Tag Archives: 目標

産みの苦しみ

 先日のサッカーの日本代表の東欧遠征の試合で、日本が2連敗した。

 双方ともW杯出場を逃している国との対戦とあって、W杯出場を真っ先に決めている日本代表にとっては現在の実力を測る絶好の機会ともあって善戦が期待されたが、結果はいいところがあまり出ず2連敗となった。

 これを受けて、マスコミやサポータからは不満の声が続出しているが、一方で今回の試合では寧ろ真剣勝負で臨んだというよりいろいろテストを試合中に行なったということが記事で伝わっている。

 トーナメント大会のようにガチンコの勝負で勝ちにこだわれば、もっと違う結果が出たかも知れないが、最終目標のW杯本大会で大きな結果を引き寄せるための試行錯誤の時間だということのようだ。

 まあ全てに勝ちの結果を求めるサポーターにとっては、どんな理由であれ「負け」という結果は嬉しくないのかも知れないが、大きな目標で結果を出すための一過程だと考えれば、この数試合で一喜一憂することは逆に大きな目標を得るためには邪魔な感覚かも知れないという気もしており、今は産みの苦しみの最中だということで長い目で見守りたいという気がする。

 サッカーに限らず、仕事でも私生活でも目先の小さな結果にこだわるか大きな目標にこだわるかで、日々の取り組み方というのは大分違ってくるものである。

 この「産みの苦しみ」の言葉の元の意味にもあるように、子供を産む母親は1年近くをかけて子供をお腹の中で育ててからようやく産むから、出産後は大切に育て一生大事にする。
 これが数日で産めるような子供なら、出産前も出産後もそれほど大事にせず大きくなるまで頑張って育てないのではないという気もするのである。

 そういえば先日、雑誌ananの特集で「出来ちゃった婚」ならぬ「さずかり婚」は、プロポーズから出産まで一気に叶えることが出来て、悩む要素もなくスピーディに出来るから素晴らしいなどという記事が出て、世間で物議を醸している。

 確かに今や4組に1組が出来ちゃった婚というのが現実らしいから、そのこと自体は特に恥ずかしい事ではなくなったようなことだが、推薦するのはどうかということだ。

 まあ当の本人たちにしてみれば、いきなり妊娠してしまうというのは突然行動の締め切り時間を設定されるわけだから、悩んでいる暇などなく決断しなければならないし、行動が素早くなる可能性はある。

 しかし、そういった試行錯誤を経ない安易な結婚は、崩壊も早いようで通常の離婚率33%に比べ授かり婚の離婚率は44%にも上るというデータがあるという。

 ある人に言わせれば、結婚は結婚に至る迷いや試行錯誤の時間を経て、さらに周囲への説得など多くの過程や困難を乗り越える過程を経るからこそ、夫婦の絆を強くするのであり、それ自体が長く維持できる結婚生活を迎える必要な過程であり、その過程を面倒くさいとか省略しようという発想は、結婚に対する認識自体が間違っているとのことである。

 結婚や出産など重大なものに踏み出したいなら、産みだしたいものが大きい物であればあるほど、本来は産みの苦しみや悩みは深いはずということである。

 まあこれはビジネスの上でも言えて、例えばある目的のために事業を起こす場合、自ら育てることをせず、安易に会社を買収してノウハウや機能を吸収しようとする手法では中々ビジネスの目的にはたどり着きにくいように思われるのである。

 安易に得た関係は結婚同様にやはり壊れやすいわけで、それなりの覚悟で向き合う覚悟を無いと、会社や社員に対する愛着も薄く切り捨ても容易になりやすいような状況になる。

 しかし、じっくりと腰を据えて物事に取り組み、試行錯誤の上で作り上げていったものはちょっとやそっとでは揺るがないし、結果として買収などの安易な姿勢で結果を求めようとするよりは、大きなものにたどり着きやすいのではないかという気がしている。

 産みの苦しみ、それに直面している日本代表は見守ってあげたいし、自分も頑張りたい。

落合博満さんの名言

 先日、落合博満元中日監督の名言を集めたサイトを見つけた。

 落合さんは、現役時代も監督時代も一癖も二癖もある雰囲気で、その独特の考え方などから「俺流」などと評されもしたが、考え抜かれた意識から出て来る言葉は非常に含蓄があり、惹きつけられるものがある。

 その中で気に入っているのが下記の言葉である。

「最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい。 」

掲載元

 世の中に流行やマスコミの言葉に流されて、呪文の如く耳あたりのよい流行語を語る人が時々おり、例えば「IT」や「イノベーション」などという言葉を中身もロクに理解していないのやたら振り回し、地に足がつかないような方々である。

