Tag Archives: 夜景

ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない?!その1(羽田編)

先日のピーチ航空の上海発便の初搭乗で日本に帰国した後、数日後に再びピーチ航空を利用して上海に戻る予定だった。
時間帯としてはやはり深夜発だったのだが、当然戻り便も安かったので往復で買っていたのである。

当日も早めに実家を出発したためやはり20時までに羽田空港についてしまった。

羽田空港国際線ターミナル内部

空港でインフォメーションボードを見ると、便数の多い羽田ではまだ深夜便は表示されていなし、どうやらピーチ航空は少なくとも羽田の国際線ターミナルには自社窓口を持っていないようだっため、チェックインカウンターさえその時点ではわからない状態だった。

そのため、情報を得られるまでひたすらその場で時間を過ごすことにしたのだが、幸い羽田空港の国際線ターミナルは近年のVISIT JAPANキャンペーンのおかげなのか来港客が退屈しないよう、展望ターミナルを初めとしてレストランや展示物などが充実していた。

TOKYO TOWN」の名で一種のミニテーマパークと化しており、それを見て歩くだけでもそこそこ時間は潰せる。

TOKYO TOWNの日本橋

レストランなどは流石に空港価格で安いとは言えなかったのだが、今回は
モノは試しと展望デッキそばの店でカレーを買い、屋外で空港の夜景を見ながら夕食と洒落込んだ。

羽田空港国際線ターミナルのカツカレー

飛び立つ飛行機を見ながらの食事は、なんとも乙である。

展望デッキからの羽田空港の夜景

展望デッキからの羽田空港の夜景

さて再び屋内に戻りインフォメーションボードに目をやると、カウンターAとあったが、実際に行ってみるとまだシンガポール航空が受付けを行っており、ピーチ航空の受付はまだ始まっておらず、ピーチ航空の受付開始には時間があるようである。

ではではということで、インターンネットにつないでノートPCを開くことにした。

今回ネット接続に関しては上海出発時にWIFIルーターをレンタルしてきたので、空港内を含め日本滞在中一切の心配はなかったのだが、バッテリー残量の不安はあったので電源のある場所を探した。

実はこれが結構難儀した。

出発フロアや到着フロアには充電カウンターが設置してあるにはあるのだが、数が少なくいずれも先客が大勢居り、なかなか割り込めない状況だった。

立ったままの充電で良ければ、1個や2個の電源口の空きはあったが、とてもノートPCを広げられるほどのスペースは無かった。

そこで、ターミナル内を上から下まで隈なく探検してみたところ、地上階に何とか隙間のある電源スタンドを発見した。

インフォメーションボードが見えないのでやや不安があるが、すぐそばにローソンもあり、飲み物などの調達も可能で、トイレもすぐそばで長時間時間をつぶすにはもってこいの場所である。

このどうもこの羽田空港はまだ海外からのモバイル利用者への対応が弱い印象で、長らく国内キャリア3社が市場を独占してきた弊害がここに表れているような気がする。

さてこの場所で2時間くらいを過ごし23時ころに出発階に戻ったところ、チェックインカウンターには既に長蛇の列ができていた。
実は、上海発の便で知り合いになった上海人母娘も同じ便で帰国することになっていたときいており、このチェックインカウンターのところで再会した。

カウンターの対応はさすが日本というか、上海に比べ丁寧だったのだが、その反面、手荷物と委託荷物の重量制限には厳しくそれぞれ重量計に乗せろと言われる。

この点は実家を出発する時点できちっと重量計測していたので私は心配なかったのだが、中国人搭乗客達は結構気軽にオーバーしているようで、超過料金を取られていたようだった。

余裕があるのか大らかなのかわからないが暢気なものである。

さてチェックインを済まし、出国手続きを終えて搭乗口へ向かう通路を進んでいくと、半分くらいの免税店は既に営業時間を終了しており、残るお店も閉店に向かう準備を始めていた。

