Monthly Archives: 3月 2019

大家夫婦が喧嘩?家賃の支払先が二転三転

 先月から私の住んでいる部屋の大家夫婦の関係がどうも不穏らしい。
 まず先々月に、いつも窓口になっている旦那さんの方から、今度から妻の方に払ってほしいとwechatに連絡が来た。
 その直後に、その奥さんからwechatの友達承認申請が来たので、私の方で承認した。
 するとすぐにメッセージがきて、同じ店子らしき人とグループが作られ、この部屋は「私と息子の名義で夫とは関係ない」と、権利を主張するようなメッセージが入った。

 詳しくは分からないが、部屋の店賃(家賃)収入の使い道などを巡って、夫ともめごとのような状態があったのではないかと察した。

 ただこのメッセージがあった時点ではまだ1月だったので、この時は夫婦関係とか大丈夫かなとちょっと思った程度で、店賃の支払い時期(3月)まで時間があったのであまり気にせずやり過ごしていた。
 そして3月に入り、そろそろ家賃の支払いだなと思った頃、旦那の方からWechatのメッセージが入り、「家賃は払ったか?」のメッセージが突然入った。

 「まだです」と答えると、 なんと「絶対渡しちゃいけない」と返ってきた。

 「吸毒」の状態ということで、直訳すれば麻薬ということになるが、恐らく投資か何かに取りつかれているような状態で、上記のほかの店子から預かった店賃を、どこかへ回して使ってしまったらしいようだ。

 故に家賃は「俺に渡せ」という話になった。

 この間、実際に奥さんとは会ってないので、どういった状態になっているのかは分からないので、どちらが正しいのかは判断がつかなかった。

 ただ、自分の窓口としてここまで対応し続けてくれたのが旦那さん方なので、ここは旦那さんの方を信じ、結局店賃は旦那さんの方に先日払った。

 このことで何かトラブルが発生しやしないかと、やややきもきしてここ数日過ごしたが、今のところは何も起きていないし、店賃は払ったので、必要以上には心配しないようにしている。
 ただ、こんな状況なら次回の更新時は引っ越ししないといけないかなと、心配を始めている今日この頃である。

酵素効果?2か月で5キロ痩せた。

 ここ1~2か月で急激に体重が減って驚いている。
 測りだしの時期の体重はいつに何キロだったかは正確には覚えていないのだが、まあ長らく自分の体重の平均値だったはずの重量から現時点で確実に5キロは落ちている。

 昨年末に体重が増えた頃に比較すると、7~8キロは減ったのではないだろうか?
 おかげで長年超えられなかったダイエット目標値をあっさり割ってしまった。
 
 どうしてそんなに減ったのかと言えば、恐らく野草酵素を飲み始めたことに理由がある。

 そもそも「ダイエットしてやる!」って言うほど、気合が入ってなかったのだが、ネットで野菜酵素が腸など体にいいことを知り、2月上旬に買って飲み始めたのである。
 すると飲み始めは、水をやたら飲めたり、腸にガスが溜まったり度々トイレに行かなければならないほど頻尿になったりした。

 ただ、これは酵素が効き始めている証拠だとやはりネットに書いてあったので、やはり継続的に飲み続けた。

 そうして1~2週間続けていった頃、ふと体重計に乗ったところ、結構体重が落ちていることに気が付いたのである。

 従来の平均値から3キロくらい減っていた。

野草酵素

 特別食事を変えたわけでもなく、まあ普段通りというか、どちらかというと寒さと天候不順で運動不足気味の生活を送っていたので、体重が減る理由は無かったのにも関わらずである。
 確信は持てないが恐らく酵素が効いているのであろうと判断した。

 で、3月に入っても、摂取を続けたところ、やはり体重が徐々に減っていった。

 3月は送別会などが多く、宴会食などが多かったのだが、さすが宴会の翌日はややリバウンド気味だったものの、それ以外の日はほぼ前日値より下がっていた。
 そしてとうとう4月を迎える前に、目標体重を切ることが出来たのである。

 もちろん体重は季節的な変動もあるわけで、酵素サプリが効いたとも言い切れないではあるが、これまでなかなか超えられなかった壁を意図も簡単に突破したことを考えれば季節的変動だけでは説明できない。

 またちょっと警戒しているのは、実はガンなどの病気の影響で体重が落ちたのを酵素のおかげで勘違いした可能性もあるだろうということ。

 がんや糖尿病、ネフローゼ症候群など、ネット上に書かれている症状に重なるところも気にならないわけではない。
 こればっかりは、実際に検査してみなければ分からないが、そこまで深刻そうな自覚症状が出ているわけではないので大丈夫なのかなとは思っている。
 
