Tag Archives: 風水

中国で初めての東枕

 引っ越してみて初めて気が付いたことであるが、今回の部屋はベッドの向きが東枕になっている。

 以前の部屋は西枕だった。

 過去を振り返って思い出してみると、中国へ来て以来ずっと西枕で寝ていたような気がする。

 いや、それ以前の日本の生活でもあまり東枕では寝た記憶がないような気がする。

dsc07994

 
 まあ、枕が西だとか東だとかそんなことにどれだけの意味があるのかどうか分からないが、占い的なまやかしで考えると言うよりも、人間の身体が地球上で生きる物質であり、その60%が水分であることを考えると、休息を取る時間の寝る角度が、身体に何らかの影響を与えることがあっても不思議ではないと考えることはできる。

 そして南北には地磁気があり、血液の流れに影響を及ぼしたりフレミングの法則のような物理的反応が僅かでもそこにあると考えれば、昔から言われていること全てが迷信とも言い切れず、睡眠の向きというのは気にすることが可能ならば、従っていても損はないような気がする。

 そこで、ネットで色々調べてみると、まず俗に言われる北枕というのは実は決して悪くないようで、頭寒足熱の考えに沿えば理に適っており、死人を北枕に寝かせるのは再生を願うからだと言う事で決して悪い事ではないようだが、死人を寝かせる方角という悪いイメージだけが残ってしまい忌み嫌われているのが実態のようである。

 そして西枕も悪くない方向だが、熟睡しやすく落ち着きを得られる方角と言われる。
 これは推測してみれば西日の当たっていた西側は布団が温められており眠りやすく、朝日がなかなか顔にあたらないから目覚めが遅くなるからではないかと推測している。 で、肝心の東枕だが発展の方角とか早起きの方角とも言われるようだ。

 これは東からの太陽が早く顔に当たるため、早く目覚めることができ、早く目覚めれば早く仕事を稼働できれば人より早く発展できるし健康的な生活を送れる、そんな理由があるのではないかと思っている。

 残念ながら今度の新居には東側には窓がないため同様の効果が期待できるか分からないが、ただ東側に頭があるということは、地球の自転方向を考えると体は頭の方向に動いていることになり、血液の流れは足へ向かい頭に血が上らない状態で眠れるのではないかと考えると、それが健康に何らかの影響を及ぼす面もあるような気がしている。

 最後に南枕だがあまり熟睡できない方角のようで、常に顔に光があたっているからなのか栄誉・人気とかという面では良いようだが健康には不向きらしい。

 まあ信じるか信じないかはともかく、今回枕の向きが変わったことで何らかの発展があることを是非祈りたい。


大家の趣味

昨日、大家がやってきて今の部屋の賃貸契約を1年延長した。
まあこの部屋に引っ越してからどうも運がついていないと思う部分もないこともないのだが、会社からの距離が近いという便利さと、家賃の割には部屋が綺麗であるというメリットは大きく継続して住むことになった。

 一応、先月に不動産屋を訪ねて見たのだが、どうもこれといったヒット物件もなく、引越しそのものが非常に面倒くさく感じ始めたので物件探しを諦めてしまった。
(そういえば浅草で引いたおみくじも凶で「家移りわろし」だった。)

そんなこともあって昨日契約延長のサインをした。家賃は100元アップになったが、まあ昨今の不動産の値上がりを考えれば許容範囲である。

そして、そのついでに大家がカーテンを持ってきて取り替えていった。以前のものは丈が長すぎて引きずっていたので不便であろうということで持ってきたらしい。
最初っから測ればいいのにと思うところは無きにしも非ずだが、私も細かいところは気にしないので1年間放置してきた

カーテンの柄

カーテンの柄

 で取り替えられたのが写真のカーテン。

 白っぽい地に赤やピンクの大きな水玉柄となっている非常にかわいらしいカーテンだ。
この部屋、もともと風水的な趣味がある部屋であったのだが、イコール少々女の子の部屋っぽい内装であった。
それが今回のカーテンの取替えでそれに更に磨きがかかってしまったような格好だ。

 このカーテンの色合いが風水的に何か意図したものであるのかは非常に気になる。
それにしても中国人のインテリア嗜好の究極というのはどうもヨーロッパのお姫様部屋スタイルなのではないかと最近感じ始めた。
世の中のパープル色傾向は今後ますます強まりそうな気がする。

