Tag Archives: 中華料理

電子レンジでは温められない料理

一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。

買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。

しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。

画像はイメージ

しかし中国に来て以降、日々の食事の瞬間においてガス台で温めた料理と電子レンジで温めた料理には明らかに差があることも感じるとるようにもなってしまった。

その差とは料理の温度の質の差である。

よく知られているように、電子レンジはマイクロウェーブで、料理の中に含まれている水分を振動させて温度を上げている仕組みであり、それゆえ冷めた料理を温めることが出来るとされている。

しかしよく考えてみると、料理が温められたといっても、実際に温度が上がったのは料理の中の水分だけであり、料理の固体の部分は温められていないことになる。
つまり固体の部分は水分からの熱伝導を受ける必要があり、熱伝導を受けて初めて固体部分も温かいものとなって、温かい料理として成立することになる。

しかし一般的には、恐らく水分部分の温度が上昇しただけで料理が温まったことになって食事として出され、食べていることがほとんどなのではないかという気がするのである。

よって舌が火傷するほどアツアツに温めてあったとしても、どうしても料理全体としては熱不足を感じてしまうケースが多いのである。

さらに水分だけが温度上昇した結果、水分が蒸発してしまい料理がパサパサになるというのはよく聞く話ではあり、そのためか、実際電子レンジで温めたられた料理はどこか物足りなさを残す印象となる。

もちろん最近の電子レンジは技術がどんどん進歩しており、水分蒸発によるパサパサを防ぐスチーム機能付きなどの製品も登場していて、電子レンジの欠点と追われる部分をどんどん克服しつつあり、なかなか凝った料理まで出来るようになっている。

しかし、そういった高機能の電子レンジにより質が上がったアツアツ感であっても、私のように中国に住み、日常的に高火力で温められる料理を体験してしまうと、電子レンジで温めた料理の温度感はやはりどうも違うなと感じ取ってしまうのである。

実際こちらの食堂で使われる鉄の中華鍋で高火力で炒められた料理は実にアツアツであり、具材のどれを食べても熱いといった印象で、食事としての満足度はやはり段違いなのである。

画像はイメージ

それ故に、電子レンジでは本当の意味で料理がおいしく温まらないというのが最近の私の基本的な考え方となっている。

よって時間と手間が許す限りにおいては、やはり料理は電子レンジではなく、ガス台など直火を使って温めたものを食べたいと考えている。

さりとて、恐らく今後もかなりの頻度で電子レンジにお世話になることもまた間違いなく、更なるメーカーの努力に期待したいところでもあり、ユーザーとしても電子レンジの特性を把握した上で上手に使いこなしていきたいと思っている。


餃子に対する日本人と中国人の認識の逆転の驚き

 最近、餃子に関してちょっと気が付いてびっくりしたことがある。

 ご存知の通り中国人にとって餃子は主食の一つで、ご飯・麺と並ぶ三大主食といっても良いくらいの位置を占める

 故に餃子をおかずにご飯やラーメンを食べる日本人とは、餃子に対する認識が全く違い逆転を起こしている。

日本式の焼き餃子

日本式の焼き餃子

 まあ餃子を後から取り入れたのはほぼ間違いなく日本だから認識を逆転させたのも日本人ということになり、中国人から見れば餃子をオカズとして食べる認識のほうが間違っているとも言えるのだが、とにかく餃子の扱いが日中では正反対ということになってしまっている。

 しかし、日本人としては今更それは逆だと言われても、すでにその習慣が深く定着してしまったので、今後も中国流に戻すこともなく餃子をオカズとして食べ続けるに違いない。
 
 ただ、ここで中国人が餃子を主食扱いとして認識していることを知るとなると、日本人の餃子に対する認識のおかしさをもう一つ気づかされることになる。

 それは皮と餡の関係である。

 恐らく多くの日本人は餃子をオカズとして見ているから、餃子を食べるということは即ち中身の餡を食べることが主になり、それを包む皮は従ということになっているはずで、食べる側としては皮はどちらかというとオマケ的扱いになる。

 つまり日本人は基本的に餃子の餡が食べたくて餃子を食っているのである。

 しかしである。

 もし、中国人が餃子を主食として考えるとするならば、餃子における主役は小麦粉で出来た皮の方ということになり、肉や野菜でできた餡は従ということになってしまう。

 えーーーーー?

