Tag Archives: チェーン店

上海でムカつく料理の原因は化学調味料

 今日、上海に進出してきている某牛丼チェーンで、すき焼き鍋が安く出ていたので、注文して食べてみたところ、ムカついてしまった。

 ムカついたといっても腹が立ったわけではく、胃が気持ち悪く刺激され吐き気を感じてしまったのである。

 その時点で鏡を見たわけじゃないが、顔も恐らく青ざめ気味になっていたはずで、冷や汗もタラタラのいたたまれない状態になってしまった。
 一応気持ち悪くなった瞬間から食事を止めたので大事には至らなかったが、胃の気持ち悪さは尾を引いた。

 まあ日系チェーンの提供する商品であり、ぱっと見ではあったが食材が悪いということでは無さそうだったし、味もうまいとまでは言えないが、味で気持ちが悪くなるほどではなかったのでそれが原因とは思えるような状態ではなかった。
(ちょっとしょっぱかったが)

 では何が原因でムカついたのかを察すれば、恐らく化学調味料なのではないかと私は推測している。

 私はこの化学調味料、特にスープなどに使われているグルタミン酸の類がとても苦手であり、これらを飲むとすぐに胃がもたれ、ムカついてしまうのである。

 振り返れば日本時代も同様の状況でやはり気持ち悪くなることが多々あった。

 実は日中問わず、割安な外食チェーンを掲げるお店では結構スープの調味料としてグルタミン酸などが使われている。

 例えばしゃぶしゃぶなどもその一例で、よほどの高級店ではない限り、しゃぶしゃぶの鍋の湯には化学調味料が使われ味付けがされており、食べ進むうちに胃が気持ち悪くなり、受け付けなくなるのである。

 そういったお店で食事をするたびに胃がムカつき、顔が青ざめるほど体調を崩すようことになったわけで、最初はアレルギーや自らの体調不良を疑ったが、特定の店舗や料理で起きる現象であったため、調べてみたところスープに原因があることを知ったのである。

 これが昆布などできちんと出汁を取るお店であれば、そういう気持ち悪さは発生せず、おいしく食事がとれるのだが、やはり価格の安い店は総じて化学調味料に頼っており、胃がムカついてしまうのである。

 また上海に来て以降も、そういったスープで気持ち悪くなる体験は何度もしており、最初はやはり体調不良を疑ったが、同じ店の特定の料理で気分が悪くなったことから、調味料を疑うようになった。

 例えば、上海ではしゃぶしゃぶのほかに、デリバリチェーンの「●祥餛飩」のワンタンや、焼き餃子の●海遊龍の酸辣湯など、これらは本来好きな料理なのに何度食べても気持ち悪くなったのである。
 これらは後から冷静に分析すればやはり化学調味料がたっぷり使われたスープだったようなのである。

 逆に、同じように割安であっても、近所のローカルの小さなお店などは、スープを飲んで胃がムカついたような経験は記憶になく、衛生面の心配は多少あっても化学調味料の大量使用ということは無いようである。
 つまり化学調味料に大きく頼らず意外と真面目に料理の味付けをしているようなのである。
(もちろん店によると思われるが)

 こういったことから考えると、上海でも日本でも同じことが言えるが、出汁が主体になっているスープや料理は十分気を付けて店を選ぶべきで、特にチェーン店系のお店は、コスト面から化学調味料の使用が疑われ、気を付けなければならないのである。

