Tag Archives: 部屋探し

空港を意識する帰巣本能

 このことは特に日本人だけとは限らないと思うが、我々が自分の故郷以外の街に住むときに、住居選びで必ず意識するのが故郷への帰り道だという気がする。

 つまり上海にいる日本人であれば、上海浦東国際空港への経路を常に意識して住む場所を決めているような気がするのである。

上海浦東国際空港の日本航空機

上海浦東国際空港の日本航空機

 まあ会社で住居をあてがわれている人はそれを自ら意識することは少ないかも知れないが、実際空港に通ずるルート上の便利なところが現地の住居として選択されるケースが少なくない。

 故に上海に住む日本人に地下鉄2号線沿線が人気なのは、空港に直接通じたりリニアに接続するからである。
 即ち日本へ帰るのに都合の良い場所であるからであり、単に沿線が発展しているから集中しているのではないと思われる。

 もちろん古北・虹橋地区に日本人に関連する施設や住居が集中しているのは、かつて上海虹橋国際空港が上海のメインの空の玄関であったことと大いに関係があるし、現在浦東に多くの日本人が住み始めているのも背後に浦東国際空港の存在の影響は非常に大きいであろう。

 古くは日本の旧租界地が、黄浦江沿いの埠頭の近くだったことも同様の意識があったと考えるに難くない。

 さらに日本人ばかりでなく、現在龍白地区に韓国系や朝鮮族が多く住みついているのも虹橋空港の存在なしには語れない気がする。

 そしてこの傾向は何も外国へ居住する場合に限らず、日本国内で故郷以外の土地に住む場合にも当てはまる気がする。

 例えば日本の東北出身の人は東京の北側に住む傾向があり、西側から来た人はやはり東京の西側、つまりそれぞれ故郷に近い位置を選択しているような印象がある。
 もちろん会社の都合で転勤している場合はこの限りではないが、自由に選択が出来る場合はそういう傾向があるように見える。

 逆に、そういった故郷への経路に近い場所への選択をしなくなったときは、故郷への未練を捨ててしまったような場合ということになる。
 つまり上海にいる日本人で言えば、2号線などの空港への導線から遥かに離れた場所に居を構える選択をするということは、帰郷の優先順位が低くなっていることを意味し、現地に当面住み着くことを決め込んだような人だという気がするのである。

 さて、こういった人間の帰郷意識が影響する住居選択の傾向を見つけてみて、現在の自分の部屋探しの基準を考えていくと、やはり空港へ出るのに不便な場所に住むのはできれば避けたいという意識がどこかにあることに気が付く。

 つまり地下鉄2号線沿線から遠く離れるのは心情的に相当勇気のいる決断という意識がどこかにあり、やはりなるべく帰国の際に便利な場所がいいという意識になっている。

 例えタクシーで一気に空港という選択を含めたとしても、やはり空港に出やすい場所を意識して部屋探しをしようとしている自分がいるのである。

 まあそういう自分にちょっと安心感もあり、上海生活に対する覚悟不足なのかなぁと感じる面もなくはないのである。



 

引越し完了。

先週の日曜日にようやく引越しを終えた。

部屋探しのエピソードはまた後ほど紹介するが何とか無事引越し完了した。

 結局越したのは会社の新オフィスから歩いて10分ほどの場所で、ほどほどの距離感を保てる理想的な場所である。バスや地下鉄に乗って通勤は可能な限りしたくないが、生活の空間に会社が直接目に入ってしまうことも避けたかった。

 会社の引越しは今週末ということなので、一週間はちょっとだけ長い距離の通勤になるが、一週間と思えばまあさほどでもない。
それよりも、元の部屋のシックハウス的な現象から脱出できたことが非常に大きい。引越し時の片付け時点でマスクをしなければ作業が苦しいほどだった。

 引越ししてから気持ちよく寝られるようになった、というより、引越しの精神的な疲れとここ数日の暑さなどで体に負担がかかっており、疲れきってよく寝られるというのが本当のところである。
故に目覚めもまだまだ体が重いが、よく眠れるのは確かである。

 私の場合、引越ししてから一ヶ月くらいは本当の意味で体が慣れず、大体引越し一ヵ月後に風邪を引いて寝込むのが通例なので、本当の意味でリラックスして部屋で過ごせるようになるまでには来月を待たなくてはならない。
 過去に何度も引越ししてきたが、やはり一大イベントには変わりない。とにかく引越しが終わった。

人間関係と方位 北東偏

最近気がついたのだが、自分の住んでいる場所を基準にして、相手の住んでいる方角によって人間関係に物凄く偏りがあることに気がついた。
 私は専門家ではないので難しい理屈はこねられないのだが、経験統計上方位によって明らかに、差があることに気がついた。全部の方位についての説明ができるわけじゃないのだが、顕著な傾向がある方位について書いてみようと思う。

 まずは北東である。この方角は一般的には鬼門といわれるようだが。私にとって「憧れ」の方位である。今まで気になる異性の実に8割以上がこの方角に集中して住んでいる。それは上海に来る前からで、日本にいたときも同様である。特に手が届く届かないは関係なしに憧れの異性はこの方角に集中する。

 この事実に気がついてから何故だろうといろいろ考えてみたが、専門家ではないので結局答えなど出てこない。されどこの結果である。そういえば上海に来てから韓国スターが気になり始めた。

 上海からみて韓国はちょうど北東の方角である。

 科学的に判断すれば、太陽の動きと人間の心理に大いに関係があるとかそういうことが言えるのかも知れないが、そうは言っても住んでいる場所を知ってて気に入ったわけではないのだから何とも不思議だ。

 果たして私はこれからも北東の人に憧れ続けるのだろうか?楽しみのような複雑な気分である。

想定内?想定外?

なんと先週の悪い予想が当たってしまった。
今週決まるといわれていた会社の引越しが、とりあえず決定延期になった。

諸所の事情が絡んで、今日(昨日)決めきれないということになった。
最悪の場合引越しが半年後になる可能性もあるという。

今回こういう状況になるかもしれないということは、ある意味想定内なのだが、そうは言っても実際問題として個人の引越し計画も前に進められなくなった。

半年後というのはまたいかにも中途半端な時期である。

 暑い夏をまた今の事務所と家で過ごさなければならないかもしれない。
そう思うと今回勢いを殺がれてちょっとがっくりした面がある。
引越しという行動は、個人にとっても会社にとっても一大イベントであり、単純に事務的に決定して行動するわけにはいかない。行動するきっかけとか勢いが必要な気がする。それゆえエネルギーもためる必要があるのだが、今回少なくとも今日の決定に関しては空振りに終わり、次のきっかけを見つけるまで積極的には動けそうなエネルギーも萎んでしまった。

先行して半年契約ぐらいで引越ししてしまう手もあるが、どうも確実でない未来の判断はちょっと勢いがない。
やはり、会社の引越しの結論を待つほかないのだろうか??