  その事実に気が付いた時はまさに青天の霹靂だった。

 そう、餃子の皮と餡の主従関係に対する認識が日本人と中国人では全く逆なのである。

 つまり中国人にとっての餃子は日本人にとってのオニギリと一緒で、餃子の皮は単なる餡を包む道具では無く主食として腹を満たすものであり、日本人がオニギリの中身を鮭やタラコを入れて楽しむように、中国人はでんぷん質の皮を美味しく食べるために餡に具材を入れるという発想で食べているのである。

水餃子のセット

水餃子のセット

 故に中国人にとっての餃子の皮は単なる包む道具ではなく、餅や米、パンなどと同等の存在だということになる。

 これに気が付いた時、今まで餃子の皮を単なる道具としてしか見ていなかった自分の文化認識の浅さに恥ずかしさを覚えた。

 うーん知らないというのは恐ろしいことである。

 まあこうやって考えてみると日本と中国では似たようなものに見えながら実は認識が全く違うものがまだまだ沢山あるのではないかという気がする。

 私の探究はまだまだ続きそうである。

何故中華料理に油モノが多いか?

最近、大好きな納豆をたくさん食べたいというのもあって、マメに自宅でご飯を炊き自炊するようになったのだが、ここのところちょっと壁を感じるようになった。
それは上海で自炊をすると水をたくさん買わないといけなくなるということである。

 当然、日本のときは何の気なしに水道水をそのまま使えていたのだが、上海の水道事情では料理にそのまま水道水を使うのはかなり抵抗がある。飲んでも安全だというくらい水質の改善は行なわれているというが、料理や飲料水としてそのまま体に入れるのはやはり怖い。シャワーや歯磨き用の口濯ぎに使うのが今のところ精一杯である。

 となると、直接体に入る料理や飲料水に使う水は都度別のものを購入しなければならない。

 外食をしているうちは自宅で必要とするのは飲料水程度で済むのだが、料理まで始めてしまうと必要となる水の量は半端ではなくなる。
 特にご飯を炊くときの水は、馬鹿にならない。
 炊くと米に吸収されたり蒸発してしまうとは言え、美味しいご飯を炊くためには最も手を抜きたくない部分なので、それなりの水を用意する必要がある。

 汁物や麺類などの茹でものも同様で、やはり水道水を使いたいとは思わない。そうなるとやはり「高級水」の登場となる。

こうやって考えていくと自炊をしても、水を大量に必要とする料理ばかり作っていたのでは決して安上がりになるとはいえなくなることに気がついた。

 ならばどうするか?

 ご飯は仕方ないにしろそれ以外の部分で節約をする必要が出てくる。

 すると必然と水を必要としない料理、つまり炒め物などが多くなる

この瞬間、

「おお、こういう理由で中華料理には脂っこい料理が多いのか!」

と、中華料理のルーツを身をもって発見したような気になった。

焼き小龍包(煎餃)

焼き小龍包(煎餃)

 同様の理由から考えると、小龍包などの点心に蒸し物や揚げ物が多いのも納得がいく。 食品に直接水が触れない蒸し物ならば、少々水の品質が悪くても蒸気になる時点でろ過されるので水質の心配をする必要がないのである。

 もちろん揚げ物なら水を使わず食品を加熱することが出来る。

 さらに単なる蒸し物では水分が十分取れまいと、体に入る分だけの無駄ない最小限の水分を皮に閉じ込めたのが小龍包であろう。
 こうやって水を軸に中華料理の成り立ちを考えていくとその土地ごとの気候風土の事情が見えてくる。
 単なるバリエーションのように見える各々の料理もそのルーツにきちんとした必然的な理由があるのだなぁと料理の奥深さに改めて気がついた。

 つまり決して中国人はもともと脂っこいものが好きというわけではないのである。