編曲家の存在があり、それが永六輔さんと中村八大さんなのであるが、坂本九さんを語るうえで彼らの存在を忘れてはならないだろう。

 この六・八・九の組み合わせが、今にも残る歌を生み出したのである。

 そしてこのように活躍してきた坂本九さんの経歴を眺めているうちに、もう一つのことに気が付いた。

 彼が日航機事故で亡くなったのは43歳で、実は今の私と同年代なのである。
 というか先日彼の亡くなった歳を私は一つ追い越してしまった。

 つまり、私が今まで生きてきた時間と同じ時間で、彼はあれだけのものを生み出した時間を生きてきたのである。

 改めて坂本九という存在は凄いなと感じたと同時に、同年代になった人間として自分は全然いけていないことに気付き悔しさも感じた。

 残念だが坂本九さんは偉大すぎて追い付けない存在であるのであるが、その彼の歌が今の私をもまた慰めてもくれている存在となっている。

 「明日あるさ」と。

 「右!右!左!左!前に跳び、後ろ跳び、前へピョンピョンピョン・・・」

  彼の曲を聴いて今日も頑張りたい。
  

 

上海の太極拳とビッグバンドジャズはよく似合う

 今朝上海市内の某所でコーヒーを飲みながら朝食を摂っていたとき、窓の外で太極拳で体を動かしている老人を中心とした市民の姿を見かけた。

朝太極拳に興じる人たち

 こちらはそれを室内から眺めていたのだが、ちょうどその時、店内では朝にもかかわらずビッグバンドのジャズが流れてきた。

 詳しい曲名はわからなかったが「SING,SING,SING」のような激しいドラムのリズム感のあるビッグバンドの演奏による曲だった。

 その激しい曲を聴きながら、外でゆったりと太極拳で体を動かす人達の姿を見ているとまるで映画のワンシーンを見ているようで凄く気持ちがよかったのである。

 その時「ああやっぱり上海はジャズが似合う街なんだな」と妙に納得してしまった。

 太極拳のゆったりした動作とジャズの激しいリズムは一見(一聴?)不釣り合いにも見えるが、しかし太極拳で体を動かす人たちのいたって真剣な顔と、そのゆったりとした動作の中で非常に集中して体を動かす姿は、見るものに非常に熱いものを伝えて来るという意味では重なるのである。

 それゆえにリズムが違うように見えるものであっても音楽がマッチするのだという気がする。
 まあこれは音楽の表現するものが単なるリズムやメロディではなく、人の心の感情を示すものであるといういい見本かもしれない。
 つまり心の熱さが音楽を示すバロメーターであり、リズムは二の次だということになる。

 そういった意味では、上海が本場ニューオリンズを離れて、アジアのジャズのメッカになっている理由も分からないのでもないのである。

 ジャズのガチャガチャ(と言っては失礼かもしれないが)としたリズムも、上海の人々の言葉や生活のゴチャゴチャ感とマッチするし、見栄っ張りでおしゃれ好き、でもすぐヒートアップして怒り出す気の短さのようなものも、ジャズと非常に合うんじゃないかと思う。

 上海が何故ジャズの似合う街であるか、今日改めてわかったような気がする。

春節の花火はジャズのリズム?

新年快楽!

春節を迎えて中国は新年を迎えた。
昨夜も例年通りに、九江路の中福大酒店の主催する(?)花火を見に行った。

94207_2

 まあ例年通り狭いビルの空間で打ち上げられる迫力ある花火だったが、今年は規制が厳しくなったのか花火の種類の幅が限られていたようで、ある意味シンプルな打ち上げで、仕掛け花火らしきものはほとんど見なかった。

 ただそのおかげで花火の音そのものを楽しめ、結構楽しかった。

 この音を聞いてこそ、春節という感じである。

ところで、数年前から感じていたことだがこの花火のリズムは、ジャズのシンバルのリズムに良く似ている。

 リズムというか響き方である。

 上海のこの場所で聞く花火の音はジャズのドラマーがスティックでシンバルを、
「ターン、ターン、タンターン」
 という小気味よいリズムで叩くような印象とよく似ている。

 実は、これ一昨年にジャズのリズムを聞いていたときに感じ始めたことで、ジャズのシンバルの音って何かに似ているなと感じ、思い出したのがこの春節の花火である。

 シンバルの音というのは最初のアタックから音が減衰するまでの時間が比較的長く、約2秒前後かかっていると思うが、その音が減衰しきらないうちに次のアタックが来て次々と被せていく感覚が、花火のそれとよく似ているのである。

 故に花火が続けざまに打ちあがる様は、ジャズドラマーがソロの魅せ場でヒートアップしている情景が目に浮かび、とても音楽的で心地よい。

 こういう共通点を見出すと
ああ上海で伝統的にジャズが流行るのはこの花火の影響なんだな
と考えたりもする。

 ただこの理屈で言うと、春節の花火は上海だけではなく中国全土で打ちあがるので、中国全土でジャズが流行っていても良さそうなものだが、現実にはそうなっておらず、やはりほぼ上海限定の状態である。

 つまりこれだけでは、上海にジャズが流行る理由としては不十分で、何か別の答えが必要になる。
 
 まあこの疑問に対する優等生的答えを言うのは簡単で、
「海外との交易が盛んだった上海では外国文化を受け入れやすい素地があった」
という風な理屈付けはすぐできるのだが、これだけでは何だかつまらない。

 何故ならこの答えだけで片付けてしまうと、中国全体の対外開放が進んだ現在でもジャズが上海以外にあまり広がっていないように見えることに、説明がつかないからである。

 そこで音楽好きな私として自分なりの答えを出すとすれば、この上海の空間がジャズの響きに近い響きを生んだ、そういう推論を導き出してみた。

 外国文化が多く流入した外灘では戦前から石造りの建物が多く密集し、外灘以外でも石庫門などと言われる上海の代表的伝統建築は石造りの住宅となっており、上海市内ではこれらの建物が非常に多く建てられている。

 この外灘などの石造りの建物と建物の間の空間は、石そのものが音を反響しやすいために音が良く響き、建物が密集することによって結構遠くからも音が反射して帰ってくるので、音の減衰時間は自然と長くなる。

 この空間で花火を打ち上げれば、恐らく何もない平地で「ドン、ドン」と打ち上げる花火より音の聞こえ方として減衰時間が長くなるのは必須であり、他の土地で聞く花火よりジャズのシンバルの響き方に近くなるのだと推測される。

 それに外灘などは経済的中心であると同時に夢のスマロ(四馬路)などと言われた歓楽街が存在しており、こいう環境でジャズの演奏が多く行われていたのだと察すると、ここにいた人間たちにとっては、ジャズのシンバルの音は親しみやすい音だったのではないか?そういう風に推測するのである。

94207_4

 こうして考えると、この外灘近くのビルの谷間の中福大酒店の花火を毎年聞いている私が花火とジャズとの共通点を感じるのは結構合点がいくのである。

 「上海ジャズと花火の関係」というのは考えてみれば見るほど結構面白く、もう少し掘り下げてみたいテーマである。