Tag Archives: 商習慣

日本人は一週間後までの予定を決めている。

 すっかり中国生活になれてくると、中国的な予定変更の多さにもかなり慣れて来るのだが、間もなく10年が経とうとする自分でもやはり現地の人間との感覚には明らかな差がある。
 その一つが近未来に対する予定把握の度合いというか構え方である。

 まあ私自身が本当に日本人全体に近い傾向にあるかどうか自信が無いのだが、日本人というは日常から未来に関してある程度の想定が出来ており、未来一週間程度の予定を常に意識して生きている習慣のある民族だという気がしている。

 そんなにはっきりした決定事項ではなくても、例えば明日は午前中にこれをやって、お昼はこれを食べて、午後は問い合わせに備えて、夜はあの店に行って酒でも飲もうか、などという想定がおおよそ決まっている。

 もちろん変更できないほど固定された予定ではなくても、一応一週間分の予定を予め決めてあるのである。

 そのため、水曜日は人に会うので前日に餃子は避けようとか、金曜は見たいドラマがあるので、木曜のうちに仕事を片付けてしまおうとか一週間程度の期間の中である程度調節を行って未来一週間程度の行動計画を立てている。

 行動だけでなく服なども、水曜に人と会うのであの服を着たいから、今日はその服は着ないとかそういうことを考えながら未来の予定が決まっており、このような、未来の予定を想定した中で生活を行っている人が多いという気がするのである。

 ただ、ある意味計画的だと言えるこの生活の仕方は、逆に言うと直近の予定変更には非常に弱いものとなる。

 例えば実施日まで一週間を切ってからの日程の突然の変更や追加、特に2~3日後の差し迫った時期に対する変更は、変更によって及ぶ影響が大きく、変更された側はとても焦る。

 しかも変更のドミノ倒しで影響を受ける出来事が、変更の利きにくい事柄である場合もあり、状況によってはかなり慌てることになる。
 更に言えば、例え元々大きな予定のない日・時間帯に対する新規の予定追加であっても、本来はその時間帯にやろうとしていた仕事がぼんやりとあった訳であり、予定の追加によりその時間が使えなくなることの影響がないわけではないのであり、やはり慌ての原因となりやすいのである。

 これらの点、中国人はそもそも発想の根本が違っており、臨時の変更などには物怖じしにくく、意外と平気で予定変更を受け入れる、
 しかし、これは日本人ほど未来の予定を意識して行動していない裏返しであり、変更のドミノ倒しのとばっちりが何の予告もなく降って来たりする。

まあこの中国人たちの習慣に関しては、外野からとやかく言うことではないのだが、そのままの感覚で日本人に対して計画変更や新規の用件をぶつけてくるのはやはり勘弁してほしいというのが最近感じるところである。

コピー機のない上海のコンビニ

 日本の大手三社のコンビニが進出している上海のコンビニ市場だが、日本のコンビニが持っている機能のうち、まだ上海では取り入れられていないものが一つある。

 それは、上海のコンビニにはコピー機が設置されていないということである。

 日本だと、セブンイレブン、ローソン、ファミリマートなどの大手コンビニをはじめ、中小グループを含めてほとんどの店舗に大型カラーコピー機が設置してあり、利用客が誰でもセルフサービスでコピーやプリントアウトできるような仕様になっている。

 ところが、上海では(上海以外もきっと同様)、コンビニにコピー機が設置されておらず、気軽にコピーをするようなことが出来ない環境になっている。

 まあ近年パソコン社会になってからは大抵の会社や家庭には複合印刷機などが設置されており、白黒の1~2枚のプリントアウト程度ならば全く問題なく、わざわざ印刷にでかけることはなくなってきているが、10枚単位の印刷やカラーコピーになると、やはり途端に不便になるわけで、家庭用コピー機では何十枚も印刷するのは結構時間がかかってしまうし、トナー代も割高になってしまう。

 こんな時はやはり大型コピー機に頼りたくなるのだが、残念ながら上海のコンビニにはコピー機の設置がないのである。

 ならば、上海の人たちはどうするのか?

