Monthly Archives: 4月 2015

強調マークは実は不安隠しの現れ

 最近よく、インターネット上の掲示板などでは「(笑)」や「WWW」などといった笑いを強調するようなマークが散見されるが、私はあれは不安隠しの一種だと思っている。

 もちろん、ちょっとしたメールなどメッセージのやり取りであっても散見されるが、同様にやはり心理的な不安の現れだと思っている。

 要するに言葉だけだと、感情が伝わりにくいので補足する意味で使われるわけで、笑いマークでにこやかな意味で捉えてもらえないと、怒らせてしまう可能性があることを不安に思い、添加するのである。

 また、チャット上の議論の際に相手に対して余裕を見せる意味で、「(笑)」のマークを使う人もいるが、あれは心に余裕がなくなっている状態を見せまいとした、強がりの一種だと思っている。

 つまりチャット上の議論などの最中に「(笑)」や「www」のマークを付けてくるのは実は自分に余裕があるように繕う行為であり、裏返せば本当は余裕が失われつつある状態が生まれていると察することができる。

 要するに「自分のほうが上だ」と示したい示威行動であり、それを示さなければ「自分が下に見られる」「なめられる」といった、不安がそのマークを使わせるという気がするのである。
 そういった議論の最中の(笑)マークは、嘲り的な意味合いであり、受け取った側は嫌な印象を受けやすいが、落ち着いて考え相手に余裕が無くなっている状態なのだと分析すれば、何の気にならなくもなるという気がする。

 実はこういった強調=不安・不足感の裏返しの法則は、(笑)マークに限らず全てのシーンにおいて応用してみることが出来る。

 例えば広告で、文字を強調するのは埋もれて見逃されてしまいそうだという不安の裏返しであると考えられる。

 或いは仕事をリタイヤした人が、名刺で「元○○」などと過去の経歴を載せるような肩書を時々見かけるが、要するに現在の自分に自信がないため過去のポジションにすがりたい心理の現れとみることが出来る。

 またフェイスブックなどで、自分の業務服…例えば医師が白衣を着た写真をわざわざ使っている人を見かけるが、あれは医師であることを強調しなければ自分という人間の価値を認めてもらえないといった不安の現れと見ることが出来、それ故にわざわざ白衣を来た写真を使ったりしていると察することができるのである。

 本来、自分に自信があれば、仕事上でのポジションや社会的肩書などというのは、自分を示す一部分ではあっても、それが全てではないはずで、それにすがるということは、如何に仕事以外での自分に対して自信が無いかを逆に示してしまうことになるのである。

 このように、人が何かを強調するときは、実はその裏に不安が隠されている可能性が非常に高く、それをよく見て相手の状況を見極めないと、勢いだけの強がりに騙されてしまうことになるのが人の世の中だという気がするのである。
 

黄砂の咳

 ここのところ、自分の健康にとってあまりよくない状況が続いているが、今度は咳の発作のようなものが頻繁に起きるようになった。
 風邪かなという推測もあるが、咳以外の症状はあまりなく、実は毎年この時期に同じ症状で結構苦しんでいるので、私の咳は「黄砂の咳」ではないかという推測をしている。
 黄砂はご存知の通り、春先から初夏にかけて黄河上流の中国内陸部のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから飛んでくる砂の粒子で、中国はおろか日本へも影響のある気象現象となっている。
 黄砂を吸い込むと、喘息と同じような発作が起きるとされ、空咳が出て、気管支が炎症を起こしたりして苦しいとされる。
 3月〜5月がピークとされ、特に多いのが4月といわれるので、まさに私のこの状況にぴったりで、症状もあてはまる。
 ゆえに、どうもここ数日の苦しい咳は黄砂が原因のようなのである。

で、どう対処するかだが、基本的には花粉症などのアレルギー対策と同様の防御策が基本となるようだ。
 風邪ではないので、風邪薬などの対処ではうまくいかないのである。
 私の場合、アレルギー反応を防ぐ抗ヒスタミン薬を飲むと症状が緩和されるようなので、まずはこの薬を飲むことにした。
 さらに、ムコダインなどといった痰キレを良くする薬で、体内から黄砂を出す処置をすることで、だいぶ回復に向かっている気がする。
 とりあえず、自分としてはこの処置だけで、しばらく様子を見てみることにした。  
 人によっては、黄砂はもっと悪質だからこれでは不足だという説もあるようだが、黄砂が原因ならばあまり複雑な処置は逆に体に悪いという気がしている。
 そう考えれば下手な病院に行って下手な処方されてしまうと症状が悪化しそうなきがしており、こういった原因がほぼ特定されている症状の場合は、うかつに医師にはかかわらないほうが安全だと考えている。