 万が一そういう病気だった場合はそん時はそん時だなと考えるようにするしかなく、とりあえずは気にしないようにしている。

  ただ、大きな自覚症状はないが、やや体重減の身体に慣れていないのか、少々ふわふわしている感覚はある。

 体重が減ってくれることは嬉しく、少なくともあと5キロくらいは痩せる余地がありそうだが、体力的な影響もあるだろうから摂取は続けながらも体重減少が急激になり過ぎないよう食べるべきはきちんと食べるべきなんだろうなとは思っている。

 また野草酵素の摂取を続けていると、相変わらず頻尿気味でガスも出るので、コンサートとか迂闊にトイレに行けない予定がある時の前日などは控えた方が良いようである。
 このように気を付けながらではあるが、夏までにスリムな自分になることをぜひ期待している。

45歳のイチロー選手

 シアトルマリナーズのイチロー選手が昨日引退を表明した。
残念ながら試合の様子は見ていないのだが、夜中にやっていた記者会見の様子はインターネットで見ることが出来た。

 ただ従来から、彼の出ている試合そのものをそんなに見ていたわけではないので、私の中でのイチローは、数々の記録の偉大さなどを含めて、ニュース上で他人が伝えてくれた評価の中での彼の人物像でしかない。

 昨夜の会見の中での受け答えを見ていて、私が感じたのは彼も45歳という歳を迎えた一人の人間だということ。

 つまり彼が、10代の頃から野球一筋の人生を歩み続け、日本球界やMLBで多くの記録を打ち立てて、ようやく野球の現役を離れた昨日現在の彼の45歳という立ち位置は、それほど特別なものではなく、誰と比較しても平等なんじゃないかなと。

 例えば自分自身と比べ(私は彼より少し年上だが)れば、生きてきた空間や中身は全く違うのかもしれないが、45歳という立ち位置に、45年過ごして今の位置に立っているという意味ではそんなに大きな差がないのではないかという気がしたのである。

 そりゃ、彼と実際比べてしまえば、生涯年収やら社会的栄誉やら何やらが全てに絶大な差があるわけだが、世の中誰一人として全く同じ人生を歩んでいる人はいないわけで、そういう意味では違うのは当たり前なのである。

 しかし違った人生を歩んできた時間でも45歳という年齢に到達し節目を迎えたという意味ではそれほど違いもないのかなとも感じるのである。

引退会見を伝えるニュース


 

 ただ、どうも昨日の記者会見の様子を見ていると、質問する記者たちが何とか彼をやたらと神格化し、記事をドラマチックに仕立て上げようとして、記者のイメージの枠に当てはめた答えを求めようとする質問が多く、それが鼻についた。

 それに対して、そういった質問はイチローさん自身が、淡々と跳ね返すように自然体で回答していたのがとても印象的だった。

 ヒーローとか偉大な人とかそういうことでなく、野球一筋に取り組んで来た人間の時間が昨日まで続き、昨日無事に節目を迎えたという意味で彼の存在の価値があるのであり、記録だのなんだのは、単なる一つの肩書でしかないのかなと思う。

 ただ、あのように周りからレジェンドだのなんだの持ち上げられても、ただ一人の45歳のイチローとして自然体で受け答えの出来る彼はそこが凄いなという印象ではある。

 イチローさん、長い間お疲れさまでした。

磯崎新さんと上海

 先日、日本の建築家の磯崎新さんが、「建築のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞したことがニュースとして報じられていた。
 建築デザインの世界にあまり明るくない私なのでこの賞の重みがそれほどわかっているわけではないが、磯崎新さんの名前は知っており、彼は私の現代建築界への興味の入り口となった建築家でもある。
また彼がデザインした建物のいくつかが私の人生の中で結構身近にあったので、そういった面でも親しみを感じている建築家となっている。

 まず、その発端となったのは水戸芸術館との出会いである。
 水戸芸術館はスネークキューブのような不思議なデザインの塔が印象的な場所ではあるが、あの建物は設計案をコンペで募集した際、多くの建築家が外見上の形式からアプローチした案を提出したのに対し、磯崎さんは哲学的というかデザイン的要素を排してコンセプトを軸とした提案を行ったとされていて、それ故に選ばれたという話を建設物語として読んだことがあった。
 そういった概念的視点で建物を捉えるという発想が自分にはそれまでなかったので、とても新鮮な建築思想であるとの印象を受け、さらに水戸芸術館という存在に興味が湧き、以降磯崎新氏の名前は自分の頭に刻み込まれることになった。
 そして、建築順序は逆になるが、自らが芝居をやっていた関係で、東京グローブ座や、さらに遡った時代の作品の利賀芸術公園(富山県)の野外劇場も訪れたことがある。

