Monthly Archives: 3月 2011

まばたきと精神状態の関係

 日本の菅首相が会見の中で瞬きを1分間に100回も行い、精神的にパニック状態になっているのではないかとネット上で話題になっている。

確かに、まばたきが多い人は精神的に落ち着きがないように見え、逆に目が据わっているという言葉があるようにまばたきの少ない人は、精神的にも落ち着いているというか肝が据わった状態になっているように見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まばたきもなくじっと見つめる視線は、非常に意識の強さを感じ、時に迫力さえ感じる。
 逆にまばたきが多ければ、自信の無さを感じこいつ大丈夫なんだろうかと不安を感じる。

 自分に関係ない人がまばたきをして目をぱちくりさせている分にはどうでもよいが、本来は安心感を与えてくれるはずの人、例えば政治家だったり、教師だったり、医師だったりが目を頻繁にぱちくりさせていたら、対峙するこちらはその人の言っていることがどんなに正しくとも非常に不安を感じてしまうことだろう。

 言葉の内容よりそんな落ち着きのない人の判断を信じてよいのだろうかという話になる。

 現実、その表情による判断はかなり正確のようで、菅首相の判断力や抽象的な発言にいろんな批判が集まっている。

 ある記事で読んだが、菅首相が今回の地震発生直後に国民に向かって言っていた「落ち着いてください」という言葉というのは実は行動指示に具体性がなく、言われた国民が何をしていいのかわからないのは無論のこと、言った本人も具体的に何を言えばいいのかわからなくなっている状態であると心理学の専門家が説明していた。

 ああ、それでその後の状況判断の無いといわれた思いつきの視察行動や怒鳴り込みの行動を起こしたのかと妙に納得した。

 逆に枝野官房長官の指示は「無理して家に帰るな」など非常に明確で落ち着いて状況を把握しての発言であったことがよくわかるとしていて、今回対照的な状況だったようだ。

 まあ今回の政治家たちの行動についてここでは多くを言うつもりはないが、菅首相のように目を頻繁にぱちくりさせている人の言葉、政治家だったり教師だったり医者だったりする人の言葉は、精神的に安定した状態から発せられた言葉ではなく信用性にかけるというのが現実のようで、商談やその他の場面においても、話している人の目がどんな状態であるかというのはよく観察したほうがいうのは本当のことのようだ。

目は口ほどにモノを言うとはよくいったものである。

凄すぎる日本メーカーの炊飯器へのこだわり

 日曜日に新しい炊飯器を買った。

 従前の中国製の炊飯器も壊れていなかったのだが、どうも炊き上がりが悪くかつ保温が長く持たないのですぐにご飯が駄目になってしまっていた。
 まあ100元程度で買ったものだから仕方ないと思いつつも、これでは自炊していても米に無駄が多く出てしまい、ひょっとすると体にも悪いかなと思い買い換えることにした。
 とはいえそんなに予算も無かったため今回買ったのは高価なIH炊飯器でなく電気炊飯器である。

 ただ今回は購入の目的が目的であるだけに値段はともかく日本メーカー製という条件にはこだわった。

 何故なら、日本メーカーの炊飯器の情報を調べていくうちに並々ならぬ努力というか工夫が炊飯器という商品に詰め込まれていることを知ったからである。
 特に東芝社製の炊飯器は、自動電気炊飯器を初めて作ったメーカといわれるだけにこだわりようはハンパではなく、その商品説明の内容からして驚きの連続であった。

「真空吸水うるおい仕込み」
「圧力剛熱はりつや炊き」
「真空仕上げ」
「酵素活性 甘み引き出し」
「真空美白保温」
「真空うるおい予約」
「発熱体ディンプル ダイヤモンド銀釜&釜底WAVE」

 などと、おいしそうながらも新鮮な言葉がたくさん並んでいる。しかも主婦層を意識しているのか化粧品につくような形容詞がたくさんついている。

 各々の技術の詳細はメーカのホームページなどを見ていただければいいと思うが、この言葉だけを並べてみても、たかが炊飯器によくぞまあここまでこだわれるなぁという開発者の心意気を感じとれる内容である。

 つまり現代の炊飯器は技術者の知恵がこれでもかと詰め込まれ、そんなところまで気を使っているのかと思えるような工夫の結晶のような商品になっている。

 そして恐らくこれらは他の技術の転用などではなく、ひとえに「おいしいご飯を炊く!」ためにだけ開発された技術であろうということは、このこだわり方から何となく想像がつく。
 まさに日本人の「ご飯をおいしく食べる」ということに対する異常なまでのこだわりがここに現れている。

写真はイメージ

 こんな「おいしいご飯を炊く」ということにこだわる日本メーカーの商品だからこそ、例え価格が安い電気炊飯器であっても、その炊き上がりのおいしさを信じて買うことができる。

 実際今回買った電気炊飯器は東芝社製の399元と非常に安価なものであったが、昨夜炊いた炊き立てのご飯は無論のこと、今日まで残したご飯も非常においしくいただけた。

 今までの中国製メーカーのものではあり得なかったうまさである。
さすが日本のメーカーさまさまといったところである。

日本から招かれた熟練の技術者さん

先日、平湖で働く印刷関係の技術者の方にお会いする機会があった。
年齢をお伺いするとなんと御年70歳とのこと。

へぇーと驚いたのはよくその年齢で中国で働かせてもらえるなぁということ。
普通の職業ではだいたい60歳を超えてしまうと労働者としてのビザの更新が難しくなり、中国籍の人と結婚でもしていない限り長く滞在し続けるのはとても難しいはずだ。

故に60歳を超えて中国に住み続けているのは会社を持っている経営者のような人に限られる。

しかしである。

その技術者の方はその工場から雇われで働いているようで、どうやら経営者ではなさそうであった。

実は、話を伺ってみるとその方は5年前に中国国家に技術者として招聘されたそうだ。

つまり60歳どころか65歳になってからその中国の会社で働き始めたことになる。
ビザとかは大丈夫だったのですか?とお伺いすると、なんと国家が全部やってくれたので細かいことは何も知らないという答えが返ってきた。
うーん早い話がその方は、中国国家の要求のもと超VIPで招かれた技術者で一般のビザ手続き規定なんぞ関係ない超法規的措置の扱いとなっているようだ。

いやぁこれにはちょっと驚いた、凄い話である。
話には聞いたことがあったが、実際目の当たりにすると世の中こんな人もいるのだなあとびっくりである。

ついでに愚問とは思いながらも中国語は話せるんですか?という質問を投げかけたところニイハオとシェシェくらいしか言えないよといった想像通りの答えが返ってきた。

 つまりビザのみならず、周囲にきっちり通訳までついて生活や仕事に不自由がない状態で招かれて中国の現地企業で技術指導を行なっているわけである。

画像はイメージ

画像はイメージ

 言い換えればそれだけの価値をその方に中国という国家が認めていることになる。

 うーん言葉も全くできないのに、外国に必要とされて招かれて5年も滞在しているなんて凄いことだなぁとしみじみその人に敬服してしまった。

 まあ人間できればこう有りたいものだと思いつつも、言葉以上に価値のあるものを持たなければなかなかそうはなれないものである。
 そんなことを感じながら中国語に苦労する毎日を過ごしている。