Tag Archives: インド人

チョンキンマンションン(重慶大厦)に泊まってみた

 今回の香港訪問は実は私用だったため、コストを出来るだけ抑えようと行動したのだが、その中で一番頭を痛めたのが宿泊費だった。

 何しろ香港はホテル代が高い。

 私が思うに世界で一番ホテル代が高い街ではないかという気がする。

 香港はご存じの通り山が多くて土地が狭いため、不動産関連は東京の都心に負けないくらいべらぼうに高く それ故にある意味面積貸し商売となるホテルも異常に高い。

 そんな土地柄にも関わらず、香港にはアジアや世界中からパックパッカーのような貧乏旅行者が数多く集まる。

 そんな人達はどこへ泊まるのかと言えば、ゲストハウスと言われる簡易宿泊施設であり、そんなゲストハウスが沢山集まっているのが、かのチョンキンマンション(重慶大厦)である。

 まあこのチョンキンマンションは、このような貧乏旅行者が多いため、治安の面で必ずしも良いとは言えず、やれ鍵を破られて強盗にあったとか、殺人が起きたとか、とにかく悪い噂は絶えない。

 とはいえ、それはそれだけ無数の旅行者がこの場所に宿を求め来ている証しであり、正確にどれだけの部屋が存在するのか把握されている資料もないほどに部屋数が多いようである。

 そんな中、ある旅行サイトでここのゲストハウスが掲載されており、背に腹は代えられぬ事情もあって少々怖いもの見たさで、このチョンキンマンションのゲストハウスに泊まってみることにした。

重慶大厦(チョンキンマンション入口)

重慶大厦(チョンキンマンション入口)

 到着した時は既に夜であったが、マンションの入り口は非常に明るく、両側には非常にレートの悪い両替商が煌びやかなネオンを光らせている。

 そして中に入ると、やたらインド系の人がいるのに驚く。

 携帯電話やDVDを売る店が並び、アキバの路地裏かガード下に入り込んだような雰囲気が広がり、薄黒いインド人の人波もあってすごく怪しい雰囲気だ。

 そして手前の方のエレベーターに、人が行列していた。
 恐らく上層階のゲストハウスに泊まる人たちで、エレベータが小さいために順番待ちをしているようだった。

エレベータ待ちの人々

エレベータ待ちの人々

 私が泊まるのはもっと奥のエレベーターだったが、あんなに混んでいたらどうしようと思いちょっと不安になった。

 幸い私の利用するエレベータは空いており、並ばずすぐに利用できた。

 恐らく、私の利用した部屋は、このマンションの中では比較的高級な部類なのかと思われるため利用密度が低い=宿泊者が相対的に少ないのではないかと推測される。

 さて、エレベーターで受け付けのある15階に行くと、幾つものゲストハウスがあったのだが、突然黒人のお兄さんに手招きをされて呼ばれる。
 
 どうやら彼がここの窓口担当らしく、英語で「予約はあるか」と話しかけられてきたので、予約してきた紙を見せると予約資料を探し始めた。
 幾つも看板があっても窓口は同じで、部屋を持っているオーナーだけが違うのかなという印象だった。
 どうやら私の名前ははっきりとは見つからなかったようだが、そのまま泊めてもらえることになった。

 宿帳に名前とパスポート番号を書いて手続きは終わりである。

 そして5階の部屋に連れて行かれ、部屋を見せてもらった。

重慶大厦(チョンキンマンション)の客室

重慶大厦(チョンキンマンション)の客室

 ダブルルームを予約したはずだが、見せられたのはベッドのファミリールームであり、まあ1人で泊まるだけだからこれは気にもしなかったが、やはり想像していたようにとても狭い部屋である。

 ほぼベッドが全てのような部屋で、トイレと一緒になった1畳にも満たないシャワールームがついているのみであとはテレビエアコン以外は何もなかったが、まあ寝るだけなら狭苦しさも感じず、十分と言えば十分だった。

