Tag Archives: 記憶

人生の棚卸し

 以前「上海からの卒業を考える」で書いた通り、現状の生活が安定しなくなってきたため、転職を探ることにした。

 まずはとっかかりにと、求人情報を探ろうと改めて転職サイトに登録しようとしたのだが、登録作業中になんと、そのメールアドレスは登録済みとの表示が出てきた。
 どうやら過去のアカウントが残っていたようである。
  最後に使用したとのはいつだか忘れたが、最初に登録したのは恐らく、10年以上前のことである。

当然パスワードなど覚えているはずもなく、「パスワードを忘れた」をクリックして、パスワードを再発行していただくことになった。
 で、パスワードをもらって再度ログインして見ると、なんと過去の登録履歴がそっくり残っていたのである。
まあ直近の現職の情報などはさすが私が登録作業をしていないので掲載されていなかったが、過去のものはそのまま残っていた。

 「おお、これは助かる。」

 転職作業において、何が大変かといえば、履歴書の作成と業務経歴書の作成である。
 直近の現職の説明だけならまだしも、学校を卒業してから現在までの業務経歴をまとめるのは結構骨の折れる作業なのである。

画像はイメージ

 もちろんこれが無ければ相手に自分が何者であるかを知っていただけるはずもなく避けて通れない作業である。
 しかも、手元に当時の資料などほとんど残っていないので、過去の経歴をまとめていくのはかなり至難の業である。

 そこへこのように資料が残っているのは非常に助かる。

 ただ逆に考えてみると、この転職サイトの会社はこれだけ詳細な個人情報をそのまま丸抱えして保存していたということになる。
万が一、これが流出するとなると大変な問題ではあるし、社会問題化するレベルである。

 また労働者のうち、どのくらいの割合の人がこういった転職サイトに登録しているのかは調べたことがないが、管理する側にとっても保存データ量は結構膨大になり、それなりにコストがかかるともいえる。
 それでもこうやってデータを残すということは、ビッグデータとしての活用を考えれば十分保管価値があるということなのだろう。

 最近問題になった辞退率のサービス提供のような件も、こういったビッグデータがあるが故の商売なのである。

 とは言え、利用する側からするとかかりつけ仕事の主治医みたいなもので、常に我々の業務経歴を保管・記録して頂けているおかげで、次の転職活動への作業負担も軽くなり、非常に助かるのである。
(正しい情報を本人が正確に申告しているかという根本の問題もあるが)

 こうやって民間の転職サービスの現実を知ると、日本の職安というのは公的であるが故なのか、かなりマス目が大雑把すぎて、それなりのキャリアがある人が利用してもほとんど役立たないだろうという気がする。
 もちろん雇用保険の関係があるので通わないわけには行かないのだが、最低限のセーフティネットでしかなく、そこだけで理想の就職が実現できるものではないだろう。

 ところで、改めて記録に残っていた過去の職務歴の記入を見ると、経験業種などの記入がかなり適当であったなと、恥ずかしくなっている。
 そもそも、初めての転職の頃は、自分の経験業種でさえ人材分類上でどういった職種の職業として分類されるのか分からないので、やたらめったら幅広く経験業種にチェックを入れてしまっていた。

 もし、それが全部出来たら私はオールマイティのスーパーマンになってしまうほどである。

 相手方の採用担当者がそんな経歴を見てスカウトされてもそんな仕事は出来ないし、困るのは私なので、改めて登録情報を見直し、どんどんチェックを外していった。
その結果、かなりすっきりしてシンプルな経歴表記になった。

 逆にシンプル過ぎて、ああ自分には僅かな経歴や経験しかないんだなぁと少々落ち込み気味にもなった。

 とはいえ経歴が多いということはそれだけ転職が多かった証しともなり、職務ごとの専門性はそれだけ浅くなるのだから、人材価値が高いとは言えなくなるので決してプラスとは言えないのかもしれない。

