Tag Archives: 発熱

マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?

 私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。
 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)

はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。
 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマフラーは本当に寒い日に時々巻いていただけであった。
 それが今年は外出時にはほぼ毎回持ち歩き、暑くなって汗ばむ直前まではマフラーを巻き続けるようにしたのである。
 この結果、例年のように咳に苦しむことはほとんどなく、扁桃腺を晴らすような高熱にもならず、比較的穏やかな体調で冬を乗り超えられた。
 まあ、体が怠くなる様な体調の時は正直何度もあり、発熱直前の前身の悪寒というか痛みになることは何度かあった。
しかし、全身のあの痛みというのは体が菌と戦っている証拠だそうで、その後に高熱にならなかったというのは、体の抵抗力が外敵に勝ったということになり、その点例年より抵抗力が上がったと考えられる。

 やはり首元を冷やさないというのは風邪予防に非常に大事な要素のようで、体温を下げず、リンパ腺を冷やさず抵抗力を保つという意味では絶大な効果を発揮しているようなのである。

 更にはマスクを併用することによって、口の中の乾燥と冷気の吸い込みを防ぎ、雑菌の侵入リスクを減らせる(100%は無理だが)わけで、抵抗力アップとのダブルディフェンスで風邪予防にはかなりの実質的効果があったような気がする。

 ところで、常に巻いていたマフラーというのは、実は先日ブログに書いた日本に一時帰国した際に古着屋で購入したの件の超格安マフラーであり、まあ何の因果か巻き心地が良くて上海に戻ってもずっと首に巻き続けた結果、風邪を予防してくれたことになる。
 
 今思えばずいぶんお得な買い物であったということになり、非常に運が良かった。
まあかのマフラーは春を迎え、もともと中古である上に1シーズンをフルに使い込んだので、少々くたびれつつあるのだが、まだまだ朝晩は冷え込むので今後も大切に使っていきたいと思っている。

結膜炎

 先々週の発熱に続いて、実は先週の初めから結膜炎が発症していた。

 目から目やにがどんどん出てきて瞼が腫れてしまったので慌てて医者に行った。

 実はその2週間前に耳鼻科、次に発熱で内科に通っていて、今度は眼科となんと3週続けて同じ病院の違う科に通うことになった。
 以前から顔見知り受付の方も流石に、私のこの状況には苦笑していた。

 さてさて診察を受けると、どうやらその前の週の発熱の原因の延長の症状のようで、雑菌の抵抗反応が目にも来てしまったような話だった。

 しかもなんと特に治療法はないとのことで10日ほど治癒するのを待つしかないというお話だった。(がーん)

 ただ、雑菌がさらに入って化膿などの危険があるので、消毒用の目薬を点すようにと2種類の目薬をもらった。

 特効薬がないとは何とも心もとなかったが、ひたすら抵抗力を高めるほかないということで、ビタミンとかを相当意識して接種することになった。

 この目が悪い状態というのはとても不便で、日常の動作そのものは特に支障がなかったが、パソコンの画面を見たり文章を書いたりするのに集中力というか、力みを必要とさせられ、とても仕事に影響が出てしまった。

 集中力の欠如を目のせいにしたくないが、やはり目に支障があるとどうにも集中できないのである。

 そして昨日今日になってようやく目のゴロゴロが無くなった印象である。
ただ、視力が落ちているのか疲れているのか、パソコンのニュースの文章を読むのは正直って言ってまだ疲れる状態である。

 もちろん中国語の文を読むのは更に疲れるので、今月になって読んだ量は先月の半分にも満たずけっこう仕事に影響が出ている。

 視力の復帰までもう少し我慢が必要なようである。

 まあこれまでの馬車馬のような時間を考えたらいい休養とも言えるのだが、、、

鼻にポリープ

 春節明けた直後から、体調を崩して4~5日熱が下がらない状態が続いていた。

 世間ではインフルエンザが流行っているようだから、それにかかった可能性もあったが、どうやら風邪は単なる発端で実は副鼻腔炎が再発したようだった。

 頭と顔と歯の周り、そして耳の一部が痛い。
 
 完全に副鼻腔炎の症状である。
 
 流石に当初は熱と咳があったため、余り副鼻腔炎に気が回らなかったのだが、途中で副鼻腔炎と気づき、家に残っていた抗生物質を飲み始めた。

 すると、案の定みるみる体調は復活して休み明けの出勤には間に合わせることができた。
 とはいえ、副鼻腔炎は長引く病気であり、完全に治すまでは抗生物質はもう少し投与し続けなければならない。

 しかし、残念ながら手持ちの薬が底をついたので、仕方なく医者に行くことにした。

 上海へ来て以来、どうも医者と名乗る人物に対して不信に陥っていたので本当は行きたくはなかったのだが、抗生物質は医師の処方がないと手に入らないということもあり、病院を通すしかないのである。

 さて、今回初めて耳鼻科の専門医に診てもらうことになった。

 これまではほかの体調不良と重なっていたとか、自分で鼻炎・副鼻腔炎の診断がついていなかった時期なので内科の医師に診てもらっていたのだが、今回は患部がはっきりしていたので迷わず専門医へ行った。

写真はイメージ

写真はイメージ

 古北にある平和クリニックである。
 他の病院がどうだか知らないが、耳鼻科の専門科があって日本語が通じそうな病院はここしか見つけられなかった。

 すると、さすが専門医なだけに設備や診察器具など耳鼻科専用の道具がそろっていて、当たり前と言えば当たり前のことだが、内科で診てもらう場合とは診察方法も異なった。

 鼻の中を専門器具を使ってチェックする。

 すると、この時初めて鼻の中にポリープがあることが発見された。

 鼻ポリープ、いわゆる鼻茸である。

 鼻の中が腫れて、キノコ状になったもので、基本的には癌細胞とかで言われるポリープとは発生原因が違うのであまり関係ないようだ。

 このポリープが鼻の呼吸を阻害して、匂いを感じる機能とかを阻害していたらしい。
 この時の医師はそれ以上のポリープのことを特に説明しなかったので、副鼻腔炎以上のものではないようだが、随分長い期間鼻炎を患っているとことを指摘された。

 確かに日本にいるときに耳鼻科専門医に鼻を見てもらったことはなかったし、中国へ来て毎年人間ドックは受けても鼻の中まではさすがに検査項目に入っていない。
 日本時代、花粉症には毎年悩まされていたがその時に鼻の中がどうなっているかなども考えも及ばなかったから、いつから症状があったのかは皆目見当がつかないい。

 まあ上海の悪い空気が悪化させたのだと原因を求めることは容易だが、果たしてどうか?

 とにかくこのポリープは薬品投与で様子を見て、重症なら切除手術の可能性もあるようでそんなに油断できる症状でもないようだ。
 手術となると、日帰り入院とか1週間入院とか色々情報はあるがとにかくタダゴトではなくなる。

 軽症であることを祈りたいが、はてはてまずは来週の再診が心配だ。。。