わがままな上海人女性を育てる躾の現場?

 先日、バスに乗っていた時、3歳くらいの上海人の女の子とその父親の姿のやり取りの姿を見かけて唖然とした。
 まず父親は娘だけを椅子に座らして、ソフトクリームを食べさせていた。

 この時点でバスの中でソフトクリームを食べさせること自体どうなのかなという疑問がまず沸いた。

 さらにこの父親は娘の脇で飛行機のCAの如く低く屈んだ姿勢で寄り添い、子供に垂らさないよう注意することなく、まるで召使のように娘の手を何度もふき取り、こぼしそうになる娘の手をサポートしていたのである。
 恐らくこの親子の間ではこういったやり取りが日常化してしまっているのだろう、父親がシュース飲む?と尋ねると「要らない」と一言拒否して会話が終わった。
 その振る舞いは父と娘ではなく、明らかにお姫様と召使の関係だったのである。

 私はこの風景を見て、こうやってわがままと言われる上海人女性が育っていくのだなぁと、人格形成の現場を見せられた気がした。

 これが日本ならまずソフトクリームをバスに持ち込むことはまずありえないし、子供だけ座らせることも、ケースとしては多くないだろう。

画像はイメージ

 もしそういうような状況になったとしてもこぼさないように、親はきつく注意するだろうし、こぼれそうになる前に子供から取り上げるのではないかと想像する。
 いずれにしても、バスの中で食べながら何度も手を拭くようなことはないような気がする。

 文化の違いとは言え、あんなに至れり尽くせりで育てたらそりゃわがままになるよなというのを納得させられた風景だった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com