性能4倍価格は1/3、パソコン5年の進化

 中国へ来て5年経った記念ということではないが、とうとうパソコンを更新した。

 前回購入したのは前の会社を辞めた日で、会社を辞めたその足で退職金を引出しその場で秋葉原へ向かって購入した1台だ。

 あれから5年を超えてずーっと上海で使用していたが、電池やDVDドライブなどあちこち故障し満身創痍の状態となり、さらにどうも今年の夏からパソコンが起動しなくなったりなんだのあり、業務にも支障が出てきていたので更新することにした。

 現行機種に愛着があったので修理して繋ぐという手もあったが修理代だけで新品が何台も買えそうな感じであったので、潔く更新することにした。

 さて、後継機種を探し始めて驚いたのがこの5年間におけるパソコンのスペックの上昇と低価格化である。
 5年前の購入時にはパソコンとはかなり意を決して買わなければならない価格だったものが今は数万円で手に入るようになった。しかも当時より何倍も性能がアップしているにも関わらずである。

 そして今回決めたのが従来と同じSONYのVAIOブランドのパソコン。

 何よりブランドの信頼性とデザインが美しかった。

 スペックも申し分ない。メモリ4GB、HDD640GB、CPUがCore3の4スレッド(2.1GHz)であり、全ての主要スペックで現行の4倍となってしまった。
(CPUはシングルだったから4スレッドで4倍)

写真はイメージ

写真はイメージ

 さらに買ったマシンはオフィス2010のソフトまで入っている。

 そして価格面は5年前の1/3である。

 つまりトータル12倍ものコストパフォーマンスアップとなった。

 価格ドットコムのレビューにはああだこうだ細かな短長所を書き込んでいる人もいたが、まあ私にとっては12倍の性能アップだけで十分である。

 CPUについてはもっと高性能なものを選択する手もあったが、そうすると電力消費も多くなり電池の持ち時間に影響するので、ゲームをしない私にとってはモバイルで使うことを優先して無理にCPUのクロック速度を上げる必要はなかった。
 実際、人間に実感できるほどの差はないのである。

 そして使い始めてみてかなりストレスがなくなったことがよくわかる。
まあ旧機には悪いがこれから新相棒と今後仲良くやっていけそうな気がする。

 是非故障せず頑張ってほしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com