PM2.5は実は毎年累積増加している?

 上海の大気汚染がここ一か月あまりの間、非常に悪化して深刻化している。
今日なんかはまだ天気がよかった方で大気の状態も良い状態だったが昨日は酷かった。

 この状況は上海だけでなく先日飛行機の上から華北エリアの状況を見たところ、山全体に霞がかかったようになっており、あれも単なる霧というよりやはりスモッグのような状態かも知れないという印象だった。

 こういった大気汚染の状況はここ数年、年を追うごとにひどくなっているような気がするが、これは一体どうしたというものだろうか?

 確かに中国全体で経済の発展とともに自動車の保有台数も急速に増えており、これ
が大気汚染を悪化させているという説が一番有力なのは知っている。

 また発電量の伸びから、火力発電所からの汚染物質排出量も増えていることだろう。

 しかし、それと同時に僅かながらとはいえ、環境技術も発展してきているはずで悪
質な排気ガスを出す自動車や発電所は淘汰されつつあるはずであり、ここまで年を追うごとに大気汚染が悪化するというのはやや理解しがたい状況ともなっている。

 つまり去年と同程度なら理解できるが、より悪化しており、さらに大気の悪化の速度の割合と車両台数の増加速度が一致しないような気がするのである。

 つまり大気汚染の速度の方が速いのではないかと。。。

 そこで一つの仮説を考えてみた。

 その仮説というのはPM2.5のような汚染物質は、実は前年や前々年からの累積蓄積されたものがあるのではないかということ。

 つまり今年の汚染された空気は去年の状態に今年の汚染物質が加えられたものが漂っているのはないかという気がするのである。

 夏の間の空気が綺麗だとされている期間はどこか地上に降り積もった状態で残っているか、或いは上空に吹き溜まりのような場所があってそこに漂っているような状態で夏を越え、毎年冬になると気候の影響で地上付近に降りてくるそんなメカニズムでもあるのではないかということである。

 こう考える理由として、以前から言っているようにPM2.5という汚染物質は気候条件によって一時的に街から拡散することはあっても、物質そのものが消滅するわけではないので、どこか別の場所に移動しているだけと考えることができる。

 もちろん、それが少量ならば最終的に海に吸収され、気にすることの無いほどに希釈されるのだろうが、世界の陸地の6%もの国土を持つ国大な中国を覆う大気汚染物質は、ちょっとやそっとでは薄まらず、海や陸に吸収されず残ってしまう可能性がある。

 それ故に夏の間に希釈されきれないまま再び冬を迎え、当年の新規の汚染物質を加えて、前年より悪化した状態での汚染物質が漂っているという形になってしまうことになる。

 もしこうだとすると当年の汚染物質排出量をちょっとやそっと絞ったところで環境対策として追いついていないことになり、既に排出してしまった汚染物質の回収といったような作業が必要になるような気がする。

 まああまり現実的ではないかもしれないが、今時点でやるべきことは巨大な空気清浄機のような物をガンガンに回して、PM2.5物質を回収するような措置だということになる。

 巨大空気清浄器が無理ならば森林植樹を懸命に行い、植物に空気を浄化してもらう方法もあるかも知れない。

 何れにしても、もはや汚染物質の排出を絞る程度では追いつかない気がしており、累積蓄積していそうな汚染物質の回収を考える段階にきているのではないかという気がしている。

 中国の大気汚染は世界に多大な迷惑をかけているのであるからもっと踏み込んで対策を考えるべきだという気がするのである。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com