 聞きかじった流行語でバーンとアドバルーンを上げるはいいが、中身が無い為一つの物に成立させることも出来ずに終わってしまったり、始めたとしてもきちんとした理念や目標に向かって行動する意識や、忍耐力が無い為に途中で飽きて尻すぼみになり、結局は周りの人に尻拭いをさせるような場合が多いのである。

 そんな人を見た時、この落合さんの言葉はぐっと腑に落ちる。

 感覚や時の勢いだけで物事に取り組むというのは、表面的な完成形だけしか見えておらず、継続性に対する覚悟や意識もないため、結局耐え切れず長続きしないのだろうに思う。

 どんな些細な事でも、一つのことを成し得るには勢いだけでは目標に到達できるわけではない、落合さんのこの言葉はそう言いたかったのではないかと私は思っている。

人生は休日の過ごし方で変わる。

 先日惜しくも準決勝で敗退してしまったWBCの侍ジャパンであるが、一部の選手や首脳陣たちの休日やオフ時間の過ごし方に批判的な記事があったのを見つけた。

 一部の選手たちが休日返上で練習を行なっている傍らで、監督が映画館で映画を観ていたとかコーチが関係ないイベントに参加していたとか、選手たちが夜遊びにうつつを抜かしていた云々の記事である。

 まあ休日であったりオフの時間帯であった模様だから、拘束される義務のない時間帯の出来事であり、基本的にはその時間をどう過ごそうと個人の自由であって法律に違反するような行為でなければ非難することはできないと思う。

 ただ休日に何をしてもいいと言っても、野球と全くない行動をしていた姿は応援する側から見れば期待外れの姿だったことは否めない。

 もちろん、体を休めたりリラックスするための気分転換の日や時間は必要だと思うが、1年もの長丁場の中の1日だったのならともかく、たかが1ケ月程度の合宿から本番までの日程で、しかも本番直前の大事な時期に目先のこととは全く関係ない時間の過ごし方は、目標に対する熱意がなく、参加そのものが彼らにとって義務で仕事だったというようにしか見えない印象となる。

 まあ義務でもなんでも協力してくれたわけだから彼らを責めることはできないものの、目標に対する熱心さに欠ける姿を感じ敗退の結果以上に失望を感じたのは私だけではないだろう。

 もし目標に対する熱意を持って参加していたなら集団での行動は休日であったとしても、集団に拘束されていない時間だからこそできる目標のための行動は幾らでもあっただろうに思う。

 引き合いに出して申し訳ないが、元中日の落合監督や日ハムの栗山監督などは休日でさえ野球のことから頭から離れず、どうやったら勝てるかそればかりを考えていたという。
 時には休日を返上して選手の練習に付き合うようなこともあったというから、これらに比べると今回の首脳陣の目先の目標に対する熱意が、彼らほどに感じられないのは確かである。

 今回のWBC参加に際して色んなごたごたがあって、時間的不足が生じていたことは仕方ないにしても、熱意を持って行動していれば十分対応できたと思うし、休日の過ごし方も変わってきたと思われ、今回その熱意が見えずに結果的にあのように敗退してしまったのはやはり必然なのかなと思われる。

 振り返って我々のことを考えると、休日の過ごし方というのはやはりとても大事である。
 
 平日にたまった疲れを取るのも大事な役割であるし、精神的にリラックスする時間を確保し平日にバリバリ仕事をするための鋭気を養うという過ごし方もある。
 また趣味を追及したり、仕事以外の人的交流を深めるというのは平日にはなかか出来ないことであり休日ならではのプラスアルファである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 仕事を平日の出勤時間で完結させようとする人に有能な人はまずいないと言っていいし、趣味の知識や好奇心、人とのつながりなどを仕事へ活かしている人ほど仕事でも活躍している。 そういう人はやはり休日をうまくつかっており、仕事へ繋げると言っても決して平日の延長の仕事で潰されるだけではない時間の過ごし方をしている。
 もちろん寝て過ごす休みだって、眠り方一つで平日の鋭気は違うだろう。

 子供たちや学生だって学校の勉強をしているだけでは社会で通用する人間には絶対になれないわけで、放課後や休日に遊んだりアルバイトをしているうちに社会で生きる術を身に着けるのである。

 もちろん平日は生活の基礎になるわけだからその過ごし方が重要であることは言わずもがななのだが、人としての価値や個性のプラスアルファを決めるのはやはり休日である気がする。

 人は休日の過ごし方ひとつで人生のその先が変わってくるように思われるのである。

 原文

時間があれば何だってできる。

 最近この年になって思うのは、人生は時間があれば何だってできるということ。
例えどんなに難関と言われるということでも、時間さえあれば何だってできると思う。

 家を沢山持ったり、世界中を旅行したり、10か国語をペラペラになるまで練習したり、更には今から司法試験に合格したり、医師になったりすることだって不可能な事じゃないと思う。

