Tag Archives: 朝鮮族

空港を意識する帰巣本能

 このことは特に日本人だけとは限らないと思うが、我々が自分の故郷以外の街に住むときに、住居選びで必ず意識するのが故郷への帰り道だという気がする。

 つまり上海にいる日本人であれば、上海浦東国際空港への経路を常に意識して住む場所を決めているような気がするのである。

上海浦東国際空港の日本航空機

上海浦東国際空港の日本航空機

 まあ会社で住居をあてがわれている人はそれを自ら意識することは少ないかも知れないが、実際空港に通ずるルート上の便利なところが現地の住居として選択されるケースが少なくない。

 故に上海に住む日本人に地下鉄2号線沿線が人気なのは、空港に直接通じたりリニアに接続するからである。
 即ち日本へ帰るのに都合の良い場所であるからであり、単に沿線が発展しているから集中しているのではないと思われる。

 もちろん古北・虹橋地区に日本人に関連する施設や住居が集中しているのは、かつて上海虹橋国際空港が上海のメインの空の玄関であったことと大いに関係があるし、現在浦東に多くの日本人が住み始めているのも背後に浦東国際空港の存在の影響は非常に大きいであろう。

 古くは日本の旧租界地が、黄浦江沿いの埠頭の近くだったことも同様の意識があったと考えるに難くない。

 さらに日本人ばかりでなく、現在龍白地区に韓国系や朝鮮族が多く住みついているのも虹橋空港の存在なしには語れない気がする。

 そしてこの傾向は何も外国へ居住する場合に限らず、日本国内で故郷以外の土地に住む場合にも当てはまる気がする。

 例えば日本の東北出身の人は東京の北側に住む傾向があり、西側から来た人はやはり東京の西側、つまりそれぞれ故郷に近い位置を選択しているような印象がある。
 もちろん会社の都合で転勤している場合はこの限りではないが、自由に選択が出来る場合はそういう傾向があるように見える。

 逆に、そういった故郷への経路に近い場所への選択をしなくなったときは、故郷への未練を捨ててしまったような場合ということになる。
 つまり上海にいる日本人で言えば、2号線などの空港への導線から遥かに離れた場所に居を構える選択をするということは、帰郷の優先順位が低くなっていることを意味し、現地に当面住み着くことを決め込んだような人だという気がするのである。

 さて、こういった人間の帰郷意識が影響する住居選択の傾向を見つけてみて、現在の自分の部屋探しの基準を考えていくと、やはり空港へ出るのに不便な場所に住むのはできれば避けたいという意識がどこかにあることに気が付く。

 つまり地下鉄2号線沿線から遠く離れるのは心情的に相当勇気のいる決断という意識がどこかにあり、やはりなるべく帰国の際に便利な場所がいいという意識になっている。

 例えタクシーで一気に空港という選択を含めたとしても、やはり空港に出やすい場所を意識して部屋探しをしようとしている自分がいるのである。

 まあそういう自分にちょっと安心感もあり、上海生活に対する覚悟不足なのかなぁと感じる面もなくはないのである。



 

竹炭は上海生活の切り札 竹炭工房さんのご紹介

上海に来たばかりの時に、仕事の関係で知り合ったの金さん夫妻が経営する
竹炭工房を紹介します。
 前から本人に書きますと宣言していたのに、すっかり忘れていて催促されてしまったのでご紹介させていただくことにします。

11371

彼らは中国生まれの朝鮮族で「金明星」さんと「金玉」さん、
日本人からみるといろんな意味で大胆な名前!!

人柄のよい2人は五年ほど日本に住んでいたらしく日本語もぺらぺら。
彼らにとって私が上海に戻ってきて初めて知り合った日本人であったということもあり、
以降ずっと公私ともにお世話になり懇意にさせていただいている。

私も最初は竹炭の効能といわれても、「健康に良さそう」程度の情報しかなかったが、彼らと話すことにより、竹炭の効能をいっぱい教えていただいた。

11371_2

上海生活において一番頭を頭を悩ませるのは住環境の悪さである。
水質の問題、湿度の問題、湿度からくる環境、シックハウスの問題、匂いの問題など様々な住宅環境が上海生活では頭を悩ます。
それを自然の力で解決してくれるのが竹炭である。
竹炭は備長炭などよりも吸着力において3~10倍優れるといわれ、部屋に置くだけで有害物質を吸収してくれたり、湿度調整してくれたりする。
さらに消臭効果や電磁波カット、マイナスイオンの放出によるリラックス効果などもあると言われている。

さらにご飯を炊くときにお釜に入れるだけで、上海の硬水に含まれるカルシウムを
吸収してくれるのでご飯も美味しく炊き上がる。

私も上海の住環境を救ってくれるのが実は竹炭なのかもしれないと思い、
私も事あるごとに他人に紹介し応援してきた。

最近移ってきたばかりの店内には黒々とした大小さまざまな竹炭が綺麗なかごに入って並ぶ。

竹炭を使った石鹸などの商品も若干置いてあるが、ほとんどは竹炭の炭そのものである。
実は彼らも、最初はシャンプーや石鹸など関連商品を沢山置いていたのだが、
量販店でも同様の商品を扱っているし、何よりもお客の反応がそういった関連商品より
炭そのものに反応があったので、途中から品質を重視した竹炭そのものを販売することに切り替えたらしい。

金さんは自分のブランド持とうとしている専門店というだけあって、竹炭の品質には厳しい。
以前仕入れていた業者の製品はあまり質がよくなかったので、業者を代え、さらに厳しい要求を出し品質の良い竹炭を入れることに成功した。それ以降口コミもあり客が増えている。上海市内なら金さん本人が配達にも伺っていることも功を奏しているようだ。

金さん夫妻は上海には日本人がいっぱい来ているが、上海は住環境の面でまだまだなので
是非竹炭を知ってもらい使ってもらって快適に生活して頂きたいといっていた。

私が上海にいる限り彼ら夫妻と私の竹炭奮闘記はまだまだ続きそうである。

11371_4

竹炭工房
水城南路51弄宝石公寓31号301室(古北カルフール前)
電話3223-0040 136-2186-4968(日本語可)
上海市内なら配達もしてもらえる。

11371b_4