Tag Archives: 道具

医療は30年前から進歩していない?

 先日入院していたときに、お笑いの爆笑問題の2人が天才心臓外科医の南淵明宏氏を尋ねるというテレビ番組の企画を偶然見た。

 ちょうど自分が入院していたということもあり、興味を持ってじっくり番組を見たのだが、その時その医師が話していたことの中で興味深かったのは、医療の最前線は実はあまり進歩していないということだった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 進歩していないと言えば語弊があるかもしれないが、「最新の医療」と言われて久しい今日でも、医療の最前線では非常に昔ながらのアナログな医療が行われ使われる器具もあまり変わっていない状態だというのだ。

 その一例が人工心臓弁で、実は30年前からデザインが変わっていないという。
 もちろん色んなメーカーが新しい心臓弁の開発を試みてはいるものの、その30年前の製品を上回るものは生まれてこないのだという。

 このことは実は患者にとっても安心材料で、この心臓弁を使うのはあなたが初めてですというより、30年前からみんなが使っていると言う方が患者が安心するとのこと。

 また心臓手術の際に使用される縫合用の糸も昔から同じものを使っており、その後接着剤など色んな方法が試みられたが、糸による縫合を上回る技術は生まれていないのだという。

 もちろんこの30年の間に検査機器などは発達し、非常に精度の高い検査は可能になってきたが、医療行為という人間に接する最前線では昔ながらの非常にアナログなことが行われているのが実態だということ。

 そういった意味で巷で言われる「最先端医療」という言葉の意味するものは何なんなのかを考えてしまうとしたこの医師の言葉が印象的だった。

 そういえば私の手術の時も、鼻茸の切除部からの止血をするのに止血剤は点滴に入っていたが、あとはガーゼを当てて圧迫して止血するという方法で、よく考えてみれば非常に原始的な方法であったという気がする。

 ともすれば我々患者側の人間は医療の最先端信仰に陥いりやすいが、実はそれは幻のようで、医療そのものは何十年も本質的なところでは変わっておらず、医療の良し悪しを左右するのは実は技術ではなく医師らの人間の資質なのかもしれないと感じたのがこの番組だった。

 まあそういう意味で、毎日のように休まず患者に接しながらも、命への畏怖を忘れないこの医師はやはり現代の名医の名にふさわしいのだろう。

業務改善は技術より意識

 最近、アプリケーションソフトの会社やコンサルト系の会社から売り込みの電話を受けたりするのだが、大体はあまり話を聞かず断わっている。

 もちろん費用が発生する話であるから財布を心配して渋るという理由もあるのだが、理由はそれだけではない。

 彼ら営業の話は、そこに有用な話が含まれていたり、世間の動向を伝えてくれたりするので、情報を仕入れるという意味では話を聞いたり、会ったりする事は決して無駄なことではない。
 しかも彼らが提案する内容が実現すれば、それなりの業務改善が出来るのであろうと思える場合も少なくない。

画像はイメージ

画像はイメージ

では、何故断わるか?

 実は日本の会社にいたときも、今の会社になってからでも状況を好転させるための無数の仕組みや制度などを取り入れてきた。しかし見られた効果はごくわずかだった。

 それは何故か?

 実は優れた仕組みのソフト、システムを取り入れたにも関わらず、それを使う側の人間の意識が低く、その新しい制度や仕組みを面倒くさがって活用しないからである。
 それがきちんと活用されていれば、それなりの効果があったはずであろうと推測されるにも関わらず、ほとんど活用されずに効果もそこそこに終っている。

 つまり彼らの提案が悪くないものであっても、それを活用する人間の意識が低くければ、結局は宝の持ち腐れになる。

 しかも制度や仕組みを準備した苦労の分だけ骨折り損になっている。

 もちろん、取り入れた制度やシステムに使いにくい部分があるというのも一つの要因かもしれないが、活用して業務を改善しようとし意識が高ければ、その使いにくい部分を改善しようとするに違いない。その意見が出てこないということは結局は活用の意識が低いということにほかならない。

 にもかかわらず、そんな技術を活用しきれない人に限って、さらに業務改善のプレッシャー受けると技術的な部分に答えを求めようとする。
 でもそれではやはりうまくいかない。

 そんな事例を沢山見ている。

 だから敢えて、新しい提案はとりあえず断わる。

 意識が追いついていなければ無駄金になるからだ。

 そんな金を払う前にやるべきこと、やれることは幾らでもある。

 業務改善は技術より意識の問題である。

道具自慢する奴ほど仕事をしない

iPadが日本で発売された。

 この製品の良し悪しについては手にしたわけじゃないので何も言うべきところはないが、iPadに限らず、この手の話題の新製品を手にして自慢する人ほど間抜けなことはない。

 あのような新製品ツールは、手にしただけで仕事ができるようになったとか、仕事をしたつもりになってしまうような一種の勘違いの催眠術にかかりがちだが、もちろんそれは大いなる勘違いでしかない。

 つまりツールはツールでしかなく、本来の仕事は仕事の結果で評価が決まるので、道具を自慢しても何にもならないからである。

 しかも本当に仕事を頑張っている人は、仕事の中身ではなく道具を評価されることを嫌がるであろうというのは想像に難くない。

 何故ならツールのお陰で仕事に成功したといわれてしまったら、誰でもそのツールを手に入れれば仕事ができることになってしまい、本人の評価は上がらないからだ。

 また、実際にもしそのツールのお陰で仕事を成功したとしても、普通のビジネスマンの感覚ならば簡単に自分の手の内を明かさないのが、競争社会の常識である。

写真はイメージ

写真はイメージ

 自分はこのツールをこうこう利用したから私は成功したんだなどと、手の内を明かしてしまうような行動は全く間抜けともいえ、もしそれをライバルに真似されてしまえば、競争社会の中で敵に塩を送ってしまうことになるからである。

 仮にもし手の内を明かすことがあるとすれば、もうその時点で手の内を明かすこと自体が目的となり、もともとのビジネス競争からは一歩退いた意味合いになる。

 結局のところ、新製品ツールをわざわざ自慢する人は、それを生業とする人かほとんど仕事をできない人が催眠術にかかって自慢することに他ならない。

 能ある鷹は爪を隠すのである。