Tag Archives: 臭い

崇明島米より東北米が安心

 今年の春先だったろうか?

 米を買いに行ったときにいつも買っていた一目ぼれの銘柄が無かったので、適当な価格帯の崇明島産のお米を買ったら後悔してしまったことがある。

 何を後悔したかというと、袋を開けた時の香りがとても臭かったのである。

 もちろん、腐ってるとかそういった類の香りではなく、米が持っている特有の香りが非常に臭く、ちょっと食欲がそがれるほどであった。

 まあ、あまり臭い臭いと言ってしまうと、これを好んで食べている人もいるかもしれず、その人に失礼になってしまうかもしれないが、少なくとも私が好む香りではなかった。

 これまでの人生の中で臭いと思った米は初めてであり、5キロも買ってきてしまって処置に大変困ってしまったのである。

 まあ折角買ったものであり、研げば何とかなるかもしれないと思ってまずは研いで炊いてみたが、結果は同じで臭ささは消えなかった。

 じゃあ、臭い物には臭い物をということで納豆をかけて食ったがやはり匂いは消えず、しかも米自体があんまりうまくなかったのである。

 いやあ、とんでもないものを買ってしまったなと品種選びの失敗に非常に後悔したのである。

 残りの米を捨てて、新しい米を新たに買おうとも考えたが、それではあまりにも米を作ったお百姓さんに失礼であり、さすがにそういう勇気は出てこなかった。

 じゃあ、中国人の知り合いに上げてしまおうかとも思ったが、口に合わないからくれてやると言うのもおごり高ぶった日本人のようにも思われそうであり、その行為自体が中国人を馬鹿にする行為にも思え、そう思われてしまうのは自分のポリシーに反してしまうので、結局臭い米を前にして考えあぐねてしまった。

 で、いろいろ考えてみたが、最終的にはご飯の使い方を工夫して使い切る方針で決定した。

 例えばご飯に野菜炒めなどを載せるどんぶり形式の食事を増やし、炒めた時の汁などを大目にかけて味をごまかし食べてることにしたのである。

 このようにしても臭さは抜けなかったが、なんとか食べることができたので、米を捨てずに乗り切ることが出来たのである。

 でもこうやって乗り切った私だが、今後は崇明島米は買うまいと心に決めた。

 故にその次に米を買いに行ったときも、やはり一目ぼれは無かったが、一目ぼれは東北米であり、産地が近ければ風味も近いだろうということで、その時は東北米を買ったらやはり正解だった。

 まあ一目ぼれよりは安かったので、やや質は落ちる面もあるのかなと思ったが、風味に関してはまあ申し分なく、十分口にあうものだったのである。

 うーん、あの品種がたまたま臭かったのかも知れないが、米は産地によって風味が左右されるので、今後は崇明島米は絶対買わず、東北米を食べて行こうと心に決めた自分である。

 原文

臭いがわかるようになってきた!

 ここのところ、鼻の通りが改善し、副鼻腔炎の症状がかなり取れ、苦しんでいた睡眠時の呼吸もだいぶ楽になってきた気がする。

 それに油断したというわけではないが薬が切れて以来時間が無く買い足しにも行っていない。

 でも今のところ幸いにも悪化はしていない。それどころかようやく嗅覚にも改善の兆しが見えてきた。

 先日、街へ出て牛肉面の醤油の香りや、ローカルの食堂のニンニクの臭いを久しぶりに感じ取れたときは大した臭いではないのに、それを感じ取れたことにとっても感動し新鮮さを感じた。

 自分は今までこんなにも臭いがわからず過ごしてきたのかと改めて気づかされた。

 まあまだ比較的強い匂いにしか反応できないので、完全とは言えないが、すくなくとも一時の全く匂いがわからなかった時に比べれば、格段の改善である。

 感覚のことなので、どこまで臭いを感じ取れれば基本的な全快と言えるのかわからないのだが、洗濯物の柔軟剤の香りがわかるようになったり日常の生活にはあまり支障はなくなりつつある。

 もちろん、わかるようになったのはいい香りばかりではない。今住んでいる住宅の階段は少しかび臭いこともわかった。まあこれはこれで嫌な臭いだが今は分かる事が新鮮な喜びになっている。

 あとはトイレの臭いも、、、トイレ自体はさすがに臭ってなく安心したが用を足したとき、便の臭いがわかるようになった。
 逆に言うと今までは全く分からなかったわけで、自分の健康状態をうかがい知る上でかなりの大事な要素であるにもかかわらずそれを感じ取れなかったというのは実は自分の体の危険シグナルを知ることができなかったということであり、そのこと事態が危険な状態であったというわけだ。