 そしてこの空間では贅沢にもWIFIは無料で使える。

Wifiのパスワード

Wifiのパスワード

 ただ困ったことに、電源プラグの形状が、香港的な逆T字型しかなかったため、パソコンと携帯の充電に困ったのだが、これも後ほど1階で変換プラグを10HKドルで買ってくることで解決した。

 室内はエアコンが利きすぎて少々寒かったのだが。調節方法が分からなかったため、諦めて毛布をかぶることで我慢し、そのまま寝た。

 壁が薄く水の音が聞こえてくるし、インド人が作っていると思われるカレーの臭いがどこからともなく漂ってくるが、まあそれが気にならないくらい、暑さで疲れていたため、すっと寝ることが出来た。

 こんなチョンキンマンション体験であった。

西塘の風景

古鎮「西塘」へ印中日の3人珍道中

春節の前日、つまり中国でいう大晦日の日に友達に誘われて浙江省の古鎮西塘に行ってきた。
日本人の自分と中国人1人、インド人1人の奇妙な取り合わせで行ったのだが思いのほか楽しい日帰り観光となった。

西塘の水上船

西塘の水上船

西塘は浙江省といっても上海市との境界にあり、境界を越えたすぐ先にあるといった感じで、有名な朱家角などに比べ距離的にそんなに遠いわけではないのだが、浙江省に在るというだけで遠い印象があり、知名度は朱家角ほど高くなく観光客数も多くはないようだ。

上海から西塘に行くには本来ならば上海南駅から鉄道で嘉善駅まで行くのが安上がりなのだが、この日は春節の帰郷の混雑もあって、近距離の列車の切符は売ってもらえず、バスで向かうことになった。
バスの運賃が意外と高く一人30元であった。この日は年末サービスということで西塘までダイレクトに運んでもらえたのだが従来は嘉善のバス駅で西塘行きのバスに乗り換える必要がある。

西塘の観光案内図

西塘の観光案内図

西塘は古鎮としては規模がそれほど大きいわけではないのだが、その分観光地ナイズされていないというか素朴さが残った空間となっている。
この日は入場料が無料でラッキィだったのだが、その分内部の店舗もほとんど営業しておらずわずかに売店と食堂が何店舗かオープンするのみだった。
まあいろんなお店のウォッチングが出来ないのは残念だったが、静かな水郷風景を堪能することができた。

西塘のゲートは開放されていた

西塘のゲートは開放されていた

まあ寒い冬の日の観光が向いているのかといえば、そうでもない気がするがレストランの内部に雪の日の写真が飾ってあったように四季折々の風景を楽しむのもよい場所である。

西塘の路地

西塘の路地の店は休みだった。

全体を回っても2~3時間で十分回れる。
ただ、こんな場所なので慌てて回って帰るだけというのも勿体無く、たくさんある客桟に宿をとって数日、ここでのんびりすごすのも悪くない。

西塘の民家の屋根の瓦

西塘の民家の屋根の瓦

ところで、この日は大晦日とあってバスが午後にはなくなってしまうというハプニングがあった。
帰れないのではと焦ったが、タクシーには足元を見られて本来なら30元のところを3人で60元とぼったくられながらも、何とかタクシーで嘉善駅まで向かった。

嘉善バス駅へ行くと、バス乗り場は17時にもかかわらず既に閉まっていた。

バス駅前にたむろしていた白タク連中に上海までの価格を聞くと400元だとべらぼうな金額を吹っかけられ、払えない金額ではないが高すぎるので、一縷の望みを託して鉄道駅へ行った。
列車は3時間待たなければなかったが、切符は一人13元だった。白タクにボッタくられるよりは余程マシなので、その切符を買い、3時間だらだら待ちながらなんとか鉄道で帰った。

