Monthly Archives: 2月 2017

茨城空港外観

春秋航空に茨城空港から初搭乗 その1(茨城空港へ編)

前回まで書いた通り、昨年の帰国時のピーチ航空の欠航のあと、期せずして偶然にも春秋航空に初搭乗することになった。

春秋航空が茨城空港へ就航して以来6年後にしてようやくの初搭乗である。

今回ピーチ航空から春秋航空に乗り換えるにあたって、思いがけない一つの問題に直面した。

それは手荷物重量の問題である。

ピーチ航空の場合は、手荷物10キロ以内という基準と、任意の委託荷物オプションという構成だったのだが、春秋航空の場合は手荷物+委託荷物合計で15キロ以内という構成であり微妙に振り分けが違うのである。

春秋航空の荷物重量制限の案内

しかも春秋航空の場合は委託荷物に関しては追加料金で枠を増量できるだが、手荷物については5キロ以内と厳しい制限となっている。

実はこの5キロ以内という制限が結構厄介だった。

総重量に関しては、今回プラス20キロの枠を追加したので総計35キロとピーチ航空搭乗時よりプラス5キロ余裕があるのだが、手荷物5キロという条件がなかなか厳しいのである。

まずパソコンそのものが2キロもあり、カバンを含めるとあっという間に3キロを超えてしまう。

そこへ携帯やカメラなどリチウム電池を抱える電子製品類は委託荷物に入れられないので必ず手荷物として持つ必要がある。
こうやって、委託荷物に入れられないものを集めていくとすぐに5キロを超えてしまったのである。

このままでは駄目なので、カメラの充電アダプターをカメラと分けたり、最小限身の回りに必要と思ったポケットティッシュや予備の眼鏡などを省いていき、これらを委託荷物の中に詰め替えた。

このことによって、なんとか5キロ以下まで持ち込み荷物の重量ダウンに成功したのだが、ほとんどギリギリで余裕がない状態である。

このように同じLCCでありながら、重量制限ルールが違うため航空会社の乗り替えには注意が必要なのである。

さて、当日は父親に車で茨城空港まで送ってもらったのだが、途中で道を間違えてしまい迷ってしまった。

空港方向を指示する表示板が無かったのか小さかったのか分からないが、曲がるべき交差点を見逃してしまい、北浦の方まで行ってしまったのである。
どうも空港という大きなツールの割には、地元には浸透していないのか、或いは地元はわかりきっているので案内などわざわざ不要だという意識なのか、思ったほど空港を示す看板は多くない。
 特に今回通った道は圏央道から走る下道になりうるので、北関東の利用客を呼び込むためにももう少し案内表示板が必要だろうに思う。

さてさて空港に着くと、広い駐車場は車でいっぱいだった。

茨城空港外観

茨城空港外観

茨城空港の駐車場が無料なのは有名だが、どうも濫用されている気配で利用客以上に車が置かれているような気がする。

よってターミナルから結構離れた場所に止めざるを得ず、ずるずるとスーツケースを引きずってターミナルへ向かう。
少々早めに着いたのと、お昼御飯がまだだったので2階の食堂でそばを食べた。

窓ガラス越しに展望スペースが見えるのだが、以前は自衛隊の百里基地への配慮で斜め方向に見えない特殊なガラスとなっていたのだが、今回は普通のガラスに変わっていた。

評判が悪かったのとあまり意味がないという判断になったのだろうか?
とにかく以前より数段見学しやすくなっていた。
さて、そばをすすっていると早速航空機が到着したので、チェックイン手続きを行うことにした。(続く)

茨城空港の食堂から見る展望台

電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。

わがままな上海人女性を育てる躾の現場?

 先日、バスに乗っていた時、3歳くらいの上海人の女の子とその父親の姿のやり取りの姿を見かけて唖然とした。
 まず父親は娘だけを椅子に座らして、ソフトクリームを食べさせていた。

 この時点でバスの中でソフトクリームを食べさせること自体どうなのかなという疑問がまず沸いた。

 さらにこの父親は娘の脇で飛行機のCAの如く低く屈んだ姿勢で寄り添い、子供に垂らさないよう注意することなく、まるで召使のように娘の手を何度もふき取り、こぼしそうになる娘の手をサポートしていたのである。
 恐らくこの親子の間ではこういったやり取りが日常化してしまっているのだろう、父親がシュース飲む?と尋ねると「要らない」と一言拒否して会話が終わった。
 その振る舞いは父と娘ではなく、明らかにお姫様と召使の関係だったのである。

 私はこの風景を見て、こうやってわがままと言われる上海人女性が育っていくのだなぁと、人格形成の現場を見せられた気がした。

 これが日本ならまずソフトクリームをバスに持ち込むことはまずありえないし、子供だけ座らせることも、ケースとしては多くないだろう。

画像はイメージ

 もしそういうような状況になったとしてもこぼさないように、親はきつく注意するだろうし、こぼれそうになる前に子供から取り上げるのではないかと想像する。
 いずれにしても、バスの中で食べながら何度も手を拭くようなことはないような気がする。

 文化の違いとは言え、あんなに至れり尽くせりで育てたらそりゃわがままになるよなというのを納得させられた風景だった。