Tag Archives: データ

ピーチ航空の上海発便に搭乗 その2(機内編)

機内に乗り込むと、さすがにLCCなのでシートピッチは狭かったが3-3配列の座席の割りには詰め込まれているという印象はなく、シートの色の影響か雰囲気は悪くはない空間だった。

ピーチ航空の機内

 で、まずは座席前のポケットに差し込まれている資料をチェックする。

 最初に手取ったのは機内販売のしおりだが、これを見て大変驚いた。

 ほぼ全商品において、日本語だけでなく英語はおろか、中国語の簡体字と繁体字、さらにハングル表記で商品説明が書かれていたのである。

ピーチ航空の機内販売の冊子

さすが国際線というか、他の航空会社でも英語と自国語の二か国語記載までは見たことがあるが、4言語5字体記載という徹底した表記は見たことが無かったような気がする。

 実は、搭乗前にピーチ航空の関係者の方に話を伺う機会があり、この日の搭乗者の国籍割合を尋ねたところ、正確なところは分からないが半数以上が中国人であり、日本国内でも以前から同社の利用客は半数以上が外国人であるとのことだった。
 日本人乗客はLCC式のサービスに慣れないのか少数派であり、訪日外国人たちに支えてもらっているのがピーチ航空だとおっしゃっていた。
 そういった外国人旅行達を十分意識したのがこの機内販売のしおりであり、日本への訪日外国人観光客の増大はこういったLCCに支えられているんだなと、久しぶりに帰国する日本の現状に妙に納得してしまった。

 また販売されている商品のラインナップにも驚いた。
 国際線なので免税品はまあ当然なのだが、日本到着後の各空港から市内への交通機関の割引券などが、機内販売されていたのである。

成田から都内への割引切符の案内

 今回の行先である羽田空港での足回りも当然対象となっており、羽田空港から品川までの京急線の割引切符が売られていた。
 正規で買うと往復820円のところが、機内販売だとなんと200円引きの620円で買えるとのことである。

うわ、これおいしいなぁと思い、詳細をCAの方に訊ねようとしたところ、機内アナウンスで、「今回は初就航便ということで京浜急行様さんより、皆様にプレゼントします。詳細は搭乗時にお配りしたエコバッグをご確認ください」とCAから案内があった。

「なに!」

ピーチ航空の初回搭乗記念品

慌てて、そのエコバッグの袋を開けたところ、中からなんと「ご招待」と赤い印の押された招待券が出てきたのである。

羽得2枚切符(無料版)

それを見て思わず「ラッキィ」と心の中で叫びつつ小躍りしてしまった気分になったが、実際はニヤついただけだった。
(パンクブーブーのネタのようだ。)

 200円安上がりになると思ったころ、元の640円も無料になったわけで、ダブルのお得をもらったような気分である。

 やっぱり初物に乗ると、こういうハプニングがあるわけで、恐らく1日違いの翌日便ではこうはならなかっただろうに思う。

 このほか、今回は使わないが成田から都内までのスカイライナーやバスの割引チケットなども売られるようで、航空会社としては商売の一部なのであろうがこちらとしては痒いところに手が届いてくれるサービスである。

そして、次に手に取ったのは安全のしおりだが、こちらは残念ながら多言語表記ではなく、日・英の二か国語表記で、日中便なのに中国語表記は載ってなかった。

 ピーチ航空は既に台湾線を就航させているはずなので、中文表記があっても良さそうだが残念ながらなかった。
機内販売にあれだけ力を入れているのにも、大事な安全のしおりが多言語表記になっていないのは残念で、厳しいことを言えば安全より商売に力が入っている状態ということも言え、ちょっぴり評価を下げたこの安全しおりである。

さて機体は予定通りに出発し、羽田へ向かって離陸した。

 機内では、モニターなどのエンターティメントサービスはもちろんないのだが、離着陸時は全ての電子機器も使えないので、アナログな紙媒体を見て過ごすしかない。
 本来は時間帯的に寝るべきなのが筋なのだが、どうも興奮気味で寝られそうになく、先ほどの機内販売のしおりなど熱心に見て研究することにした。

