Tag Archives: 地球

宇宙に宇宙人や生命体がいるか調べる前に考えること

先日ラジオで、この宇宙には地球と同じような生命体を持った星が確率的に必ずあるはずといったような話が展開されていた。

この話の発端は、宇宙人は何故「○○人」と呼ばれ、宇宙の生命体は何故「人」限定で呼ばれているのかという点だったと思う。

まあ我々人間が人であるから、宇宙の生命体も「人」であるかのように思うのはごく自然な話ではあるので、致し方ないところではある。
ただ、私としてはこの話を聞いていて、宇宙人が「人」でなくなれば解決する話なのかという疑問を持った。

つまりその地球外生命体的な概念を「宇宙人」ではなく「宇宙生命体」と呼び変えたとしても、結局は人間の勝手な観念の枠組みを出ないものだという気がするからである。

すなわち生命体とか生命という概念自体が人間が勝手に作り出した概念に過ぎないわけで、つき詰めれば人間が生命だと思っている現象も、宇宙の中では一つの物理的現象に過ぎないと言えるかも知れないからである。

我々人間は、ある物体を指して勝手に生命を持っている、持ってないなどと勝手に区別しているが、それも実は物理的現象の一つの状態の違いに過ぎないのかも知れず、生命という絶対的区分があるかどうかは実は怪しいのである。

例えば死生の区分一つとっても、私という一人の人間の肉体が動かなくなれば、まずは社会的には個体の死として整理されるが、もし私に子供がいてDNAが受け継がれれば、DNAが死んだということにはならない。

さらにもし子供がいなくて私の肉体が朽ちてバクテリアなどに自然分解されれば、それもまた命を繋いでいるということが出来る。

これらのことを考えれば、元の個体の肉体は死んだとしても生命の受け渡しがあり、命が繋がっているとも言える。

そして宇宙的に突き詰めて言えば私の肉体を構成していた分子原子の要素が物理的に消滅しなければ、その物質はどこかに何らかの形で受け継がれるわけで、言うなれば人の死もまた物質の物理的現象の一つでしかないとも言えるのである。

 そして肉体だけではなく、我々人間は日々の時間を自分の意思を持って生きたり、或いは宗教的観念に支配されて生きていると自我を意識して生活しているが、実はこの意思すら人間という個体の中での物理現象の表出に過ぎない可能性もあるのである。

 つまり人間の自由意思など本当は存在せず、そういう意思があると思い込む脳内物質の動きによってそう感じているにすぎないという可能性があるということであり、物理的法則に支配された結果、何かを感じたり考えている可能性があるのである。

 なんだか複雑な話で恐縮だが、とどのつまりは人間が地球を飛び出し広い宇宙の中で生命体を探すという行為自体が、実はナンセンスなのかもしれず、まずは生命という現象区分自体をもう一度物理的尺度で見直す必要があるのではないかという気がする。

 そこが分かって無いと、他の惑星に高度な文明がある星があるかもしれないなどと考えて広い宇宙を探し回ることになり、まあこれらは人間的なロマンとしては面白くても、実は的外れな宇宙の捉え方なのかもしれないのである。

身を寄せ合う上野のニホンザル

身を寄せ合う上野のニホンザル


ボイジャー1号が太陽系の端に到達

 アメリカの無人惑星探査機のボイジャー1号が太陽系の端っこに到達したというニュースを耳にした。

 打ち上げから実に36年かけて到達したとのこと。

 まあ宇宙探査機としてはこれより5年ほど早く打ちあげられたパイオニア10号、11号のほうが早く木星土星に到達していて、その後も太陽系外に向かって飛行を続けていたはずだが、11号は1995年に、10号も2003年に電波が途絶えたため現在どこにいるかはもう分からなくなっている。

 普通に考えると時間的には太陽系外に出ていると考えられるのだが、小惑星に衝突して壊れている可能性もあって、太陽系の端っこにいったという証拠はどこにもないようだ。

 そういう意味で、ボイジャー1号は今回太陽系の端っこに到達したことが初めて確認された探査機と言うことになる。

 太陽系とその外の違いと言うのは何を持って区切るのかと言うと、太陽から吹く太陽風(空気の風ではなく粒子の風)が届いている範囲とのことで、この風が太陽系の惑星を太陽系外の銀河宇宙線から守っていると言われる。

 つまり宗教的な観念的な意味だけではなく、実際上でも我々の生活は太陽があってこそその庇護の下で暮らせているというのが宇宙の物理学的状態と言う事らしい。

 そんな太陽の庇護を離れていよいよ大銀河の大海原に飛び出していくボイジャー1号だが、電池や通信範囲の面では2020年ころまでは問題ないとされているが、太陽系外部の銀河宇宙線というのは相当強力らしく、外の世界は詳しい情報さえない未踏の地となので、実際はいつまで無事でいられるか分からないというのが科学者たちの推測らしい。

 昔見た宇宙戦艦ヤマトのようなアニメの世界では当たり前の如く1年にも満たない時間の中で太陽系の外に飛び出して行ったが、実際の世界では太陽系の端っこに到達することだけでさえも36年もかかっている。

 まあこれらの探査機は軌道修正以外の推進動力を積んで飛行しているわけではないようなので、今後推進エンジンを積んだ宇宙船が開発されればもっと早く到達できるかもしれないが、いま現在の現実としては36年かけてしか到達できていないのである。

月でさえ遠いのが人類の現実

月でさえ遠いのが人類の現実


 
 36年と言う時間は私が物心ついてから生きてきた時間のほとんどであり、その間このボイジャー1号がひたすらミッションを背負って宇宙の外へ向かって飛んでいたと思うと、そのひたむきさに何となくいじらしさを感じる。

 そしてこんな壮大な宇宙的なミッションに夢を馳せらせていると、一方で地球上で起きている人も住まないちっぽけな島を巡る国と国の争いなどは、何と馬鹿馬鹿しいことだろうかと思わずにはいられないのである。

 ボイジャー1号よ、どうかいつまでもご無事で!

明日は月食

明日の夕方は久々の月食が見られる!といっても中国では残念ながら部分月食をわずかに東の空で見られるに過ぎない。月食とは月と太陽の間に地球が入って、月が地球の影の中に隠れてしまう現象だ。当然のことながら月食は満月の時期にしか起こらない。ちなみに言うと月の満ち欠けは月自体に当たる光線の角度の問題であって、本質的に月食とは異なる。
今回全月食がみられるのは北アメリカ大陸西海岸から太平洋上のハワイなどにかけてで。今回は月食観察というには少々物足りない見え方であろうと思われる。しかも東の空の低い位置で起きるようなので、大気が澄んでなくしかもビルが乱立するこの上海では月食観察は望み薄であろうか。中国で完全な月食を見るには2011年まで待たなければならないようだ。
 ただし、その前に来年の8月1日に中国でもう一つの皆既日食という月食以上の天体ショーが待っている。来年の8月1日といえば、オリンピック開幕直前の盛り上がりがピークを迎えている頃である。わざわざこのタイミングを選んで開幕するのか否か実際のところは分からないが、神様の粋な演出で地球最大の祭典も盛り上がることを期待したい。
天壇公園に神が舞い降りるか?