Tag Archives: 漫画

上海の学生が「素晴らしい~」

 別に上海の学生を褒めようというのではない。
 先日の夕方に某サンドウィッチチェーンの店舗で食事をしていたところ、中学生だか高校生くらいの男の子が数人で入店してきた。

 その時にその中の一人が発したのが「素晴らしい~」という言葉。

 その学生たちは特に日本語で会話していたのではなく、中国語で会話する現地の普通の学生さんだったが、なぜかはっきり「素晴らしい~」という言葉が出てきた。
 恐らく大して意図をもたない状態で発した言葉だと思われ、ガチョーンとかイェーイとかと同じように、何となく口をついて出ただけのようだった。

 しかし裏を返してみれば、その学生にとってはそれだけその「素晴らしい」という言葉が彼らの脳裏に焼き付いてしみ込んでいるという言葉でもあり、それだけ日本の文化に触れている環境があるのだろうと察する。

 例えばアニメだったり、ドラマだったりなどを見ていないと、なかなか日常生活の中で「素晴らしい」という外国の言葉は口をついて出てこないだろう。

 この学生さんのケースにとどまらず、とっと日本人に興味を持っている中国の人々の会話でも、時々日本語のワンフレーズが紛れ込むことはよくある。

 気持ちいーとか、おいしいーとか感嘆符的なフレーズである。
 多くは思い出しきれないが、上海の街を歩いていても時々日本語のフレーズが混じっている言葉を耳にするのである。

 日本語でも「デリシャス」とか「ビューティフル」と時々混じる人がおりあれと同じようなものであろう。
 そういえば、先日上海の路上で「藤原とうふ店」と自動車の外装にプリントされた車を見かけた。

藤原とうふ店とプリントされた車

 上海にそういった日系の豆腐屋が出来たのかと思いきや、どうやら日本の漫画にそういう設定の豆腐屋と車が登場することを中国人に教えてもらった。

 国家間では時々国民感情のぶつかり合いが取り上げられる日中両国だが、文化の面ではいろいろな場面で日本の文化が染み込んでいっているようである。

「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガ

 最近、「健康で文化的な最低限度の生活」というマンガを読んでいる。

 いわゆる自治体窓口のケースワーカー、つまり生活保護の窓口担当の女の子の奮闘を描く話となっていて、この主人公を通して社会の底辺の側面が描かれている。

 何故この漫画を読み始めたのかというと、日本国憲法の条文をそのまま引用した刺激的なタイトルに惹かれたというのと、この作者の柏木ハルコさんが実は母校の先輩ということもあり妙な親近感を覚えていたというのもある。

 柏木ハルコさんは学年的には近いので、在学時に学校内で顔を見ていた可能性もあるが、残念ながら面識はないし、ネット検索で出てくる本人らしき写真を見ても記憶には残ってはいない。
 ただ彼女の作品を読んでいると、他の漫画にはない私の母校独特の話法リズムというか、かつての雰囲気がなんとなく漂っているから親しみがわくのである。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」以外にも柏木ハルコさんの作品は読んでいるが、彼女の作品は赤裸々な性描写が多く、一歩間違うと単なるエロ漫画家の誹りを受けてしまいかねない作風となっている。

 しかし個人的には柏木ハルコさんの作品は性を通して社会のタブーに切り込んでいるというか、一人の人間が抱えている様々な内面を切り出して、漫画として分かり易く伝えているのだと評価している。

 この「健康で文化的な最低限度の生活」という作品も、生活保護受給者というやはり社会から誹りを受けがちな底辺の人々の生活や人生を、主人公を通して一つ一つ丁寧に掘り出して描かれており、いろいろな学びを与えてくれる。

 自分も生活保護こそ受けたことは無いが、お金には常に苦労している口なので、描かれている人々の不安や苦労はよくわかり、あまり他人事ではない。
 まあ作品自体は漫画なので、恐らくそれなりに演出的バイアスがかかっていると思うが、社会の現実を知る上では良い教材と言える作品だとは思う。

 社会では生活保護の風当たりが強くなっており、受給者を批判をする人々の心理も良くわかるが、切り捨てることでは解決しない問題であり、そこをこの作品は教えてくれるので、是非皆様にも手に取ってもらいたいという気がする。

妖怪と幽霊は違う

ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげる先生が先日亡くなった。

まあ私としては特別ファンだったということでもないのだが、子供の時にはもちろんアニメの「ゲゲゲの鬼太郎」は見ており、目玉オヤジはキャラクターとしてよく印象に残っていた。
 目玉オヤジや鬼太郎は、最近のクールジャパンのイベントで着ぐるみで登場している姿も良く見かけた。

 そんな水木しげるさんの作品と言えば、やはり妖怪が特徴的なのだが、どうも我々の中で妖怪幽霊を混同してしまっている面がある。
妖怪と幽霊はいずれも人間に恐れられている正体不明の存在ではあるが、その存在概念の背景を探ると、同じものではないのである。

昨日もあるところから送られて来たメルマガタイトルに、今回の訃報に即して「水木先生が妖怪の世界へ旅立たれた」とタイトルに書かれていたのだが、これはどうも妖怪と幽霊を混同して理解されているように思えたのである。

もちろん妖怪と幽霊はどちらも科学的にはっきり証明されているものではなく、人間社会で何となく概念として存在しているだけのものなので、その定義を争うのはナンセンスかもしれないが、言葉を調べて行くとやはり存立する世界が別々のものとなっている。

am500_sc033

まず、妖怪というのは自然現象、生体現象、など人間の人知を超えた実在のものを人間が誤認したり憶測を加えたりして概念として成立させたもので、基本としてこの世の物であり、理解が出来ないから恐れられている存在ということになっている。

これに対して幽霊というは、あの世という死生観が絡んでおり、人間の死人、もしくは人間が可愛がっていた特定の動物の精神の不滅性を象徴する存在となっており、生死の分類で言えば死であり、この世にも現れることもあるが、あの世が主なる世界となろうか。

もちろん、この世の理解できない超常現象の原因を霊を理由として、あの世として結びつける面もあるが、幽霊は基本的に死の世界と結びついた存在となっている。

am900_an068

ところが妖怪に関しては、霊の存在やあの世の存在を前提としておらず、この世の怪現象や未確認の怪動物を指しているのであり、つまりこの世に存在するものを指す言葉となっている点で幽霊とは前提が大きく違うのである。
 まあ水木先生のゲゲゲの鬼太郎にも、墓場に妖怪が出てくるため、見ている側にとっては霊と混同しやすい面はあるが、やはり妖怪はこの世の現象存在なのである。

従って、上述のメルマガタイトルは妖怪をあの世のものと扱った前提で書かれている点で間違っていることになる。
つまり、先日亡くなられた水木先生は、妖怪の世界に旅立ったのではなく、人と妖怪の世界(この世)から旅立たれたこととなるのである。

妖怪のいない世界に旅立たれて、水木先生はさぞかし寂しい思いをされているのではないかと私は思うのだが果たしてどうだろうか?。