 今回戻った嗅覚のおかげで、嗅覚の大切さを感じることになった。
 今まで人間の五感のなかで一つずつ失わなければならないとしたらどの順番ですか?という質問に対し、真っ先に嗅覚をあげていた私だが、今回の件で順位に変動はないもののちょっと気持ちが揺らぎつつある。まあ失ってよい五感など無いということ。

 まあせっかく戻りつつある嗅覚なのでこれに安心せずせっせと節制を続けて、もっと症状を改善し、コーヒーを香りで判別できるようになるまで是非頑張りたい(笑)

鼻の中の万年雪

 先週病院で診てもらった鼻の状態と頭痛が、だいぶ改善はしているものの、まだ完治しないので再度病院を訪れた。
 いろいろ症状の改善具合を医師に説明したところ、やはりまだ副鼻腔炎が完治してないとのこと。
 相当長い期間患っていたので、鼻の中に万年雪のように膿が溜まっているとのことらしい。
 抗生物質でそれなりに改善したが、まだまだ底雪には手が届いていないということのようだ。

 思い起こせば数ヶ月前に原因不明の悪臭に悩まされたことがあり、食道の状態や胃の状態、さらに歯茎など口内の状態などを疑って相当ケアしたつもりだったが結局改善しなかった。今思えば、あの悪臭の原因は自身の鼻の中にあった膿のようである。

 何故、そんな状態を招いたかは今のところ推測でしかないが、やはり以前いた部屋の問題が大きいかもしれない。
 引越し間際には部屋の隅の壁の塗料が湿気で剥がれ落ちていて、地肌が見えていた。上の部屋の漏水なのか気温差による露滴なのか分からないがカビも恐らく発生していたことだろう。
 加えてシャワールームの換気扇も壊れてから大家がなかなか修理に来てもらえなかった。

 これらの要因によって室内の空気環境は相当悪化していたに違いない。寝ている時間に呼吸する空気の量は生活の中で相当の割合を占めるから、ここの空気が悪いということは致命的なのである。故に寝室の空気の状態というのは相当気を使わなければならなかった。

 また加えてこの半年は睡眠不足気味で抵抗力も落ちていたのは確かである。

 とりあえず、引越しをして生活環境を変えたので、恐らくこれ以上の悪化要因は取り除かれたであろう。でも一応念のためシックハウスに効果があると言われる竹炭も室内に設置した。でもこれだけでは悪化を防ぐだけで改善には繋がらない。

 とにかく、この鼻の中の万年雪を取り除いて、睡眠等々を改善しないと寿命にも影響する気がしたので、今回はきちんと直したい。場合によっては長期戦になる可能性もあるが、おいしいものをおいしく食べるためだと思えば苦にはならないであろう。

 とにかくこれからしばらく自分の体と向き合う日々が続く。

 
 

シックハウス対策に竹炭を買う

最近、どうも自分の呼気が臭い気がしていた。元々胃も歯もあんまり良いほうではないのでその辺りに原因がるのではないかと考え、最初のうちは胃薬を飲んで胃の調子の改善に努めたり、歯磨きを必要以上に小まめにしたりして必死に改善に努めてきた。しかしながらどうも改善せず、原因はそれではないような感じがしてきた。

会社にいるときはそれ程気にならないのに、家にいるとき極端に辛い気がするのである。

まだ原因ははっきり分からないがどうやらシックハウスが原因じゃないかと考えるようになった。確かに引っ越してきた直後から窓際の壁が、湿気を含んで傷んできていた。冷房による湿露なのか上の階からの漏水なのか分からないが壁の塗料が禿げ上がるくらい、その付近が湿気を持っているのは明らかなようだった。

湿気があれば当然カビが発生する。恐らくそのカビの菌が部屋中に蔓延して、寝ている間に吸い込んでいるのではないか?最近そういう風に感じるようになった。

まもなく引越しをする予定の部屋ではあるが、このままではそのわずかな期間でさえも、部屋にいる時間がとても辛いので、以前ここのブログに書いた知り合いの竹炭屋の金さんから、急遽竹炭の籠を買ってきて部屋においてみることにした。

買った竹炭

買った竹炭

自然の力頼みなので急激な効果を期待するのは難しいかもしれないが、とりあえず今苦しんでいる症状が少しでも改善することを祈るばかりである。