Tag Archives: エアコン

中国はエアコンが安い?2万円台も!除湿はおまけ?

 会社のオフィスのエアコンが壊れた。
 修理の人に来て見てもらったが、直せなくはないがまたいつ壊れてもおかしくない状態らしい。

  製造時期を見ると2003年となっているから15年以上稼働していたことになり、そろそろ潮時だろう。

 エアコンの平均買い替え時期は購入から13年程度とのことであり、そこから考えれば十分働いたともいえる。
 で、結局事務所の大家と交渉し、大家の負担で新品に取り換えてもらうことになった。

 同僚の交渉経緯を聞いていると、間に入っている仲介業者が手配をし、次回の家賃から差っ引くということになった模様である。
  コストとして2000元程度とのことで、2~300元の修理代を積み重ねても仕方ないという結論になったらしい。
 

壊れたエアコン

壊れたエアコン


 
 私もエアコンの相場が気になって、京東(ジンドン)のショッピングサイトを覗いてみると、かなり安いエアコンが売られており、1300元程度の商品すらある。日本に換算すれば2万1千円程度である。

 今回買うであろう2000元クラスにしても、日本円で3万円ちょっとであり、随分と安いが中国ではこの価格帯が中心のようである。

 機能としては、インバーター制御とかタイマーとか、普通の基本的な機能は一応カバーされているので、不便を感じるような点はないようだ。

 それに対して、日本のエアコン価格をネットで調べて見ると7~8万円が低価格品の中心価格帯で、5万円を切るものもたまにあるが、3万円台は冷房オンリー機能のものしか見つけられず、ましては2万円台というものはありそうな気がしなかった。
 まあ出力能力の差や便利機能の差、省エネ度合の差とか細かく調べていけば、それなりの価格差の要因は見つけられるのだろうが、それでもこの中国市場での低価格ぶりにはびっくりである。
 
 もっとも日本の白物家電は東南アジアや中国製造が多いと聞くから、実はこの日中両国のエアコンは隣り合った製造ラインで作られている可能性もある。
 よって価格差は輸送コストだったりするのかもしれないので、つまり日本人は高いものを買わされている可能性があるのであり、もしかすると笑えない価格差とも言える。

 ところで、これらのエアコンは年々性能がかなり上がっているようで、消費電力の表示は600kw/h程度となっていて、私が学生の頃みた自宅のエアコンは1500kw/hとかそんな数字だと記憶しており、随分省エネが進んだものと驚いている。

 学生の頃、親からエアコンの使用はよほど暑い時だけと言われ、滅多にスイッチを入れない機械を恨めしそうに眺めながら過ごしたことを覚えている。
 しかしそんな時期も今は昔で、たまに実家に一時帰国すると、両親がエアコンのスイッチを入れることに以前ほどあまり躊躇していないことに驚きを感じるほど普通に使っている。

 そのくらいエアコンの省エネ性能が上がったということであろう。

 さて、あと1~2日で新しいエアコンが来ることになったのだが、機種選びは仲介会社まかせなので、やや心配な点がある。
 それは除湿機能がしっかりしているかどうかということ。

 以前からブログで書いている通り上海の方は高湿度に慣れているせいか、あまり湿度を気にしていないようであり、ネット上でのエアコンの性能表示でも除湿機能を重要視している機種は少なかった。

 大半の機種に一応除湿機能はついているようだが、どの機種も除湿に力を入れているようにはとても思えない表示となっている。
 個人的には、湿度さえ下がれば上海は過ごしやすいので、除湿機能に力を入れて頂きたいのだが、湿度が高いことに慣れて生きてきた方にとっては除湿機能の快適さをあまり理解しないのであろう。
 故に今のエアコンにとってはおまけ程度の除湿機能の存在のようであり、エアコン本体が安い場合は除湿機能さえ外されてしまう可能性があるのである。

 そんな心配をしながら、とりあえずは1分でも早く新しいいエアコンがとどかないものかと汗をタオルで拭きながらオフィスで過ごしている。

子供の送迎を止めさせたらどうだろうか

 平日の午後、夕方近くに上海市内を移動していると突然路上駐車の大群を見つけることがある。

 「休日でもないのに何だ、何だ?」

 と、こちらが訝しがっていると、そばに学校が有って、親たちが群がっているのを見つける。

 「ああ、なんだ、子供のお迎えの車か」

 そう、上海市内のインターナショナルスクールなどでは毎日の様に下校する子供を親が迎えにくる光景が見られ、その時間は学校の周りに自動車の路駐がたくさんあるのである。

 朝の登校時はどういう状況になっているか確認したことはないが、恐らく似たような状況になっているのではないかと察する。

 まあ大量の車があるだけでも迷惑であるが、寒くなってくるとアイドリングしながら車の暖房をつけ、下校時間を待っているよう車さえ見かけるようになり、その数は冬に向かい徐々に増えているような気がする。

