Tag Archives:

上海駐在3年で肺が真っ黒証言の衝撃

 今年の3月に帰任していったある駐在員の方が、最近日本で健康診断を受けて、肺のレントゲンを撮ったところ、3年前に比べかなり黒ずんでいたとのだという発言に結構衝撃を受けた。

 どこまで本当なのか冗談なのかわからないが、上海の大気汚染状態を冷かしての、ややオーバーな表現だったとしても、それなりに影響が出ているのは本当のようである。
 3年で肺が変色するほどの影響が出るならば、まもなく滞在9年になる私にも影響が出ていないわけはなく、非常に恐怖を覚えるようなかの発言である。

 特に私などは煙草は吸わないわけだから、肺へ影響があるとすれば環境による影響がほとんどであり、周辺の喫煙者による受動喫煙や大気汚染などによって影響を受けている可能性があるのである。
 考えてみると、ここ数年呼吸器系の不調に苦しんでおり、2年前の鼻茸の手術や、最近の喘息気味の咳などは、黄砂の咳だけでなく、上海全体の空気の悪さによって生み出された可能性がある。

 まあ「喫煙者との食事は気が進まない」でも書いた通り、喫煙者とわかっている相手との食事は避けられるものなら避けているのだが、そうは言っても100%避けることは出来ず、受動喫煙はかなりあり、9年間の積み重ねによって肺が悪くなってしまった可能性がある。

 ここ数週間は頭がくらくらするほど辛い咳に襲われることもあり、生活にはちょっと困っている部分もある。

 そう考えると、今の現状では上海を脱出するか、マスクを必ずするしか対応はないのだが、どちらもすぐには現実的ではないなと感じてしまっている今の現実である。

黄砂の咳

 ここのところ、自分の健康にとってあまりよくない状況が続いているが、今度は咳の発作のようなものが頻繁に起きるようになった。
 風邪かなという推測もあるが、咳以外の症状はあまりなく、実は毎年この時期に同じ症状で結構苦しんでいるので、私の咳は「黄砂の咳」ではないかという推測をしている。
 黄砂はご存知の通り、春先から初夏にかけて黄河上流の中国内陸部のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから飛んでくる砂の粒子で、中国はおろか日本へも影響のある気象現象となっている。
 黄砂を吸い込むと、喘息と同じような発作が起きるとされ、空咳が出て、気管支が炎症を起こしたりして苦しいとされる。
 3月〜5月がピークとされ、特に多いのが4月といわれるので、まさに私のこの状況にぴったりで、症状もあてはまる。
 ゆえに、どうもここ数日の苦しい咳は黄砂が原因のようなのである。

で、どう対処するかだが、基本的には花粉症などのアレルギー対策と同様の防御策が基本となるようだ。
 風邪ではないので、風邪薬などの対処ではうまくいかないのである。
 私の場合、アレルギー反応を防ぐ抗ヒスタミン薬を飲むと症状が緩和されるようなので、まずはこの薬を飲むことにした。
 さらに、ムコダインなどといった痰キレを良くする薬で、体内から黄砂を出す処置をすることで、だいぶ回復に向かっている気がする。
 とりあえず、自分としてはこの処置だけで、しばらく様子を見てみることにした。  
 人によっては、黄砂はもっと悪質だからこれでは不足だという説もあるようだが、黄砂が原因ならばあまり複雑な処置は逆に体に悪いという気がしている。
 そう考えれば下手な病院に行って下手な処方されてしまうと症状が悪化しそうなきがしており、こういった原因がほぼ特定されている症状の場合は、うかつに医師にはかかわらないほうが安全だと考えている。