日本から招かれた熟練の技術者さん

先日、平湖で働く印刷関係の技術者の方にお会いする機会があった。
年齢をお伺いするとなんと御年70歳とのこと。

へぇーと驚いたのはよくその年齢で中国で働かせてもらえるなぁということ。
普通の職業ではだいたい60歳を超えてしまうと労働者としてのビザの更新が難しくなり、中国籍の人と結婚でもしていない限り長く滞在し続けるのはとても難しいはずだ。

故に60歳を超えて中国に住み続けているのは会社を持っている経営者のような人に限られる。

しかしである。

その技術者の方はその工場から雇われで働いているようで、どうやら経営者ではなさそうであった。

実は、話を伺ってみるとその方は5年前に中国国家に技術者として招聘されたそうだ。

つまり60歳どころか65歳になってからその中国の会社で働き始めたことになる。
ビザとかは大丈夫だったのですか?とお伺いすると、なんと国家が全部やってくれたので細かいことは何も知らないという答えが返ってきた。
うーん早い話がその方は、中国国家の要求のもと超VIPで招かれた技術者で一般のビザ手続き規定なんぞ関係ない超法規的措置の扱いとなっているようだ。

いやぁこれにはちょっと驚いた、凄い話である。
話には聞いたことがあったが、実際目の当たりにすると世の中こんな人もいるのだなあとびっくりである。

ついでに愚問とは思いながらも中国語は話せるんですか?という質問を投げかけたところニイハオとシェシェくらいしか言えないよといった想像通りの答えが返ってきた。

 つまりビザのみならず、周囲にきっちり通訳までついて生活や仕事に不自由がない状態で招かれて中国の現地企業で技術指導を行なっているわけである。

画像はイメージ

画像はイメージ

 言い換えればそれだけの価値をその方に中国という国家が認めていることになる。

 うーん言葉も全くできないのに、外国に必要とされて招かれて5年も滞在しているなんて凄いことだなぁとしみじみその人に敬服してしまった。

 まあ人間できればこう有りたいものだと思いつつも、言葉以上に価値のあるものを持たなければなかなかそうはなれないものである。
 そんなことを感じながら中国語に苦労する毎日を過ごしている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com