Tag Archives:

喘息悪化

 世間で台風だ地震だと自然災害に騒いでいる最中、個人的には気管支炎というか喘息の悪化の苦しみにあえいでいた。
 まあ正確に言うと被害があったころは、まだそれほど深刻ではなく週末に向かって悪化したという感じである。

 胸がムズムズするというか、何か奥のほうにひっかっかっているような気持ち悪い状態で咳をするたびに痰がでる。

 というか痰を外に出したくて身体が咳という反応をするような状況である。

 ちなみに中国語でも喘息は「喘息(chuan3xi1)」である

 そして、上海の悪い空気がさらに苦しさを刺激する。
 もともとそれほど良くない空気状況の上に、周囲には喫煙者がわんさかといる。
 
 一応オフィス内では禁煙になっているのだが、同僚はこっそり吸っている。
 なぜ注意しないかと言えば、同僚一人注意しても仕方ないほど、廊下へ出ればよその会社の人間がたばこを吸っているので同僚一人の問題ではないのである。

 そして、ビルの入り口でもここは屋外だと言わんばかりに、パカパカ吸っており、出入りする人々を煙のカーテンで出迎える。
 こういう環境で年中過ごせば、おのずと呼吸器系等には悪い影響が出る。

 おかげで上海に来てから年に2回ほど、呼吸器系等の悪化に悩まされるようになった。
 
 一応対処法は覚えてしまったので、それを実践する。

 鼻水が多いので副鼻腔炎関連の処置である。
 アレルギー薬と、痰きりの薬、あとは咳止めと消炎剤である。

 このパターンである程度は楽になる。
 しかし、睡眠中に発作的に起きる咳は苦しいし、全身に力が入るので筋肉痛にもなる。

 今回どうやらこの咳で力が入り過ぎて、お腹のへその下の部分に黒っぽい内出血のような痣が出来てしまった。

 不思議な場所だったので最初は原因が分からなく、ネットで症例を色々調べてみても類似症例は出てこなかったのだが、内臓疾患が原因ではないような印象である。
 で、今のところ見つけた結論としては腹直筋の断裂、或いは損傷なのではないかという判断になっている。
 腹直筋とは、いわゆるマッチョのひとが自慢するシックスパックの筋肉であり、真ん中で腱でつながっているのだが、その真ん中の部分が損傷したという見立てである。

 見たこともない症状なので油断は禁物だが、患部は外傷的痛みはあっても、それ以外はなさそうなのでとりあえず様子見である。

 で、咳の方もなかなか止まらない。
なにか悪いウィルスでも吸い込んだかなぁと思考を凝らしながら咳に耐えている現在である。


咳で失神して倒れた!

 毎年春の季節は体調が不安定になるのであまり好きな季節ではない。

 その理由の一つに、花粉や黄砂などの原因により呼吸器官にアレルギー的な反応が多く、咳き込んだりすることが多いからである。

 もちろん、自分としても例年身体の抵抗力が下がらないようマスクやマフラーを常に使用するなど、気を使い続けてはきている。

しかし、今年はちょっと失敗しをしてしまい、4月2日の急激な気温の低下の日に服装の調節に失敗し、抵抗力が著しく低下し体調を崩した。
 抵抗力が落ちると再発するのは副鼻腔炎とそれに伴う気管支の咳である。

副鼻腔炎の薬

 まあ直後に日本への一時帰国の予定もあったので、色んな薬を飲みながらだましだまし症状を押さえていたのだが、その日本から戻ってくる行程でちょっと無茶をしてしまったため、さらに体力が落ち、上海に戻ってから症状がまた強くなった。

 そして、先週の金曜に事件は起きた。

 長年の知り合いの送別会に呼ばれて酒席に参加したときのことである。

 本来なら酒席には参加したくないタイミングだったが、古い友人の帰国なので断りきれなかった。

 で、酒の量を抑えつつ飲んでいたので、酒量としては多くなかったのだが、途中で気管支が苦しくなり、発作的な咳が出そうだったので、ハンカチで口を押さえつつ部屋の外に出た途端に、頭がくらくらっとなった。

 次の瞬間、人に助けられて「大丈夫ですか?」と声をかけられている自分がいた。

 どうやら、瞬間的に気を失って失神して何秒間か倒れていたようである。

 そして倒れた時に額を少し打ったらしく、やや痛みがあった。

 しかしその頭の痛みはほとんど気にならず、体全体は失神する前より体が楽になっていた。

 昔、柔道をやっていた際に経験したように締め技で落ちたような感覚で、苦しいというより気持ち良いくらいの感覚だったのである。

 後から周りの人間に俺どうなってたの?って聞いても、周りの人はびっくりして倒れていたとしか答えてくれなかった。
 その後は、咳の発作も収まり何事もなく、宴席の最後まで過ごすことは出来たがどうもその瞬間のことが思い出せなかった。

 あれは何だったのだろうと、後からインターネットで調べてみると、激しい咳で呼吸困難というか、脳への酸素供給が不足すると短時間の失神が発生することがあるらしく、私の症状もそれだったようである。
 
まあ失神の原因を知って安心したような、怖い様な状況である。
酒が直接の原因ではないとはいえ、疲れているときは無理すべきではないなと自分の年齢を悟った今回の失神事件であった。

マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?

 私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。
 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)

はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。
 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマフラーは本当に寒い日に時々巻いていただけであった。
 それが今年は外出時にはほぼ毎回持ち歩き、暑くなって汗ばむ直前まではマフラーを巻き続けるようにしたのである。
 この結果、例年のように咳に苦しむことはほとんどなく、扁桃腺を晴らすような高熱にもならず、比較的穏やかな体調で冬を乗り超えられた。
 まあ、体が怠くなる様な体調の時は正直何度もあり、発熱直前の前身の悪寒というか痛みになることは何度かあった。
しかし、全身のあの痛みというのは体が菌と戦っている証拠だそうで、その後に高熱にならなかったというのは、体の抵抗力が外敵に勝ったということになり、その点例年より抵抗力が上がったと考えられる。

 やはり首元を冷やさないというのは風邪予防に非常に大事な要素のようで、体温を下げず、リンパ腺を冷やさず抵抗力を保つという意味では絶大な効果を発揮しているようなのである。

 更にはマスクを併用することによって、口の中の乾燥と冷気の吸い込みを防ぎ、雑菌の侵入リスクを減らせる(100%は無理だが)わけで、抵抗力アップとのダブルディフェンスで風邪予防にはかなりの実質的効果があったような気がする。

 ところで、常に巻いていたマフラーというのは、実は先日ブログに書いた日本に一時帰国した際に古着屋で購入したの件の超格安マフラーであり、まあ何の因果か巻き心地が良くて上海に戻ってもずっと首に巻き続けた結果、風邪を予防してくれたことになる。
 
 今思えばずいぶんお得な買い物であったということになり、非常に運が良かった。
まあかのマフラーは春を迎え、もともと中古である上に1シーズンをフルに使い込んだので、少々くたびれつつあるのだが、まだまだ朝晩は冷え込むので今後も大切に使っていきたいと思っている。