日本の駅そばを思い出す陽春麺~今日のランチ

 今日はお昼が遅くなって食事をどうしようと考えていたが、夜まで待つのはちょっとつらいかなと思い、近所のレストランを訪れてみた。

 今日行ったのは早陸晩玖という中華のチェーン店で、レストランと言うより定食などを提供するお店。

 で、今回頼んだのが

陽春麺

陽春麺

というおそばで5元。

 まあ日本で言う素うどんのような飾り気のないそばで、具も何もないのだがそれ故に安い。

 普段の食事では少ない量だし栄養のバランスも悪いが、今回は空いた小腹を生める程度なのでちょうど良かった。
 
 ところが、この麺のスープが実は結構当たりだったのである。

 特別うまいと褒めるほどではないかもしれないのだが、素朴さ加減が日本の駅そばのスープに似ていてとても優しい印象であった。

 きっと並べて比べてしまえば味は全然似てないのだと思うが、どうも日本の立ち食いそばのスープに良く似て醤油ベースの昆布出汁の利いたようなスープがとても心地よいのである。
 ここに唐揚げでもあれば地元の我孫子駅名物のあの唐揚げそばが再現できるかもしれないと思えるほどに日本のそばのスープと印象は同じだった。

 以前はこの陽春麺のメニューを見てても5元の素うどんじゃ足りないなぁと思って注文せずにいたのだが、今回この味を知って、ファンになりそうな気がする。

 日本の味に恋しくなったらこんな注文もアリかも知れない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com