Category Archives: 不祥事

政治資金や政務調査費はマイナンバーカードで管理すればいい。

 日本の報道で某与党大臣の大量白紙領収書が問題であるとして盛んに報道されている。

 さらに、時を同じくして富山県などの地方議会で政務調査費の目的外使用などが問題となって、市議会議員や県議会議員が大量辞職する事態が発生する状況となっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあいずれも議員さんたちのお金に関するルーズさというよりも、意図的な手抜きやごまかしの臭いがプンプンするのだが、一向に改まる様子がない。

 そもそも日本では領収書という制度が性善説に基づいて運用されており、不正をしようと思えば幾らでもできてしまうような非常に穴だらけの制度なのである。

 それゆえ受け取った側が金額や日付を記入できてしまうというとんでもない運用がまかり通ってしまう。

 この点、中国の方が制度的には厳しく、領収書発行は政府認定の領収書(発票)発行マシンで印刷しなければならないようになっており、その発行データは税務局に定期的に報告しなければならないことになっている。

 さらに、法人の銀行口座に入った費用は自動的法人収入とみなされることになり、つまり課税対象となってしまう。
 それゆえに、発票を発行してもらう時点でお金の取引が、払い手受け取り手双方に記録されるので通常のやり方ではごまかしが利かないのである。
 ただしここは中国であり、「上に政策あれば下に対策あり」の言葉にあるように、あの手この手で税金対策を立てて極力税金を払わず済むように庶民は工夫しているようであり、必ずしも完璧にお金の流れが把握できているわけではなく、見た目ほど完璧に機能しているわけではないが、少なくとも日本より厳しく管理されているのは確かである。
 
 さて話を日本の政治資金の問題に戻すが、政治家にああいった不正なお金のやり取りをさせないために、政治団体や政治家個人に向けてマイナンバーを活用した専用のクレジットカードを発行してはいかがだろうかと考えてみた。

 いつだったか現総務大臣の高市早苗さんがマイナンバーカードを使用して、買い物ができるようにしてポイントカード化したらどうかと提案していたが、まさにそれを現実化するために、まずは政治家自ら襟を正し、政治資金の支払いで実験するのである。

 つまり政治資金や政務調査費の支払いは原則このカードを通して行うようにすれば、内容が完璧に把握できるし、とりまとめも簡単なので、非常に合理的となる。

 当然のことながら領収証をいちいちやり取りする必要など全くないので、白紙領収書の大量発行などという事態もなくなる。

 また政治献金もカード会社を通して支払ってもらえばよく、寄付による控除枠申請の証明書類もカード会社に一任すればよい。
 まあ完全な民間企業での運営に問題があれば、財務省管轄の政治資金管理カード団体などでも設立し、運営コストは行政機関で面倒をみてもいいという気がする。
 いずれにしても、税金を把握するという目的のもとに準備されたマイナンバー制度、まずは政治家自らが政治家としてのお金の使い道を透明化するために、政治資金の支出はマイナンバーカードを活用してみてはかがだろうかと思う。


豊洲移転問題、実は土も入れ替えていないらしい。

 小池百合子新都知事就任直後に勃発した豊洲新市場予定地の地下の空洞問題だが、先日聴いた日本のラジオでさらに驚くべき情報を耳にした。

 件の安全対策として行われた土の入れ替え工事にかかわったというリスナーからの投稿だったのだが、報道されていないような証言が出てきたのである。

 どういう内容かというと、今回対外的には豊洲の予定地では土壌汚染対策のために2m掘り下げて新しい土に入れ替えたとされるが、実はその新たに入れたと思われる土は掘り起こしたものを薬品処理しただけのものを戻しただけだというのである。

 まあこの証言投稿をした人も、自分の身が可愛いので絶対匿名ということであったので、事実の真偽のほどは分からないが、もし事実だとしたらひどい話である。
 盛り土どころか、汚染土の排除すらも事実上行われていなかったということになる。

 この築地市場の豊洲移転問題は、私も当初からどうなのかなぁと訝しく見ていたが、何だか利権だらけの構造がたくさん露見してきており、ちょっと収拾がつかない状態になっている。
 まぁ850億円もの税金を費やしているが故に、ただ放棄するわけにもいかないのだろうが、このまま安全宣言を出されても移転は無理だろうに思う。

 今回の件で実際の安全性はともかく豊洲のブランドはかなり傷いており、築地のブランドを引き継ぐのはとても難しいと思えるからである。
 東京の人が考える以上に、築地の名前は世界に知れ渡っており、ここ上海でも築地を模した海鮮市場を構築しようと計画が持ち上がるほど、築地のブランドは日本国内外ともに信用が高い。

pic_f030

 そんな築地市場を、移転前からケチがつくような場所に移転させるのはブランドを失墜させるだけで何のメリットもないのである。

 かつて私も豊洲のオフィスビルに短期間だけ通勤してた時代もあったため、豊洲の地名が悪く言われるのはとても心が痛いのだが、それを含めても厳しいと思うのである。

 故に、基本として築地市場は残し、立て替えで凌ぐほか仕方ないのではないかという気がする。

 まあ豊洲の建設費はもったいないが、利用するにしても築地立て替えの際の一時的な仮利用とし、その後は別の利用方法を考えるというのがせめてもの利用策かなという気がする。