また、現在は閉館となってしまったカザルスホールのある東京・お茶の水スクエアも、20年以上前にコンサートに良く通った記憶があり、気が付かないうちに結構多くの磯崎作品に触れて人生を歩んできたのである。

そして12年ほど前に私は上海に来てしまった訳だが、実はここ上海にも磯崎新氏の建築作品が置かれ始めている。
一つは上海浦東区のヒマラヤセンターで、大きな展示会場である新博覧中心に隣接し、やはり劇場や展示空間を含んだ公共施設的概念の空間となっている。
海岸の切り立った岩壁を想起させるような不思議な外観の建物であり、開業したばかりの頃のイベントに参加した後はほとんど訪れてないが、現在は「上海証大喜瑪拉雅中心」の名となり内部の劇場では。時々日本から来た舞台なども上演されている。

上海証大喜瑪拉雅中心

そしてここ数年、私が何度も通っている上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)も実は磯崎新氏の手によるものである。
 内部のコンサートホールの音響設計は日本の永田音響設計事務所が請け負われたようだが、外側は磯崎新氏のものであり、そう言われてみると私が慣れ親しんだ水戸芸術館と同じ匂いを感じる建物であり、居心地が良さを感じるのはそういった過去の体験との共通項を持った建物だからなのかなとも感じる。

上海交響楽団音楽庁(コンサートホール)

 どうやら磯崎氏は上海に「磯崎新+胡倩工作室」という、拠点のアトリエを置いて胡倩さんという方(お弟子さん?)とパートナーを組み、中国向けの仕事を行っている模様である。
 中国には上記の2つの建物以外にも、この事務所として取り組んだ作品が上海には幾つかあり、訪れたことは無いが、浦東新区の九間堂や、朱家角の水楽堂もこの事務所の仕事となっている。

朱家角の水楽堂

 また深圳や北京でもこの事務所の仕事の建物があり、どこまで磯崎氏が主体的に絡んだ仕事になっているか分からないが、すくなくとも磯崎氏のDNAが息づいている方たちの仕事であることは確かだろうに思う。
 
 磯崎氏は既に87歳と高齢ではあるが、まだまだ素敵な仕事をしてほしいものである。

サントリー社製そっくりのウーロン茶ペットボトル

 先日、上海虹橋空港内の自動販売機でウーロン茶を購入しようとしたところ、どうも見慣れたパッケージとは異なる商品が並んでいることに気が付いた。

 「ん?一見サントリー(中国名:三得利)のウーロン茶そっくりだけど、どこか違う気が」

まがい物ウーロン茶

 パッケージをよく見ると、「匯源」というブランドになっている。
 
 「うわぁ、久しぶりに見たパクリものだぁ」

 上海にもウーロン茶のペットボトルは何種類も発売されているが、いずれも独特のデザインでありサントリー社製と見間違うことはないが、これは明らかに見間違って買うことを意識して作った商品である。
 まぁそれだけサントリーのウーロン茶が中国市場で絶大なシェアを誇っているということなのだろうが、それにしてもひどい。
 
 ただまあ物は試しということで、一応そのまがい物を買ってみた。
 裏を見ると、北京匯源食品飲料公司上海分公司となっており、北京の会社のようである。

まがい物ウーロン茶パッケージ

 で、実際飲んでみると、そこそこサントリー製に似せてはあるが、やや薄く切れ味がない印象である。
 決してまずいものではないが、本物とは違うようである。
 
 気になって、空港内のファミリーマートを覗いたところ、なんと!やはりまがい物が納入されていたので本物を手に入れることが出来なかった。
 で、家の近くのスーパーで探したところ、ようやく本物を見つけることが出来た。

本物のサントリーのウーロン茶

 そして飲んでみると、やはりいつものウーロン茶の味であり、まがい物がまがい物であることがはっきりした。

 実はパッケージがあまりにもそっくりなため、まさかサントリーが販売権を譲ったようなことがあるのではないかとまで疑ってみたが、ネット上で調べてもそんなニュースはなく、やはりパクリ物のようである。
 で、本物とまがい物のパッケージを見比べてみると、奇妙な発見をした。

サントリーのウーロン茶のパッケージ

 本物の方の製造会社は「匯源三得利(上海)飲料有限公司」委託となっており、中国側の正規の製造会社にも「匯源」の文字が入った会社名となっているのである。
 恐らく会社設立時の合弁相手の会社の名前を入れたのであろう。

 果たしてこの正規の「匯源三得利」と、パクリとみられる「北京匯源」に関係はあるのか、ないのか。

 普通に考えて、サントリー側があのパッケージデザインで北京匯源に上海で商売させることを許可したとは考えにくく、やはりまがい物だと思われる。

 はたして、このパクリ・ウーロン茶の正体と行方はいかに?