上海のバス・地下鉄はオフピークも混んでいる。

 日本同様に上海の地下鉄・バスのラッシュ時の混雑は結構なものがあり、地下鉄も凄いが、バスはもっとすごい状態で人を詰め込んで走っている。
 で、この混雑は朝晩のラッシュ時だけかというと、それ以外の時間帯も結構混んでいることがあり、多少ピーク時間帯を外して乗車してもなかなか座れなかったりする。
明らかに通勤通学のラッシュ時間帯を外して乗ったはずなのに、なんでまたこんな時間にもまだ人がいっぱいいるのかと思うときがあるのである。
 何でラッシュ時以外にもこんなに混んでいるのかという点について、いろいろ理由を探ってみると、ラッシュ前後の時間帯は人の数は減っているが、実は輸送力も結構極端に減らされており、それでピーク時を過ぎても混雑が減らず、人が減っていない印象を受けるようなのである。
 あるいはバスなどは、ラッシュ直後の午前中などは、老人たちがわらわらと動き出す時間帯でもあり、通勤ラッシュとは違う人の波があったりする。
 そういった実情を知ってか知らずか紋切り型の朝晩ラッシュのみに合わせた輸送力体制がとられているのが実情のようなのである。
 東京もそうだが、大都市というのは都市部の交通状況において、確かに朝晩の郊外から都心へ向かう人の動きというものが一番大きなものを占めるが、実は日中の都市内移動というものはそれほど小さくはない。
 都市の中で生活が動いているからであり、生活に伴う人の移動が想像以上にたくさんあるのである。
 それは上海でも同じことであり、通勤通学の集約型移動以外にも結構始終人は動いているのであり、彼らはバスや地下鉄を利用して移動しているのである。
 こうやってみると、ピーク時が朝晩にだけあるような発想は捨てたほうがよく、利用者側も運営者側もオフピーク時間帯はあまり存在しないという意識で、利用・運営をやっていただきたいという気がしている。 

突然の腰痛で安静の1昼夜

 一昨日の朝、突然左腰が痛み、まともに歩くことが出来ない状態になった。
 外気温が低く室温が冷えていたので、寝相が悪くて腰が冷えていたのかもしれないが、とにかく結構な痛みが出ていた。

 先週の肋骨の痛みもまだ引かないので、恐らくヒビ程度のものにはなっていると思うが、まあ日常に支障ない程度のものであり、普段は気にせず過ごしていたのだが、今回また新たな痛みの発生である。

 ひょっとすると自分が知らないうちに肋骨に対して無理にかばっている姿勢があり、そういった影響が出たのかもしれない。
 とにかくまともに動けない状況で、寝ても起きても座っても痛い状態だった。
 特に右足を支えるお尻付近の筋肉が痛んでいるようで、ズボンや靴下の脱ぎ着がまともにできないような状態だったのである。
 しかも痛いだけならまだしも、このときは気持ちもややパニック気味で、少々落ち着きを失っていた。
 この日は夜まで幾つかの用事が重なっていたが、ほとんどキャンセルせざるを得ず、次々と詫びの電話を入れることになった。
一部はネットを通してなら出来る頼まれ作業のようなものもあったが、痛みの影響もあって集中力もままならず、断続的にちょっとこなしただけで、あとは結局横になって過ごした。
医者へ行かねばなるまいかと考えたが、保険がとっくに切れていることと、階段を下りて一人で病院へ向かうことさえちょっと難しいかなという気もして、日中に呼べる友人も限られていることもあり、とりあえず自助努力で回復を試みた。

 幸いなことに、自宅にはバンテリンと低周波治療器があり、これで回復を試みることにしたのである。

 で、まずはバンテリンを患部に塗り捲ったうえで、低周波治療器での治療を実施した。

低周波治療器の連続使用は禁物といわれることもあり、断続的に患部のあちらこちら場所を変えて断続的に長い時間をかけて治療してみたのである。

 そうしてほぼ一昼夜がかりで断続的に治療を試みた結果、何とか痛みからの回復に成功し、普通に歩いたり座り続けたりできる状況になった。
 まだ違和感は残るものの80%くらいは回復し、仕事にも一応復帰した。

 ただ、この間発熱していたという状況もあって体力も落ちており、体調と相談しながらの社会復帰?である。
 無論、肋骨は依然として軽い痛みと違和感を抱えており、なかなか万全になれないなと悩みを抱えながらの今日を迎えている。

中国の発票(領収書)の発行機はかなりアナログ

 中国で飲食店などで食事をした際には、当局発行の公式領収書(発票=ファーピャアオ)を要求することがあるが、あの発票を発行する機械は、結構アナログな仕組みのように見える。
 データこそ、自動集計され税務署へデータで処理されるようになっているが、例えば、印刷される紙は複写式のロールカーボン用紙であり、ややアナログな印象を持つ。
 お店控え分とお客用の領収書が同時に印刷され、内容に差が無いようになっている点は評価できるが、今時は複写式でなくても同じものは打ち出せるはずである。

 で、その領収書の発行の際に、個人用と会社用があるのだが、個人用はともかく会社用については、宛名として中国語の会社名を全部打たなくてはならない。
 1字違っただけでも税務署に経費として認定してもらえないようなので打ち込みを行う方は結構神経を使うし、受け取った方も念入りにチェックする。
 フルキーボードで打つ機器もあれば、いわゆる携帯打ちで文字を呼び出して会社名を打っている機器もある。
 で、私の会社でも同様のことをよくやってもらうのだが、社名に中国人にとって見間違い易い字があるようで、時々それを指摘して直させたりもしている。
 こんな時によく思うのは、会社名を登録したバーコードやカードのようなものを予め準備し、スキャンしてもらえばそのまま会社名が印字されるような仕組みは導入できないのだろうかということ。
 つまり、お客は自分の会社の名前が登録されているカードを常に持ち歩くだけでよく、領収書を要求するときにカードをお店に渡せばいいのである。
 こうすることによってタイプミスはなくなるし、時間短縮にも繋がる。

 税務署にとってもこういった仕組みを導入しても、何か不正の温床になるようなことは考えにくいと思われるし、コスト的にもそこまで膨大になるとは思えず、むしろ積極的に領収書をもらう人が増えれば税収の増加にもつながるのではないかという気がする。

 また例えそのカードを紛失して他人が使用したとしてもほとんど意味がないわけで、やはり不正にはつながらないだろう。

 そう考えると、あの領収証発行機はまだまだ進歩の余地があるということになる。