 ところで、この問題について元大阪市長の橋本徹氏がやたらと小池都知事に噛みついている情報を目にするが、どうも部外者である橋本氏が絡んでくる姿が不思議でならない。
 この豊洲の地下空間の利権に一枚噛んでいるのか、あるいは大阪で同様の問題を隠しているのではないかと思えるほどの異常な噛みつきようである。
しつこいその姿に、東京の問題なのだから大阪の人にはもう少し静かにしていただきたいと思うのだが、どうして噛みついてくるのかちょっと不思議である。
いずれにしてもオリンピックが4年後に迫る中、いろんなことのタイムリミットが近づいてきており、早い解決をぜひ望みたいものである。

2020東京オリンピックまであと4年、次の都知事選も4年後

 2020年の東京オリンピックは7月24日の夜8時に開会式が行われるとのことで、昨日であと4年となったということになる。
 しかし、ネットの情報を見る限り4年後に迫ったという話題では盛り上がっていないという気がする。

写真はイメージ

写真はイメージ

 チェックしてないので詳しくは分からないがテレビの番組などで多少は取り上げられているだろうが、世間の話題の中心ではない印象なのである。

 その代わりオリンピック周辺の話題としてロシアのドーピング問題と、東京都知事選挙が盛り上がっている。
 このうち、ドーピング問題は何だかIOCによる灰色決着で、ロシア国外で検査を受けることでOKとなったようだが、国家間の政治的駆け引きと絡んで、これからもくすぶりそうで、次の東京大会への課題を残した印象となった。

 そして、都知事選であるが、あまりにも3候補に偏った報道ばかりで呆れている。

 確かに3候補以外は、下馬評的に当選の望みが薄いとは言え、蔑ろにされ過ぎるである。
 もしかすると、その候補の中に優れた人材や、或いは政策単位で優れたものを持っている方もいるやも知れず、そういった民主主義の芽を潰しているのが日本のマスコミだということが、今回の都知事選挙ではっきりした気がする。

 つい最近まで与党が報道各社に対して、偏向報道の批判を浴びせていて実際に降板してしまったキャスターもいるが、あれらの報道より今回の選挙報道のほうがよほど偏向だという気がする。

 まあただ旧態依然とした選挙活動方法にもやはり問題があるような印象で、街頭演説のような一方的な発信ばかりの選挙活動はあまり意味がないという気がする。
 演説で自分に都合の良い言葉だけを並べられても、それが本質的に実際の政治や行政に結びついているか分からないからである。

 そんな選挙演説より、私は候補者全員を集めた討論会を提案したい。

 討論会の司会は、候補者の中から抽選で数人を抽出し、1時間ごとの持ち回りで担当し、議題は司会者が決める。

 このような形で議論することによって、各候補者の認識をうかがい知ることが可能になり、勉強不足や思慮が浅い方、或いは他社とのコミュニケーション不足の方が浮き彫りになり、誰が都知事として相応しい見識と調整力を持っているのか分かるだろう。
 もちろん、参加に応じなくてもいいが、そういった候補者は必然的に有権者の評価が決まる。

 本来はそうやって、有権者が候補者を見極めていれば、舛添さんだってあの程度問題では揺るがなかったかもしれないのだが、知名度と組織力で選ぶような選挙がまかり通っているから、選ぶ時も選ばれた後も扱いが軽くなるのである。

上野の西郷さん像

上野の西郷さん像

 さて、今回の選挙だが、やはり旧態依然のままの選挙活動が行われ、しかもメディアの3者偏向報道により当選する確率があるのはその3者に絞られるが、事前調査から見ても恐らく小池百合子氏が次の都知事となるのはほぼ確定だろうと思われる。

 個人的にも他の二氏より、いい意味で政治家に必要な図太さを持ち合わせている印象なので、都知事としてそれなりの風格を感じる。

 さらに自民党という与党議員でありながら、中央の主流派と反目して距離を置く立ち位置も、下手な野党候補より面白い存在に映るのであり、人気を集めるという気がする。
 まあ、実際の選挙結果はどうなるか分からないが、とにかく今週の日曜日に新たな都知事が選ばれることになる。
 
 で、最初の話に戻るが今週末に都知事が選ばれるということは、実は4年後のオリンピックの開会式が行われている真っ最中あるいは直前に再び都知事選挙が行われることを意味する。

 オリンピック準備の緊張感の中でまた選挙となるわけであり、とんでもない混乱が予想される。

 本来舛添さんの辞任が秋になっていれば起きなかった問題であるが、冷静さを欠く今の都民の風潮によってそれが許されなくなり、50憶もの再選挙費用とオリンピック直前選挙が選択されたのである。

 もっとも、今の都民の風潮から言えば次の都知事も4年の任期が勤め上げられるか分からないのであり、何らかのきっかけによる炎上により新都知事が途中でまた辞任し、選挙が再び行われる可能性も多いに有り得るとも言える。

 オリンピックのことだけを考えれば、次の都知事の途中辞任は好都合とも言えるのだが、選挙費用や行政の安定性、首長の在り方、さらにはオリンピック準備を考える上では決してプラスとも言えまい。
 馬鹿な選挙を繰り返さないためにも、4年後までになんとか選挙活動とメディア報道がもう一歩成熟することを祈りたいものである。