普段は何時まで帰りの足が有るのか、きちんと調べないといけないなと思いつつとりあえず年末の楽しい観光を楽しんできた一日であった。

西塘の水辺の地元民

西塘の水辺の地元民

インド人が勧める上海一のインド料理店

先週、インド料理店に行ってきたばかりなのだが、先週一緒に行った友達の同僚にインド人がいるらしく、その同僚が言うには上海一うまいインド料理が上海動物園の近くにあるというのだ。
上海一と聞いていてもたってもいられなくなってしまったので、2週連続ではあるが再度インド料理に挑戦することにした。

 お店の場所は虹橋マリオットホテルのそばの剣河路を北に折れ、さらに平渓路という通りに入ったところにあった。もともと虹橋空港に近いこともあって、周囲は立派な門と入り口のある外国人の多い高級住宅街であり、この季節は派手なクリスマス用の電飾の飾りつけが目立つような環境である。

上海の日本人高級住宅街として有名なガーデンプラザもこの近くである。しかしこの平渓路という通りは、周囲の高級住宅街の環境からすぽっと抜け落ちてしまったようなドローカルな街並みであり、饅頭屋や蘭州ラーメンのようなお店が数多く並んでおり、こんなところに果たして「上海一」と呼ばれる、しかも「インド料理」店があるのかと疑いたくなる環境だ。

 しかし、この環境の中にあっては、ちょっと異色を放つインド料理店が確かにあった。

店内

店内

さてさて中に入ってみるとカウンターとフロアスペースにテーブルが並んでいる、BARスタイルのつくりだ。確かに店の看板にはBARと書いてあった気がする。テーブルの上にはナプキンとインド料理の店によくある銅製のコップが伏せて置かれている。

 でメニューを見るとカレーの種類は先週の店より多い。値段は先週の店より1~2割高い。店員からいきなりタンドリーチキンを薦められたので、薦められるままに注文してみた。今回頼んだカレーは羊肉とほうれん草のカレーと、北インド料理というチーズ鍋である。

羊肉とほうれん草のカレー

羊肉とほうれん草のカレー

ナンにもいくつか種類があるらしく、薦められるままにガーリックナンを注文し、ライスはタイ米とインド米があり、インド米のほうが2元高く20元だったが、インド料理だったのでインドライスを注文した。
 で、最初にタンドリーチキンが出てきた。このタンドリーチキン、確かに美味しいのだが少々辛い。あとからこれがちょっと失敗だったと気が付く。

タンドリーチキンの残骸

タンドリーチキンの残骸

なぜならば続いて出てきたカレーを食べようと思ったときに、舌が馬鹿になっていて、カレーそのものの風味を味わえないのだ。
しばらく食べ進んでいくうちに、辛味から舌が解放されていくにつれ、このカレーのルーのうまさに驚かされたからである。舌が馬鹿になっていなければ最初からこの味を感じ取れたのにというほど残念であった。

 日本やそこらへんの薄っぺらい味とは違って、スパイスと素材が深く交じり合って、とても味わい深い。ああ、これが上海一と言われる由縁だなと非常に納得した。
惜しむらくは繰り返しになるがタンドリーチキンの誘惑に負けて、このカレーのうまさを最初から味わえなかったことである。

北インド料理というチーズ鍋

北インド料理というチーズ鍋

 さて最後にデザートを注文した。インド式チーズケーキとでもいうべきもので、見かけはころころして白玉のような丸っこいデザートである。

デザートのアイス

デザートのアイス

まさにアジアとヨーロッパの中間に位置するような食感と味であり、心がすっとした締めの味わいである。
 このお店、パーティー用のデリバリーもやっているようで2km以内なら送料無料とのことである。一人当たりの予算目安は100~200元といったところ。

次回はタンドリーチキン無しでカレーのみで味わいたいなぁと思うが、ちょっと場所が遠いのと値段が高めなのが難点。割安なランチセットもあるようなので、今度はそのタイミングを見つけてこようと思う。
上海一のインド料理をみなさんも是非お試しください。

Delhi Zaika
上海市平渓路26号(剣河路)
(021)6261-0282
中国語は通じにくく英語のほうがよい