 たいていのことは時間をかけて努力すれば、実現できない夢なんてない。

 まあ才能があるかどうかはともかくプロ野球選手なんかだって相当コツコツやれば、目指せるのではないかと思う。

 
そう「時間があれば人は何だってできる」のである。

しかし、言い換えれば

人間に与えられている時間は限られているので、人生で出来ることも限られている。

ということになる。

人間はいつまでも若くはない。
体力はいずれ衰える。
若く成長できるのはせいぜい20代後半まで。
寿命だってせいぜい80年で、それ以上長生きできたとしても
80歳の体力で新たにゼロから挑戦するのはかなり大変だろう。
 
そして何かを学んだり、努力をするためには時間がかかる。
その何かを学んでいる時間、何も食べずに生きられればいいが、
残念ながら人が生きている限り、食事をしなくちゃいけない。
どこかに住まなくちゃいけない
場合によっては他人を養わなくちゃいけない。
そのためには誰かの世話になるか、自分で稼がなくちゃいけない。
そしてご飯を食べるのにも時間がかかる。
風呂に入るのにも時間がかかる。

そして1日の1/3~1/4は寝る時間を取られる。
残念ながら人間は寝ないと生きていけないのだ。

そう考えると、人間が何かをやろうと考えた時、
使える時間は非常に少ないことに気が付く。

だから人は目指す山はそんなに幾つも選べない。 
人はどんなに大きな夢でも、どんなにたくさんの夢でも持つことができるが
叶えられる夢は限られている。

そう、人生は限られている。

写真はイメージ

写真はイメージ

(私の嫌いなS氏も同じようなことを言っていたらしいが、決して受け売りではない)

だから人はそれぞれ違う自分の山を目指していて、小さな夢を沢山実現している人もいれば、とてつもなく大きな山を目指してずっと夢の途中の人もいる。

だから人生の途中で一つの山に登れたとしても有頂天になって自慢してはいけない。

それはその人が時間をそこに使っただけ。
ほとんどの他人は目指す山が違うのである。

だから私も、明日何をすべきかを考える。

原文

目標には中身が伴わないと駄目でしょう

万博の初日から入場者数を毎日ウォッチングしているが、初日が20万人程度で、当初予想の30万人より少ないと報道がされたが、その後も伸びる傾向は出てこない。連日の暑さという要因もあるが、昨日は14万人弱まで落ち込んだ。

 184日の会期で7000万人の目標、つまり一日40万人弱の入場を目指す上海万博としては予想外の低調ぶりといえる。

 しかしである。

 じゃあ会場内が閑散として賑わっていないかというと、そんなことはなく人気パビリオンは数時間待ちはザラで、予約券を争って争いが出来るほどの人気ぶりであるとの報道が伝わり、普通に言えばイベントとしてはかなり成功しているといえる。
 
 では何故入場者数が低調なのか?

実は入場者数が低調なのではなく目標が大きすぎるのである。
そして、その大きすぎる目標を達成するためのキャパが、万博会場に用意されていないというのが最大の要因である。

人気の中国館を例に取れば、一日に配られる予約券は3万枚、つまり1日3万人しか入場できない

これは過去3日間の入場者数から言えば、計9万枚が配られたとしても、全体の20%にも満たない数字である。
さらにもし想定の40万人が入場したとすれば、中国館に入場できるのは全体の1割弱だということになってしまう。

まさか会期中に10回通う人間が大勢いるとの想定の数字でもあるまい。普通の人なら多くてもせいぜい2~3回というのが関の山だろう。
つまりほとんど多くの人は万博会場に入場しても中国館の中を見られないで帰らなくてはならないというのが現実である。

 これではせっかく高いお金を払って入場したとしても、そんな一部の人しか人気をパビリオンを見られないのではわざわざ訪れる意味がないというふうになってしまう。
こうなってしまえば、入場者数がますます低く推移してしまう。

こういった滑り出しの現状に対して、万博事務局が今後どういった対応をとるか分からないが、今のままでは目標7000万人どころか半分も危ういと思われる。

 まあ例え総入場者数が3000万人程度だったとしても今の盛況ぶりが続くのであればイベントとしては大成功だったと評価してもいいが、当の事務局はどう判断するのであろうか?

 もし、7000万の目標にこだわるのだとすれば、少なくとも入場者の半分近くが中国館を見られるようなキャパを用意するべきである。

 どんなに目標だけ高くてもそれを実現できる中身を計算しておかなければ結局は絵に描いた餅にしかならない。

 ちなみに私の予想は総入場者数3200万人程度、1日平均18万人弱である。これとて2000万人の入場者が中国館を見られない計算になる。さて果たしてどうか?

 是非半年後の結果を待ちたい。

原文