国際空港として深夜発便も増えているのに、このあたりのサービス対応は若干弱いという気がする。

もっとも深夜便は運賃の安いLCCが多く、利用客層から考えると多くの売り上げが見込めないわけで、この対応は仕方ないかもしれない。
ただ、飲食店などはまだ少し開いており、ここで見つけた味噌ラーメンが非常に美味しそうで、先ほどカレーを食べたばかりにも拘わらず、締めの一杯ということで(笑)、800円と割高にかかわらずおいしくいただいた。

羽田空港国際線搭乗フロアの味噌ラーメン

さて搭乗口付近の座席に着いた時点で、まだ時間に余裕があったのでやはりノートPCを開いたが、ここでも電源不足の印象である。
幸いに早めに予定搭乗口に着いたので、今回は電源を使用することが出来た。

ところで、今回の羽田から出発において、私個人の心情の中で、過去とは違う不思議な感覚を感じていた。
過去の一時帰国の際の日本出発時には日本でリフレッシュ出来た心の軽さというか、さあ上海の街に戻るぞ!といった意気込みのようなものがあったのだが、今回はそれがなかったのである。

そのことについて、とても違和感を感じながらの搭乗待ちの時間を過ごしていた。

恐らくこの違和感は後から思うと、この後に起きる出来事を予感させていたのかもしれない感覚だったのである。

さて搭乗時間が来て機体に乗り込み、出発を待っているとCAの方が妙なアナウンスをした。

目的地、上海浦東国際空港は天候状況が悪く濃霧のため、着陸できない恐れがありますので予めご承知おきください

一瞬のことだったので、正確には聞き取れなかったが、おおよそこのように言っていたと思う。

これを聞いて

「んん?何?」
「上海に到着できない可能性があるとは、どういうことだ?その場合はどうなるんだ?」
と色んな不安が頭をよぎった。

まあ墜落とかでなければ事態はなるようにしかならないのであるが、やや不安を抱えながら機体は羽田空港を離陸した。
続く

上海の街灯が黄色い理由

夜に上海の街、というか住宅街や通り沿いを歩いていていると日本と違う夜の雰囲気に気が付く。

 もちろん建物その他が違うのは当たり前だが、一番大きな違いは上海の街路灯がどれも黄色だという事。

上海の黄色い街路灯

上海の黄色い街路灯

 街路灯だけでなく、空港などの照明も全て黄色で統一されている。

 日本だと一般道路の街灯は白色が基本だったという気がする。
 私はどうもこの黄色い照明が苦手である。

 この照明の下にいると、なんとなく気分が重苦しくなるというか、心が晴れた気分にならない。

 中国人に対してこのことを言うと、黄色の方が慣れているから安心するしどうも白い光は落ち着かないということで、慣れというか長い事この国は黄色い街灯を使用しているようである。

 しかしながら上海の街灯は何故黄色なのだろうか?

 この点についてインターネットで中国語のサイト色々調べてみたところ、まず第一の理由として黄色が一番遠くまで光が届く波長の長い光なのだということらしい。

 ただこの理由については、どうも納得いっておらず、白い照明の方が物が見易いのではないかと思うが、明るさの問題もあり機械で測定した数値でもないので強く反論できない。

 またそのほかの理由として、照明電球の電力消費が少ない、耐久時間が長い、立ち上がりが早いなどなど、まあおよそ想定できる範囲の言葉が見つかったが、これらと色の相関関係が本当にあるのかなどについて、どうもデータで示されないので納得しきれなかった。

 仕方なく、今度は日本語で街灯の色について調べていくと、やはり日本の伝統的な水銀灯の街灯は白色が基本という事だったが、現在は徐々にLEDやナトリウム灯の照明に切り替えられオレンジ色の照明が増えていることらしいということが分かった。

 やはり理由としては遠くまで光が届くということで、それ故に最近の高速道路の照明ははオレンジ色が基本となっており、中国の街灯蜀の選択理由と一致するものがある。

 さらに資料を探してくとちょっと驚く理由をみつけた。

 それは黄色の照明は虫が寄り付きにくいということだった。

 昆虫は黄色の波長域には反応しないので、黄色の光のみを出すナトリウム灯には昆虫は近づかないとのことである。

 逆に昆虫は紫外線に反応するので誘蛾灯などは紫外線を出して虫をおびき寄せているということらしい。

 そういえば、これだけ多い中国の街灯に虫が寄っている姿をあまり見た記憶が無い気がする。

 やはりそういった防虫の意味も理解して上海では街灯を黄色にしているのだろうか?