 むしろ、専門性が高い職種をそれなりの期間務めれば、スキルは高まると評価される。
 もちろん長ければ良いというものではないが、人間の業務能力の幅には限界があるが、深さには底がないため、経験業種は数よりも一定年数が求められるはずである。

 さてさて、このように毎日せっせと準備は進めているが、就職は恋愛と同じで点数を満たしていれば合格というものではなく、相手の組織の都合と、こちらの要望がタイミングよく合致しないと成立しないので、能力も必要だが運次第でもある。

 また、こちらの気持ちの面でもエネルギーを溜めてテンション高く面接に臨むのと、気持ちが下がっている状態で臨むのでは結果が違うと考えられるので、なるべくテンションを高い状態で転職活動に臨めるよう、日々モチベーションを高めよう試行錯誤している。
 このように転職準備を行っていると、過去の人生の棚卸しをしているような気分になり、いろんなことを思い出しながら何とか準備を進めている。

果たして私の未来はいかに?

雇用保険の統計調査問題

 日本の国会で、雇用保険の基礎となる統計調査問題が盛んに騒がれている。
 本来従業員500人以上の事業所全てを対象にしなければならない調査を1/3に絞って行っていたというのである。
 これにより、平均賃金が低く抑えられ雇用保険の給付額に影響し、不当に支給額が抑えられていたということのようだ。
 このため、厚生労働省では当時に遡って再計算をし、不足額の追加給付を行うとしている。

富士山とスカイツリー

富士山とスカイツリー


 
 このニュースを聞いて、自分が上海にやってきた時期を確認してみた。
 日本の会社を辞めたのが2006年だから平成18年であり、ちょうどその時に重なる。
 従って、私も追加給付の対象となりそうだということが分かった。

 しかし、私の場合は求職期間が4カ月だが、自己都合退職であったため待機期間が3か月ほどあり、雇用保険をほとんど貰っていなかったような記憶がある。
 貰っていたとしても何週間もないようなごくわずかな金額のはずである。 

 従って、今回追加給付があったとしても、ほとんど期待できないほどにしかなさそうであり、臨時収入の期待がちょっと萎んでしまった。

 また、制度状況を調べているうちに、再就職手当なるものがあることを思い出したが、これもやはり貰っていない。
 何故申請しなかったか忘れたが、雇用期間単位が1年に満たなかったからなのかもしれないが、とにかく貰ってないことは、覚えている。

 結局何だかんだ公的なサポートを得られない状態で中国へ来てしまったのが当時の状況だったことを思い出した。
 今思えばもう少し制度の恩恵に授かっておけばよかったかなとは思うが、その時の流れなので仕方ない。

 ところで、この雇用保険問題について同時に思い出したこととして、実は自分は統計データを報告する側の仕事もやっていた。
 確かに当時の記憶では、確かに3年に1回の割り振りが回ってきて、せっせとデータを処理して報告していたような気がする。
 私のいた会社が特に悪いことをやっていたわけではなかったが、今になって当時のあの時のことがこのように問題になるとは思いもよらなかった昨今の報道である。

思い出のホルストの「惑星」N響&デュトワ

先日YOUTUBEをチェックしていた際に、ふとシャルルデュトワ氏指揮NHK交響楽団の演奏によるホルスト作曲の組曲「惑星」の演奏映像に出くわした。
見始めた途端に出足の1曲目「火星」から非常に熱い演奏で、すぐに引き込まれたのである。
優等生的な演奏を見せる普段のN響とは一味違う熱い演奏で、さすがシャルルデュトワ氏だなと感心するような、オーケストラのドライブ振りを感じたのである。

そしてその熱さを感じ取ると同時に、非常に懐かしい記憶が私の中に湧き上がってきた。

そう、私の記憶に間違いが無ければ、この収録が行われた演奏会場(NHKホール)に私もいて、実際にこのライブ演奏を聴いていたのである。

あの日も一曲目から鳥肌が立つほどの強烈な印象を受けた記憶があり、映像の中で演奏されるあのリズムやパッションは確かに一度体験したものとして、体が覚えていたのである。
それを、映像を通してではあるが、演奏を再び耳にすることにより今回約20年ぶりに記憶が甦ったのである、