 で、多くのLCCがそうであるようにこのピーチ航空も、機内食などは無く全て自己購入しなければならないのがルールとなっている。

 今回特段にお腹も空いているわけでもなかったがメニュー写真を見ていると食べてみたくなるのが人間の性で、取り敢えず興味本位で試
しで買ってみることにした。
選んだのは「にゅう麺」(500円)で、カップ麺のような様相にちょっと高いなと思いつつ、物は試しということで注文することにした。

 機内ではクレジットカードのほか、日本円でも人民元でも現金払いができると言われ、今回搭乗時に日本円の持ち合わせが少なかったため人民元で支払うことにした。
500円の商品が人民元で幾らに換算されるのかという興味もあり試してみたくもあったのである。

で、言われた金額がなんと40元であった。
「ゲツ、レート悪いなぁ」
当時のレートが確か1RMB=15.5円くらいだったので、そのまま計算すると32~33元が妥当な換算値であり、多少手数料が乗ったにしてもちょっと悪すぎるレートといった印象であった。

今回は試しなので、仕方なかったが次回からは少なくとも人民元では買うまいと思うほどのひどいレートである。
 さらに出て来たにゅう麺も非常に量が少なく、小腹がすいた夜中用と思えばちょうどよいが、500円の価値があるかと言えばやはり高すぎるなという印象であった。

ピーチ航空のにゅう麺

このほか、のどが渇いたのでジュースも買ったが、こちらは200円とまあ良心的であり、かつ日本円の小銭で払ったので抵抗なく買えた。

 ところで今回乗ったピーチ航空のCAさんたちは英語については普通に訓練されているようだったが、中国語はほとんど駄目で、一人だけ中国語要員はいたみたいだが、乗客とのコミュニケーションにやや苦労する姿が目に付いた。

 初便なので仕方ないところであり、最低限の訓練はしてきたとは思うが、それでもまだ言葉としてはコミュニケーションが難しいレベルだった
 そのため、彼女たちよりは中国語のわかる自分がちょこちょこと通訳をしてあげたのだが、そのおかげでこちらもCAさんたちと少しだけ雑談が出来た。

 まぁ社交辞令の域を出ない程度の会話ではあったが、今回初便の搭乗で出発4時間も前に空港に来てしまったんですよと告げると、ありがとうございますと、深々とお礼をお言われてしまったような状況である。

 そのおかげなのか到着間際になって、本日のフライトデータですと、なんと手書きのメモをプレゼントしてもらった。

手書きのフライトデータ

手書きのフライトデータ

 慌てて電話番号が書いていないかと探したが(笑)、残念ながらそれは無かったが、当日の乗務員スタッフの全員の名前が記してあり、何よりもいい記念品となった。

 そんなちっちゃなドラマがちょこちょこ展開するうちに、航空機は羽田に到着した。

 まだ暗い中での到着だったので、東京の朝方の夜景を期待したが、天気がそれほどよくなく雲が多かったのと、羽田のA滑走路に南(34L)から進入したので、ほとんど夜景を楽しめることなくターミナルに到着した。
まあ無事日本到着である。(つづく)

コンビニ弁当の見切り値下げ販売

日本のニュースで、セブンイレブンの加盟店のオーナーが、弁当見切り販売を邪魔されたとして訴えていた問題で、オーナー側が勝訴したというニュースを目にした。

 賞味期限時間になったら自動的に廃棄しなければいけないというルールによって、大量のロスが出ているため非常にもったいないのと同時に、僅かでも売り上げに繋げたいために期限切れ間近の見切り値下げ販売を実施したいというのがオーナー側の意向だったようで、それが今回の裁判で認められたような形になった。