 良く考えてみると大気汚染が深刻化するなか、これは非常に反社会的行為ともいえ、実は大気汚染の一端を彼らが担っているのではないかという気もしてしまう。

 アイドリングはともかく、彼らの乗りつける乗用車の数だけ考えても相当なもので、その分だけ排気ガスがばらまかれていることになる。

 まあインターナショナルスクールに通うくらいだから、家はそこそこ裕福であるのは言わずもがなで、親としては心配して送り迎えするのであろう。

 しかし、それらの学校には当然スクールバスもあり、無料ではないにしろ、要望すれば自宅そばまで送迎してくれるはずだが、やはり心配なのか自らで送迎したいというのが親達の心理の様だ。

 しかし毎日生徒1人につき1台のあれだけの車が、登下校の送迎のために動くのはやはり非効率という気がするし、これだけ大気汚染が深刻化する中ではもっと社会として対応する必要があるだろうという気がする。

 さらに言えば、そのスクールバス車両も数年前に内陸部で起きた事故以降、新しいものが導入されかなり良くはなっているが、環境という面を考えればさらに一歩進めて電気自動車やハイブリッドカーの導入が進められてもいいような気がしている。

 スクールバスのように決まった範囲しか運行されない車両はそういった電気自動車に向いているはずなのである。

 何気なく毎日繰り返されている日常の中でも、大気汚染を減らす糸口は沢山転がっているように思うのである。

病気はどんどん新しく生まれる

 先日のラジオでNHK特集の「病の起源」という番組についての話題が出ていた。

 まあ私自身はこの番組そのものを見てないので、その内容そのものを語る資格はないのだが、番組のおおよその内容は、「人間は進化の過程において進化と引き換えに新しい病気を発生させてきた」というのが大よその筋だったとのこと。

 例えば二足歩行と引き換えに腰痛が生まれ、農耕と引き換えに糖尿病、石器の発明が人間の顎を退化させた影響で舌の変形を生み睡眠時無呼吸症候群などを生んでいるなどなど、現代の病気の一部は人類の進化の過程で生まれきたという事が主旨となっていたようだ。

 これらは数十万年や数万年という長いスパンで見た話が主であるが、農耕と糖尿病の関係で言えばせいぜい数千年のスパンで、そう遠い昔の話ではもない。

am500_sc026

 この話を聞いて、私は現代の我々の食生活や日常生活について考えてみた場合、それらと同様の、いやそれ以上の変化が現代にも起き病気が生まれているのではないかという気がする。

 つまり我々の生活のここ100年200年ほどの変化は、その前の1000年に比べてみても尋常じゃないほどに変化していると言えるからである。

 例えば我々は100年前とは同じ物を食べていないし、同じ水も飲んでいない

 100年前と同じ空気も吸ってないし、同じ構造の家にも住んでいない。

 同じ家族構成で育ってなければ、親戚や学校、社会も同じ人間関係ではなくストレスを感じる視点なども変化している。

 仕事の方法も肉体労働から機械操作へ、ペンと紙からキーボードと画面にと変わっているし、社会の変化に伴い情報や時間に対する考え方と言った目に見えない社会環境までもがドンドン変化している。

am900_pe063

 こういった急激な社会環境の変化の中で、例えば顎が何世代か前より細くなったとか、子供の視力が下がっただの、100年にも満たない僅かな時間にも少しずつ人間の身体に変化が起きていることが現状でも言われている。

 まあ私にはこの100年で生まれた病気にどのようなものがあるか具体的に挙げられないが、かの番組の内容に従えば、現代に新たに生まれた要因によって以前には無かった現代病が現在沢山生み出されている可能性が高いと考えるのが普通であろう。

