毎朝が脱水症状との闘い

 以前書いたように、野草酵素の効果もあって現在順調に体重が落ちており、年初からの目標体重に先日達することが出来た。

 ダイエット効果の具体的状況については、現在の新目標が達成できたときに改めて書こうとは思うが、残念ながらその体重減の副作用というか、体調に少し影響が出ている。

 どのような影響かと言えば、毎朝脱水症状気味になっていることである。

 体重を気にし始めた頃から、最近は毎朝毎晩体重を測っているのだが、晩と朝では体重が1キロくらい違うことに気が付いた。
 つまり人間の身体は寝起きが一番体重の軽いタイミングということになる。
 (正確に言えば朝のお通じの直後だが)

 何故寝起きが一番軽いかというと、寝ている間に汗を書くからであり、以前スポーツ飲料のCMでもやっていたが、人間は睡眠平均500ml、多い時には1Lの汗をかくとのこと。

 つまりこの分だけまるまる体重が落ちることになる。

 また寝しなや寝起き直後の排尿の量もばかにならず、ペットボトル1本分近く、つまり500mlほどの水分は余裕で排出されるようだ。

 これ故に就寝前と比べ1キロ程度体重が落ちることになる。

 このように就寝前に比べ体重が減っているということは、その分だけ水分が身体から失われた状態で朝を迎えているということになり、身体は結構カラカラの状態であるということになり、脱水症状の危機を迎えていることになる。

カラカラ

画像はイメージ

 人間の身体は5%水分が失われると脱水症状が出るとされ、人間の体重の60%が水分であることから考えると、例えば80㎏体重ならば5%の水分というとたった2.4Lで危険になるわけで、そういった数値から見れば、就寝中に1Lの水が身体から抜け出るというのは結構な割合となる。

 特に私は現在酵素の影響で排尿量が増えており、さらに水分排出量は多いはずで、普段より体内の水分量が少ない状態になっている。

 よって脱水状態に近づいているような反応を毎朝体験している。

 その代表格として実は毎朝やたら足がつりやすい状態に陥っている。

 ふくらはぎはもちろんのこと、足の甲の部分や脛(スネ)までつる。
 スネがつるというのはこの年になって初めて経験した痛みで、脛がつってしまうと痛みからの脱出方法が先ずわからず苦労する。

 痛みを乗り切った後に水を飲むと、血流にスムーズさが戻るのか、身体はかなり楽になるのが、油断して水分を控え目に摂取した状態で朝を迎えてしまうと、痛い目にあう。

 もっとも「つり」の原因は水分量にだけあるのではなく、足を就寝中に冷やさないことが大事で、布団から足が出てふくらはぎが冷えてしまったような状態の時につりやすい。

 逆にこの部分をサポーターなどでケアしておくとつり防止にもなることがわかり、防寒用のタイツ(ヒートテックの股引)をパジャマ代わりにして寝ている。

 これでふくらはぎだけが冷えてしまうことは避けられるようになったが、やはり水分不足になると、足がつりかけてピリピリしているのがわかり、なるべく水分不足にならないように枕元にペットボトルを置いて小まめに水を飲んでいる。

 このほか、恐らく血流がドロドロであろうという雰囲気で、体中が固くなっているのが分かる。
 やはりこれも水分を取ることで身体を起こしていくが、目が覚めてから歩いて動けるまで結構時間がかかるのである。

 とにかく、トイレを恐れて水分を控えるのが一番よろしくない状態の様で、無理のない範囲でがぶがぶ水を飲んでいるのが現在のダイエット途中経過である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA