Monthly Archives: 6月 2015

ドーム球場が5個作れる新国立競技場は必要か?

 デザイン決定直後から非難されてきた新国立競技場の建設問題が、ここへ来てさらにもめている。

 私も数年前から「東京オリンピックに関するブログ」は何度も書いてきており、この新国立競技場に関しては「国立競技場は沈めてしまえばいいのではないか」などとずっと危惧を持っていた。

 しかし、あれから1年半も経っているのにかかわらず懸念はそのままのまま解消されず、結局莫大な建設費が見込まれる状態で建設に突き進むとする旨が文部科学省から示された。
 一時はデザイン見直しで建設費は1625億円まで圧縮されたが、今回その後の試算で再び900億円上乗せされたとのことで、結局2520億円で建設されることになったと報道されている。

 この2520億円という金額は一般人にはあまりにも巨額すぎて何とも想像がつきにくいが、前回のロンドンが843億円、北京が511億円、アテネが367億円と過去の競技場と比べても桁違いに高く、今回の増額分だけでロンドンの競技場が建設出来てしまうような金額である。

 また日本国内の主要スタジアムの建設費は日産スタジアムが600億円、味の素スタジアムが300億円、埼玉スタジアム360億円、札幌ドーム420億円、東京ドーム350億円、京セラドーム500億円、ヤフオクドーム760億円、ナゴヤドーム405億円とありこれらと比べても異常に高い。

 この高額の元凶となっているのが、デザインの要となっている2本の巨大アーチで、このアーチだけで1000億円が必要だと言われている。
 2本で1000億ということは、つまり1本500億円であのアーチ1本分だけでドーム球場が作れる金額であり、今回の予算で5大ドーム全部作れてしまう金額ということになる。

 つまりいかに従来の相場とは比較にならないほど高額な予算であるのが今回の新国立競技場建設計画なのである。 

 いくらオリンピック・パラリンピックが世界的に名誉あるイベントだとしても、使われるのは両イベントで1か月程度の期間だけであり、ドーム球場5つ分もの費用をかける必要は無いように思われる。

 さらに建設後の維持費も莫大で、到底黒字にはならないとされ、毎年10億円近くの赤字が垂れ流しになるとも言われている。

 もし2520億円の税金が使われるとなれば、国民一人当たり2000円以上の支出となるわけで、国全体が財政赤字に苦しみ昨年の消費税アップであれだけ騒いだ中で、この不必要とも思える支出はあまりにも莫大である。

 しかも聞くところによれば、この元の1625億円の建設費用でさえ実は財源の目途が全く立ってないとされ、TOTO(スポーツくじ)の売り上げの5%を当てると言われてるが、それだけでは年間50億円程度の財源にしかならず、これで全部賄うとなると50年ローンとなり、とても競技場建設費に足るものではないということのようだ。

 一部報道では財務省でさえ既にこれ以上の支出を出し渋っているとされており、いったいどこからお金を持ってきて、常識外れに高額な新国立競技場を建てようとしているのか、非常に不思議な状況なのである。

 どうも文部科学省大臣が敢えてお金のかかるようなデザインを選び、必死になってなるべく多くの予算の引き出しを狙っている、そんな風に映る。
 しかもオリンピックという大看板を盾にして、旧国立競技場の解体や新競技場の建設契約締結先行など、あと戻り出来ない既成事実化を進めて、お金を出さざる得ないような状況を作ろうとしている、そんな風に映るのである。
 
 どうして、これだけおかしい事実が噴出しているのに大臣の暴走を止めることが出来ないのか?日本の行政の全くおかしな点である。
 

日本を好きとは言えない立場

 先日、日本のラジオに駐日中国大使の程永華さんが、中国の大使としては初めて日本のメディアの番組にゲストとして呼ばれていた。
 程大使は留学時代を含めると、日本滞在歴は足掛け25年を超えるとのことで、非常に日本を良く知り、日中関係を知る人物である。
 もちろん大使や外交官という立場を持つ以上は、どんなに日本に馴染んでいても中国という国家を代表して発言をしなければならないわけで、国家間の情勢が厳しい時期には厳しい発言をせざるを得ない立場にある。

 例えば日本の靖国参拝などに対しては彼が個人的に別の見方を持っていたり、抗議は形式的だなと感じているものが内心にあっても、彼は背後の国家を代表して厳しい発言をする役割を担う立場となっている。
 つまりどんなに本人自身が親日だったり知日だったりして相手の国の事情に理解があっても、背後の国家の主張や国民感情を超えての発言が出来ないのである。

 そんな微妙な大使の立場を象徴する発言が、上記のラジオ番組の中でも聴かれた。

 女性アナウンサーが程大使に向けた「日本は好きですか?」という質問に対して、彼は肯定も否定もせず「いい経験をさせてもらっている」という回答するに留めたのである。

 まあ普通に考えて25年も日本に滞在し、日本語も堪能な大使の状況から考えれば「日本が好きです」と言えるほどの親しみの感情は持っていると考えられ、少なくともリップサービス程度には言えるはずである。

 しかし母国の中国には一定数の反日勢力があり、日中関係は雪解け方向に向かってはいるものの、国家間には一定の距離感があるわけで、そういった国を代表する立場からは「日本が好き」とは言えないのだろうと感じた。

 今現在の駐韓日本大使(誰が赴任しているのか知らない)が「韓国を好き」と言ったら、日本国民から反発を受けるのと同様だと考えればわかりやすいだろうか?

 日本に25年も滞在しながら「日本を好き」ということが許されない立場、気の毒といえば気の毒に感じた駐日大使のラジオ番組での発言であったのである。

上海の地下鉄車両の柱は邪魔だと思う

上海地下鉄10号線車内

上海の地下鉄に乗った時に気になるのが、日本の車両にはない柱のような金属の棒。
ちょうど車両の真ん中に等間隔で立っており、一つの車両に15~16本ほど設置されている。
 恐らく乗客が掴まるために設置されたものであり、上海の地下鉄は良く揺れるので転倒防止の安全策のために設置されたものだという気がする。

 しかし、私はこの柱棒は邪魔であるような気がしてならない。

車両の幅を考えると、この柱棒の存在が通行の妨げになっているように感じるのである。

 地下鉄に乗るとよく分かるが、ロングシートの座席の前に吊革が並行してぶら下がっているのは日本と同じであり、両脇の人が吊革に掴まった状態になると、ちょうど真ん中に人が一人通れる程度の隙間が残る。
 この空間こそ人が乗り降りしたり行き来するための通路的スペースであり、満員の場合は人が立つこともあるが、ヒョイと体をかわすとスペースが生まれるのである。

 ところが上海の地下鉄はここに柱棒が立っているために人の動きの妨げになってしまっていて、人が体をかわすだけでは十分な通路が生まれないのである。

 故にスムーズな人乗り降りが出来ず、特に大荷物の多い中国の地下鉄事情の中では、物理的障害となって地下鉄の乗車時間の長時間化を招いているような気がするのである。
 もちろん、このような床まである柱棒であれば背の小さな子供も掴まることが出来るのだが、子供の立ち位置は扉の傍とかもっと別の場所が用意できるような気がしており、柱棒であることは必須ではないような気がする。

 この柱を設置するよりは、吊革を増やすか天井部に握り棒を設置したほうが良いような気がしており、通行の物理的障害となり柱棒は無い方良いという気がしている。
 上海の人間は当たり前の風景としてこの柱棒を見ているのだと思うが、東京の車両を知っている私としてはこの柱棒が邪魔で仕方ないのである。