 病気とか大げさなものでなくても、冷房病とかキーボードの腱鞘炎などもきっとその一種として考えられる気がする。

 まあそういった意味で、人間の健康に対する考え方も100年前と同じでは済まない状態になってきており、例えば中国には何千年も前からあると言われる中医があり伝統的にやってきた方法や考え方だから安全だという神話があるが、世の中や人間を取りまく環境がこれだけ変化している現代において、臨床試験もなしに伝統だけを頼りに中医や中医薬を盲信するのは、やはり危険だという気がする。

 そのくらい現代における、人間の健康を取り巻く環境というのはすさまじく変化している気がしており、病気の内容も原因も新しくなっているのだから、伝統を盾に安全性を語ることは通用しないのではないのかという気がする。

 常に人間の環境や身体の変化を捉え、それに対応していくのは大変な作業であるが、人間の進化を止めることは出来ないわけだから、この新しく生まれる病気との闘いは人類が続く限り続く永遠のテーマであるような気がする。

漏電か?

 最近、夏場になって家のブレーカーが時々落ちる。

 エアコンによる電気の使い過ぎかと思ったが、どうもそうではないようだ。

中国の住宅の分電盤

中国の住宅の分電盤

 分電盤を一個ずつ切ってチェックしていったところ、どうやら台所のコンセントが原因らしいということが判明した。

 「台所?」

 台所でコンセントに差し込んでいるのは、炊飯器、冷蔵庫、そしてガス台の排気ダクトファンだけ、湯沸し器だけである。

 まあ炊飯器と冷蔵庫が原因とは思えず、恐らくこの排気ダクトファンか湯沸かし器が原因なのではないかという気がする。

 そう思う理由として、私の部屋の台所の熱排気口は、プラスチックの蛇腹の排気管が外に出ているだけのもので、水が吹き込みやすい構造になっている。
 おそらくそこから水が入って、電気系統に接触したのではないかと推測している。

 ゆえに今日のような雨風が強い日ほど漏電を招きやすいのではないかと感じ、実際そうなっている。

 或いは雨が降っていなくてもエアコンによる室内温度と外気温の差で生まれた結露などもちょっと疑われる。

 ということで、現在台所は分電盤からブレーカーを切ってあるのだが、そうすると不便なのが冷蔵庫で、止めるわけにもいかず、隣の部屋から電源コードを引きまわして繋いでいる状態になっている。

 いずれにしても漏電があると非常に危険なので、大家を呼んでチェックしてもらわないといけなく、ちょっと面倒くさい。

弱が強すぎる中国の扇風機

 連日暑い日が続いているが、家では扇風機とエアコン何とか組み合わせて、電気代をおさえようと生活している。

 ところで、中国の扇風機を使っていて思うのは「弱」が強すぎるように思うのだ。

 弱が強いとはなんのこっちゃかと思うが、中国の扇風機も日本のものと同じように出力が何段階かに分かれており、日本の物と同じようにほとんどが「強・中・弱」3段階調節となっている。

 このうち私が思うのは「弱」のレベルの風が強すぎると言う事であり、音楽で例えて言うならピアニッシモが大きすぎるということになり、つまりもっと弱い風を出せるようにならないのかという気がしている。

 非常に暑い際に「強」にするのは当然としても、それ以外は出力を落として使いたいのであり、寝るときなどは出来れば微風にして一晩中扇風機を回しておきたいのだが、中国の扇風機はそういった調節が出来ず、弱にしても微風にならず強すぎるのである。

 日本の扇風機では1/2揺らぎとか、ファジーリズム風力調節とか、いかにうちわで扇いだような気持ち良い風を送るかに苦心があり、たかが扇風機とはいえ非常に心地よい風が送られてくるのだが、中国の扇風機にはそういった配慮がなく、ただ強い風を一律に送り出すだけである。

 すると寝る時に扇風機を回しっぱなしにしずらくなり、仕方なく身体に向けず部屋の中を間接的に空気が循環するように調節するようになるのだが、これではなかなか心地よい涼しさが得られない。

 かといって体に直接風を当てすぎると冷えすぎるので体に悪いのである。

 しかも音も結構うるさく寝る時には意外と気になる。

 まあ微風を出す仕組みと言うのは日本にあれだけあるのだから技術的に特別難しいものではないと思われるので、こういった商品が売られていないのはやはり需要が無いのかもしれないが、日本的な絶妙な風加減を送ってくれる扇風機の登場を是非願いたいものである。

 日本のメーカーにも是非こういったところに目をつけて商売してほしいという気がしている。

原文