 実は上海市内には、印刷を専門にした業者がたくさん存在し、街のあちこちに店舗が存在する。
 シール印刷や名刺印刷、大型広告やノベルティ系まで幅広く取り扱っており、その中のひとつとして単純な資料コピーも請け負っている。

町中の印刷屋の看板

町中の印刷屋の看板

 費用で言えば白黒A4が1枚5角(0.5元)程度が相場で、円換算すると大体日本と同じ金額となる。

 こういった上海の町の環境故に、コンビニにわざわざコピー機を設置しなくても社会のコピー需要は賄えるのである。

 またコンビニ側にしても、日本では集客目的のためにコピー機を設置しており、採算的にはプラスになっていないと聞くから、印刷業者のたくさんある上海ではコピー機を置くことが集客に繋がらないと判断して、設置していないのだろう

 ただ、このように印刷業者がコピー需要を担っている上海の町だが、一つだけ不便なのは印刷業者は24時間営業ではなく、せいぜい8時-20時の12時間営業程度なので深夜や早朝に必要になった時は対応できないということである。

 まあ、そういった需要は滅多に発生しないと言えばその通りなのだが、やはり24時間営業のコンビニにコピー機があってくれたほうがいいなぁと思う、この上海のコンビニ事情である。

中国の発票(領収書)の発行機はかなりアナログ

 中国で飲食店などで食事をした際には、当局発行の公式領収書(発票=ファーピャアオ)を要求することがあるが、あの発票を発行する機械は、結構アナログな仕組みのように見える。
 データこそ、自動集計され税務署へデータで処理されるようになっているが、例えば、印刷される紙は複写式のロールカーボン用紙であり、ややアナログな印象を持つ。
 お店控え分とお客用の領収書が同時に印刷され、内容に差が無いようになっている点は評価できるが、今時は複写式でなくても同じものは打ち出せるはずである。

 で、その領収書の発行の際に、個人用と会社用があるのだが、個人用はともかく会社用については、宛名として中国語の会社名を全部打たなくてはならない。
 1字違っただけでも税務署に経費として認定してもらえないようなので打ち込みを行う方は結構神経を使うし、受け取った方も念入りにチェックする。
 フルキーボードで打つ機器もあれば、いわゆる携帯打ちで文字を呼び出して会社名を打っている機器もある。
 で、私の会社でも同様のことをよくやってもらうのだが、社名に中国人にとって見間違い易い字があるようで、時々それを指摘して直させたりもしている。
 こんな時によく思うのは、会社名を登録したバーコードやカードのようなものを予め準備し、スキャンしてもらえばそのまま会社名が印字されるような仕組みは導入できないのだろうかということ。
 つまり、お客は自分の会社の名前が登録されているカードを常に持ち歩くだけでよく、領収書を要求するときにカードをお店に渡せばいいのである。
 こうすることによってタイプミスはなくなるし、時間短縮にも繋がる。

 税務署にとってもこういった仕組みを導入しても、何か不正の温床になるようなことは考えにくいと思われるし、コスト的にもそこまで膨大になるとは思えず、むしろ積極的に領収書をもらう人が増えれば税収の増加にもつながるのではないかという気がする。

 また例えそのカードを紛失して他人が使用したとしてもほとんど意味がないわけで、やはり不正にはつながらないだろう。

 そう考えると、あの領収証発行機はまだまだ進歩の余地があるということになる。
 

食堂化する上海のファミリーマート

 かなり以前から上海でも日本の三大コンビニチェーンが幅を利かせている現状になっているが、最近では日本にはあまり見られない独自の進化を上海のコンビニは遂げている。

 その一つがコンビニの食堂化である。

 食堂化と言っても何も従業員が料理を運んできてくれる訳ではないのだが、コンビニで売っている弁当などを、その場で食べられるように飲食スペースを設けているコンビニの店舗が増えてきているのである。

 あまりスペースの無い場所だとカウンター程度のものしか設置されないが、広いところになるとテーブルと椅子を幾つも並べ、食堂や会議室並みのスペースをもったコンビニ店舗まで出現している。

上海のファミリマートの飲食スペース

上海のファミリマートの飲食スペース


 昼前後になるとお弁当の会計を済ましたホワイトカラー達がこのスペースのテーブルに弁当を置いて食事をするのである。

 まあ我々からすると未会計の商品まで食べられてしまうのではないかという心配は湧くが、多少のそういった被害が発生する余地はあるにしても、こちらの想像以上に支払いに対する倫理観は保たれているようで、仮に損害があったとしても、食べてもらう利益のほうが損害を上回っている状態となっていると察せられる。