 ただ、私はニュースを見て、この裁判の結果はともかく、オーナー側の考え方に少々疑問を持ったのである。

 確かにスーパーの閉店間際セール同様に見切り販売を行なえば廃棄ロスは減少する可能性あるかもしれないが、その実施によって値下げ待ちの客が増えれば、見切り前の売上げが減少する可能性もあり、地域人口によって顧客マーケットが固定されているコンビニにとっては、値下げそのものが弁当の販売総数の増加に繋がるとは考えにくく、必ずしも売上げ増に繋がるとは考えられないのである。

 もちろん、見切り販売を実施するかどうかは経営判断によるところだが、それはセブンイレブン本部において見切り販売をしないという経営判断が出されているわけでそれをブランドイメージの一つとして、統一して押し出した経営がおこなわれている。

 確かに我々消費者の側からすれば値引き販売は嬉しいことではあるが、また一方でいつでも同じ価格で同じ品質のものが食べられるということ自体が売り手側の平等感と安心感を与えてくれるものであり、それがセブンイレブンというブランドへの信頼に繋がっている面もある。

 つまり見切り販売によってそれが崩されるというのは、必ずしもお得感のイメージだけでは済まされないという気がするのである。

 それ故にそのブランドイメージの下で他人の褌を借りて商売しているオーナーは、やはり全体の方針に従う必要がある気がするし、その方針が嫌ならブランドの力など借りず自分で独力で商売をやってくれとなるのが筋だという気がするのである。

 更にロスによる無駄が出るという考え方についても、コンビニ本部側は恐らく個人で店舗を運営するより遥かに細かい販売情報を提供しているはずであり、曜日別や日付別、男女別、年齢別、時間帯別、気温別など売り上げに影響する事細かな情報を提供し、かつ弁当などについては1日2~3回の配送を実施し、きめ細かな販売に応じられるような供給体制を取っているはずである。

 つまり、これらの情報をきちんと読みこなしシステムを駆使すれば、弁当のロスなどは限りなくミニマムに近づけることが可能なわけで、オーナー側が「見切り値下げによる無駄の削減」などと言っている時点で、如何にデータを読みの取り能力が無く、オペレーションする能力が無いのかを自ら露呈している気がする。

 繰り返しになるが、日本のコンビニは各店舗に対する高度な販売供給システムを用意しているわけで、まあその分だけ出資金やロイヤリティはそれなりに高いと聞くが、個人が独力で始めるより遥かに完全に近い形で商売を始めることが出来て、立地などのマーケット選びと運営さえ間違えなければそれなりの結果が出せるシステムとなっていると私は感じる。

 逆に言えば、そこで結果が出ないのは、見切り販売禁止などのシステムの問題ではなく、立地選定やオペレーション能力などに問題があったと考えられる訳であり、そこを理解していないオーナーが幾ら見切り販売が解禁されたところで売り上げが伸ばせるわけではないという気がする。

 今回の裁判の結果は恐らく独禁法における卸売側から小売店への価格裁量権の強制の禁止の部分(正確な法令は知らないが)に触れたのだと思うし、確かに厳密に言えばそこは違反する面があるのかもしれないが、オーナー側がブランドシステムの何が儲けに繋がっているのかを理解すれば、大人の約束で裁判などせず、流せるはずの部分であったような気がしている。

 この原告のオーナーが自分の店の目先の弁当ロスにこだわったばかりにグループ全体の売り上げに影響が出ることの無いよう是非祈りたいものである。

原掲載

上海は東京の2.7倍も危険か?

 先日、上海で日本人女性が殺されるという事件が起きた。

 実はかの殺されたMさんは私も何回かお会いしたことがある人で顔に見覚えがあり、ニュースによれば私と同じ年に上海に渡ってきた方だったので、この事件にそれなりに衝撃を受けている。

DSC04528

 人生生きているとこういうことも社会にはあるなと自分に言いきかせながらも、同じ上海に暮らしていた者として、やはり悲しく、ぜひご冥福をお祈りしたい。

 ただ、今回この事件を取り上げた日本の報道を見て私はかなり違和感を持った。
 実はFテレビ系のニュースの映像で、同社の記者が某上海のセキュリティ会社の方(実は彼も知り合いだが)へのインタビューを取り上げていたのだが、その中で彼が話していた「建物侵入件数は東京の2.7倍」という言葉を切り出して、さも上海は危険な街だという演出をしていたことだ。

 「2.7倍

 実はこの数字が示すほど上海の街に暮らす者として危険は感じないのである。

 寧ろ、エスカレーターでちょっとぶつかっただけでナイフを取り出す若者のいる日本の方がよほど物騒であり、トータルとしてそこまでの差を感じないのである。

 ではこの「2.7倍」という数字は何か?