 ムカついてからでは遅いのである。


日本の駅そばを思い出す陽春麺~今日のランチ

 今日はお昼が遅くなって食事をどうしようと考えていたが、夜まで待つのはちょっとつらいかなと思い、近所のレストランを訪れてみた。

 今日行ったのは早陸晩玖という中華のチェーン店で、レストランと言うより定食などを提供するお店。

 で、今回頼んだのが

陽春麺

陽春麺

というおそばで5元。

 まあ日本で言う素うどんのような飾り気のないそばで、具も何もないのだがそれ故に安い。

 普段の食事では少ない量だし栄養のバランスも悪いが、今回は空いた小腹を生める程度なのでちょうど良かった。
 
 ところが、この麺のスープが実は結構当たりだったのである。

 特別うまいと褒めるほどではないかもしれないのだが、素朴さ加減が日本の駅そばのスープに似ていてとても優しい印象であった。

 きっと並べて比べてしまえば味は全然似てないのだと思うが、どうも日本の立ち食いそばのスープに良く似て醤油ベースの昆布出汁の利いたようなスープがとても心地よいのである。
 ここに唐揚げでもあれば地元の我孫子駅名物のあの唐揚げそばが再現できるかもしれないと思えるほどに日本のそばのスープと印象は同じだった。

 以前はこの陽春麺のメニューを見てても5元の素うどんじゃ足りないなぁと思って注文せずにいたのだが、今回この味を知って、ファンになりそうな気がする。

 日本の味に恋しくなったらこんな注文もアリかも知れない。

中国のコンビニ弁当が美味しくない理由

 先日、上海に進出してきている日本の某コンビニ関係の会社の人と話す機会があった。

 そこで私が質問したのは、日本のコンビニチェーンが上海に入ってきているのに、何故弁当があまり美味しくならないのかという疑問。

 中国のコンビニ弁当は最近でこそ、まあ何とか食べられるレベル状態にはなっているものの、自信を持って「美味しい!」と呼べるものには出あったことが無いのが実情である。

 それに比べて日本のコンビニ弁当は非常に美味しく、おにぎり一つとっても普通の家庭でもなかなか追いつけない程度に品質が向上している。

 私なんかは一時帰国するたびに、コンビニの食材を食べられることをいつも楽しみにしているくらいである。
 
 もちろん中国には日本の3大コンビニチェーンであるセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートが進出してきており、台湾資本を使うなどテクニカルな点はあっても基本は日本品質に近いサービス方式によって運営が行われており、競争状態にもなっている。

 それなのにである。

 弁当だけはどうも品質が向上していかない気がする。

 やはりコストがかけられないから美味しいものが作れないのか?
 或いは原料調達の品質に問題があるから美味しくならないのか?

 この点を上述の関係者に聞いてみると意外な答えが返ってきた。

 中国のコンビニ弁当の味が向上しないのは、実は輸送温度の規制の問題だという。

 日本のコンビニの場合は、弁当は18℃前後という常温温度により輸送が行われており、これにより弁当やおにぎりの米が硬くならず、おいしさそのままに店舗に運ばれてお客様に提供されているとのこと。
 また常温管理のために腐りにくくするためのPH管理なども行われているという。

 それに比べて例えば上海市などでは18℃の常温輸送は認められておらず、6℃という低温管理のもとで輸送をしなければならないということだった。

 これにより食品の安全性は保たれるが食材は冷たくなり、ご飯などは固くなってしまうのだと言い、電子レンジで温め直しても美味しさは取り戻せないそうだ。

 つまりこの温度規制の影響で中国のコンビニ弁当は美味しくすることが難しいということらしい。

 この規制に対して例えばセブンイレブンは対抗策を講じ、中国の快贅という弁当方式を取り入れ、各店舗でご飯を炊くという手段に出たとのこと。

 どうやら各店舗ごとに飲食店許可を取得しているらしく、この影響で他の日系コンビニに比べ店舗展開速度がややゆっくりなのだという。

 まあこのように日系のコンビニの弁当戦略の足かせとなっている中国の輸送温度規制であるが、これを緩めて他の中国系飲食業界も含めて18℃の常温輸送を始めることを想像すると、今の中国の品質管理の実態では品質に問題のある食品が大量に流通しあちこちで食中毒続出なんて事態が容易に想像できてしまう。

 故に安全か味かと言われたらやはり安全を取らざるを得ず、当面は現状のまま我慢するのも致し方ないようだ。

 低温輸送でも美味しいままのコンビニ弁当の開発をぜひお願いしたいと祈る毎日である。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/network/build-links/optimized/main.html?idbox_store_id=mondejapan-22&idbox_tracking_id=mondejapan-22