 このコンビニの食堂化日本ではあまり見かけない光景であり、ミニストップ辺りがこういった運営形態をやっていたが、賃料の高い場所への立地が多く、保健所のうるさい日本のコンビニではほとんど行われない食堂化が、ここ上海では行われている。

 どうして上海だけこういった進化になっているのか詳しい理由は分からないが、上海では恐らく飲食用スペースに対する法規制が緩いのではないかと考えられることと、上海の会社が福利厚生の面で弱く、オフィスのデスクや休憩所など食事スペースが不足気味な面があるのではないかと察せられる。

 いずれにしても、日本でもお馴染みの3大コンビニチェーンは上海で独自の進化を遂げている状況となっており、日本とは違ったコンビニ風景が生まれ始めている。

上海のファミリマート店内

まるで喫茶店のような雰囲気

鍋で見る日中文化の違い

 中国でも日本同様に鍋文化があり、大勢の人間が一つの鍋を囲んでつつくスタイルが存在する。
 まあ鍋に入れる食材などが異なるのは日本でも地域によって違うので当たり前と言えば当たり前のことだが、細かく観察するとその食材の整え方というか鍋の仕立て方に、日中の文化の象徴的な部分を見ることが出来る。

 どこが象徴的なのかというと、日本はお店が最初に所定の具材セットしたお任せパックの鍋スタイルが基本であるのに対して、中国スタイルは一品一品の鍋の中に入れる具材を好みに合わせて選ぶスタイルとなっている。

中国の鍋

中国の鍋(火鍋)

 もちろん日本の鍋だって、石狩鍋、湯豆腐、カキ鍋などといった風に、全体の仕上がりで鍋の種類を選択することはあるが、具材の一品一品を指定することは無く、全体の鍋一式で2000円だの5000円だのという形で料金が決まってくる。

 その具材の組み合わせ方や全体のバランスも含めて、お店のセンスと味に料金を支払うスタイルである。

 これに対して中国式の鍋では、もやし1人前5元、豆腐1人前8元などというように細かく具材一つ一つに料金が設定されており、予算に応じて自分の具材を選んで足していく方式である。
 基本の鍋底(割り下)の味付けはお店ごとであるが、利用客の主眼はどちらかと言うと素材が新鮮かつ適正価格であるかに置かれ、鍋としての総合的仕上がりに対する結果は自己責任でありお店に求めていないようである。
 その結果、中国式のお店ではどのお店に行っても各自が自分のスタイルを貫いてしまうので、素材の取り揃え以外に店舗ごとにそれほど差が出にくい事業形態だという気がする。

 以前、「日本人的安心感と中国人的誠意感」のブログでも書いたが、中国人達は鍋においても日本のように「お任せパック」でまかせっきりにすることを嫌い、任せた結果において内容をごまかされたりして損することをとても嫌がり、このような究極の個別会計と呼べるような食材ごとの料金設定がされた明朗会計を好むのである。

 しかも、最近では店舗ごとの差では飽き足らずテーブルごとに違う味の鍋底(割り下)となり、更には鍋さえ分割して幾つもの味を楽しむようになり、各自それぞれの好みで注文しそれぞれの鍋をつつくので、同じテーブルで顔を突き合わせているのに食べている鍋料理は別物といった、本来の鍋スタイルとは別物の独自の現代鍋スタイルを確立してしまっている。

 私がイメージする本来の鍋のスタイルとは、同じものを仲間同士や家族で分け合って食べるというものであり、同じ釜の飯と言うか同じものを一緒に食べることに意味があるのだと思っていたが、中国の現代の鍋スタイルは明らかにそれとはかけ離れてしまっている。

 中国は従来から団体スポーツではなかなか世界一に慣れないと言われる程に団体行動が苦手であるとされるが、中国の食文化が以前のような大皿スタイルではなく、個人ごとのスタイルへ分化していく姿は、まさにそういった個人主義を好む中国文化として自然流れであるのかもしれないし、この鍋スタイルはその変化を象徴するものだという気がするのである。