 実はこれは数字のレトリックに他ならないのである。

 データというのはまずその調査母数がどこにあるかが非常に問題になってくる。

 故にまず

①この今回の東京と上海の調査母数が同等なのか 
 という問題が一つある。

 つまり母数が10倍あれば、侵入件数自体が2.7倍になることは容易なので、単純に比較はできないことになる。
 ただこの点については、情報元が日系の調査会社なで、そこまでインチキはないとは思う。

では
②条件をひっくり返した数字はどうなのか?

 やはり母数の問題に関わってくるが、例えば東京の建物侵入件数がもし100軒に1軒の割合で起きているとすると、上海が2.7倍なら100軒に2.7軒の割合で起きていると言える。
 しかし、逆に侵入されていない件数を考えると、東京は100軒中99軒が進入されていないのであれば上海は100軒中97.3軒が進入されていないことになる。

 つまりその差は2%に過ぎず、東京より上海が2.7倍の危険度の評価は実は過剰だということになる。

 これは母数が100軒だった場合だが、母数10軒で考えると東京の安全度90%に対して上海73%となり、その差は20%程度となる。

 つまり東京より上海は20%程度危険という数字になり、まあこちらに暮らす者として、この程度の言い方ならそれほど違和感なく受け入れられる数字である。

 故に母数や数字を正確に把握しないと数字の読み方を見誤ることになる。

 どうもFテレビの報道には日常から過剰演出が多い気がするし、今回殺害されてしまった人が出てしまったとはいえ、東京より遥かな危険な街だという印象を与える演出報道は間違っている気がする。

 こういった社会の過剰演出・一面的報道によって、社会の見方を見誤る人が増えているのは困った傾向に思う。

 もちろんその差がどうであれ、一定数の危険が存在するのはどこの社会も同じで、東京とかわらないと安心しきるとやはりケガをするのが社会であり、是非気をつけたい。

何も読み取れないデータ

バレンタインに関する調査結果がネットに載っていた。
その中で、今年のバレンタインは誰にチョコをあげるかという問い対して、夫が45%でもっと多かったという結果となっていた。

こんなアンケート誰が考えたのだろうかというほどいい加減な調査である。
調査対象をきちんと未婚既婚を分けないので、いったい何を調べたいのかわからない。
 既婚者が夫にチョコを渡す率を調べて夫婦間の意識調査をするならまだしも、既婚未婚を分けずに調べてもその結果が何なのかわからない。

 既婚者が夫にプレゼントをするのはごく当たり前で、他の男性という答えを期待するわけでもあるまい。
 
 夫が45%といわれても、調査母数に既婚者がどのくらい含まれているかによって、その45%というものはまったく違う意味を持つ。
 つまりこの調査自体、標本母体が分類できてない時点でまったく意味をなさない。

 敢えて言えばこれは売る側に提供するための市場調査で、売れるチョコレートの45%が告白用ではなく夫向けの夫婦間のプレゼント交換用だというデータとして理解することもできなくないが、それは調査母体が人口構成に標本としての信頼性の高い状態に言えるのであって、この状態ではやはりデータとして何の意味を持たない。

 意味もないデータは調査するだけで無駄であり、調査というのは統計の基本くらい知った上でやらないと使い物にならず、まして経営に直結するようなデータだった場合は致命的である。

データとは常に意味のあるものを使うように心がけなければならない。
 実は世の中にはこの程度のいい加減な調査データがごろごろしている。
 いい加減なデータに踊らされることのないよう、みなさんご注意を!