 今回のカーテンはインテリアとしては悪くないかなぁと思いつつもなんだかますます他人を招き入れにくい部屋になってしまったなぁと思う。

風水な部屋② 廊下の鏡

 風水において、鏡の存在は重要で寝室に置くのは好ましくないなどいろいろな注意事項が資料に記されている。
使い方も難しいらしく、悪いものを跳ね返す力があるので玄関に置くと良いとされているが、実は玄関の正面には置いてはいけないとかややこしい。
 つまり、玄関からは良いものも入ってくるので、正面に鏡があるとそれさえ追い返してしまうということらしい。

 故に、玄関に対して横向きに設置するのが良いようだ。もちろん両側に設置すると合わせ鏡ということになりこれもあんまりよろしくなく片側にだけあるのがよく、置かれる位置によって意味が違う。右側に置くと、名誉運、仕事運によく、左側に置くと金運健康運が上昇するとのこと。(根拠はわからないが)

玄関の波型の鏡

玄関の波型の鏡

ただしさて、私の新しい部屋の鏡をみると写真のように廊下に平行して貼られている。奥の扉の向こう側が部屋で、手前側が玄関にあたり方角で言うと北になる。
風水の決まりどおり、玄関の正面になく、垂直の位置にある。もちろん片側だ。左側にあるということで仕事運を意識しての配置だろうか。

さらにこの鏡と玄関の間にトイレなどの入り口がある。トイレやその他水周りというのは悪い気が発生しやすい場所とされているので、鏡がその間の廊下に設置されているということはそれなりの意味がある。どこまで意識してこの鏡を設置しているのか分からないがそれなりに理にかなっている。
さてさて、この鏡は邪気を遠ざけて仕事運、名誉運をあげることができるか?将来のお楽しみである。

風水な部屋① 壁の色

 今回引っ越してきた新しい部屋はどうも風水好きな人が内装したらしく、いたるところにその工夫らしき部分が目立つ。
 まず部屋に入って真っ先に気がついたのが壁の色だ。

ツートンカラーの壁

ツートンカラーの壁

 部屋はちょうど南北に長い長方形で、北が玄関、南が窓という造りで、東西に窓はなく全部壁である。
その壁がなんと東西で色が違うのである。東側が白で、西側はなんと黄色である。

 さらにその西側の壁の南側、つまり部屋の南西に位置する部分はオレンジで塗られていた。つまり西側の壁はツートンカラー状態となっている。
 ネットで部屋の風水について書いてあるサイトを調べてみたところ、西側に黄色というのは金運に良いらしい。ただ、南西のオレンジが良いという資料はどこにも見つからなかった。ここは寝室にあたる部分なので寝室にはオレンジは良いとされている資料もあったのでこれを意識しているのかもしれない。さらに南側のバルコニーの部分の内側は黄色に塗られている。あわせて3色に色が塗り分けられており、何らかの意図を持って壁を塗り分けているのは確かだ。

色が違う壁

色が違う壁

 まあこんな部屋に住まなければ風水なんぞあまり気にしてこなかった私だが、ここのところ方位とか色とかに妙に関心をそそられる。

これだけ特徴な部屋であるからにはさぞかし立派な風水効果があり、住んでいる私にとって何らかの風水効果があれば大変良いことだが、万が一配色間違えでもしていたら目もあてられない。

 もしこの部屋が素晴らしい効果を持つ部屋だとしたら前の住人は何故引っ越したのだろうかと考えたら夜も眠れなくなった。

 幸運を手にして引っ越したのか、はたまた風水の逆効果で運が悪くなり出て行ったのか?そんなこと大家は決して明かしてくれない。
そんな部屋にしばらく住むことになった私は果たしてどうなることやら?

人間関係と方位 南西編

私にとって北東が憧れの方位なら南西は誘惑と浪費の方位である。その割には本気になれない方角でもある。

 この方角には何かとお金を使うような誘惑が多く、実際時々誘惑に負けてお金を使ってしまっている。

 南西といえば太陽が沈む夕日の方向でもある。あの光に誘われてしまうということであろうか?

 あまり詳しくはかけないが、人間誘惑にいつも打ち勝つのは難しく、破滅しない常識の範囲程度ではあるが、時々誘惑に負ける。

 実は日本にいるときからやはりこの傾向は変わらない。趣味も含めてこの方向に多大なお金をつぎ込んでいた。
 南西にあった会社ではなかなか腰が据わってなかったような気がするし、人間関係もあまり褒められたものは存在しなかったように想う。

 実は先日のお見合いの相手も南西の方角に住んでいたのだが、一見まともな関係のように見えるが、これも考えようによっては、その当時に私が実際に心の中に想っていた別の人物との関係から言えば誘惑という整理もできる。そう考えると納得できる部分がある。

 今度引っ越したことにより、新たに南西になってしまった人や、南西から外れた人もいるが、とりあえず南西に住む人との関係は気をつけたい。(笑)