人間の記憶というのは不思議なもので、昨日まで忘れていた時間の体験について、音楽を聴くことによって体の感覚までもが記憶として呼び戻されるようである。

実はこのコンサートは私の「惑星」という曲に対する印象を一変させた演奏という意味でも思い出深い記憶であり、さすがデュトワ氏、さすがN響だなと感服した時間であったことも覚えている。

その記憶は最後の女声合唱が消え入るところまで残っており、曲全体を通してまさにあそこに自分がいたなという感覚を映像(音楽)は思い出させてくれた。

まあこうやって振り返ってみると、実はもうあの時から20年を経たことに気づくのであり、時間の経過の速さに寂しさも感じるが、記憶を甦らせてくれる音楽って改めて凄いな感じた記録映像であった。

忘れていること

 先日、久しぶりにあった友人に
「その後、鼻の状態はどうですか?」
と聞かれた。

 そう私は今年鼻の手術をしたのであったが、すっかり忘れてしまっていた。

 つまりしっかり忘れてしまうほど本人はすこぶる快調になっていて鼻が詰まることもなくなっていて無事呼吸も出来る。

 人間、健康になると病気だった時のことは忘れてしまうようだ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかし、退院直後に私が鼻に詰め物をしていた姿を見てしまった人にとっては、強烈なインパクトがあったようで、いろんな人に再会するたびに同じことを言われる。

 まあ、それだけ人に気にしてもらえるというのはありがたいことであるが、ここだけの話、すっかり忘れてしまっている自分にとっては、いちいち回答するのはちょっと面倒くさい。

 でももう自分にとっては過去のことなのだと思っていても他人にとっては時間がつながっているのである。

 まあ都合の悪いことは忘れてしまうのが人間の頭の構造なのかもしれないが、それを仕事で平気でやる人も時々おり、その面では人間の頭の仕組みは困ったものである。

 本人は忘れた、忘れたいと思っていても他人はいつまでも覚えていることを肝に銘じるたい。

鶴の折り方を忘れていた

先日、ある友人のお店に行った時、店に飾る鶴を折るのを手伝ってくれと言われ、「ホイ来た」と安請け合いをしてしまった。
鶴なんぞ十年以上折っていなかったが、子供の頃さんざん折ったので体が覚えているだろうと折り始めた。

で、対角線で4つ折りにして、そこから展開をして正方形の状態になったまでは良かったが、はたとそこから先が思い出せなくなった。

「あれれ?ここからどうするんだっけ?」、、立ち往生である。
確か細長い形に展開するような気がしたが、どうやっていいのか分からなくなった。
ああだこうだこねくり回してみたがどうにも思い出せない。

こうやって取り組んでみると鶴の折り方を考え出した人は凄いなぁと、こんな状況にも関わらず、昔の人に妙に感心しつつ暫くの間こねくり回していた。
たかが折り鶴のことであるが、外国にいる日本人として、鶴を折れないと何となく恥ずかしい気がして意地になっていた。

するとなんとなくおぼろげに思い出してきた。

こうやって、ああやって、うーん、、、、、、あああ、できた!!
何とかかんとか完成形まで持っていくことができた。が、この間30分近くかかった。
しかも、こねくり回したお陰で紙がぐちゃぐちゃで、しかも折り方が非常に汚くなっていた。

 これではあかんともう一枚紙をもらって再挑戦し二つ目は今度はそれなりに綺麗に折ることができた。何とか面目躍如というところである。

うーんそれにしても人間の記憶とは悲しいものである。子供の頃あれだけ折ったのに忘れてしまうなんて、
 しかも中国では折鶴には愛情表現の意味があるようだから、それを忘れていた私はつまり、、、そういうことになってしまう。
 まあ今回思い出せて良かった気がするが、今後も忘れないようにしないといけない、いろんな意味で、、、。

原文