 どれが一番決めての理由か分からないが、上海の街灯は機能的な理由で黄色が一番合理的だと判断されたようだ。

 このように街灯が黄色い理由がわかったとしても、やはりこの黄色の照明はなれず、あまりいい気分にはならないことには変わらない。

 まあこれは夜に出歩くなという、戒めなのかもしれない。

香港と上海の夜景の闇の深さの差

昨夜香港にやってきて、久々に香港の夜景を眺めてみた。

 上海も外灘の夜景や陸家嘴など摩天楼群の夜景が有名だが、香港の夜景は100万ドルの夜景と言われるほど有名であり、こちら年季が違う。
 上海の夜景より香港の夜景の方が迫力がある。

香港の夜景

香港の夜景

 上海の夜景は手前のビルだけが光を放っているが、香港の場合は何層にも重なって高層ビル群が立ち並び光を放ち、数の上でも圧倒し、そこにはまさに100万ドルの富がたくさん詰まっている。

 そしてこの迫力の違いを決定づけるのが背景のピークの稜線の光なのかなという気がする。

 背景の山の中にポツンとポツンと見える光と、その間の闇がゾッとするような奥深さを感じさせるのである。

 昔どこかで読んだ資料に、イルミネーションに人は何故惹かれるのかと言った説明で、人は光に惹かれるのではなく、光と光の間に見える闇の空間に惹かれるのだと言った文章があった。

 そういった意味でいえば、この香港の夜景の光の後ろに見える闇は惹かれるのに十分な闇である。

 そういった面で言えば上海の夜景はどこかまだ表面的で薄っぺらい。

 

上海の夜景

上海の夜景

 

もちろん上海の夜景の後ろに山が来ることは今後も永遠にないため、香港の夜景のような奥深さを感じるようになることも永遠に無いのかもしれない。

 香港の裏社会までを感じさせるその闇の深さは、今後も100万ドルの夜景を引き立ててることになるのであろう。

宝石のような横浜市

飛行機から見た横浜の夜景

飛行機から見た横浜の夜景

これは先日一時帰国した際に、飛行機から撮影した横浜市付近の写真。

地図のように地形がくっきりわかるほどに地上と海が分かれ道路の位置とかも良くわかる。

空気が乾燥していて100万ドルの夜景にも負けない、この風景にえらく感動した。

東京(横浜)の夜景ってやっぱりすごいなぁ、と、、、

高く見えない上海環球金融中心

 金茂大厦と上海環球金融中心はどちらも上海を代表する高層ビルで並ぶように立つのだが、金茂大厦は高さ420m、上海環球中心は高さ492mと環球中心のほうが72m程高く、実際環球中心の最上階の展望台からは金茂大厦が見下ろせる。

 しかしながら陸家嘴駅付近からこの二つのビルを眺めると重なるように見え、しかも遠近法の関係で奥にある上海環球中心のほうが若干低いかのように見えてしまう。

 

陸家嘴駅からみた金茂大厦と上海環球金融中心

陸家嘴駅からみた金茂大厦と上海環球金融中心

 もちろん十分な距離をもった位置から見れば確かに、環球金融中心のほうが高いのは明確なのだが、このビルとビルの間隔がせいぜい200mそこそこなため、至近距離から見ると金茂大厦のほうが高く見えてしまう。

 しかもこの角度は、東方明珠塔など観光客の多い場所からの方向なので、多くの観光客は勘違いしやすいだろう。

 まあこんな世界ランキングに並ぶような2つのビルをこんな至近距離に建ててしまうことに問題の根源があるのだが、これにも懲りずまた道路一本挟んだすぐ隣に上海中心大厦という高さ600mのものが建設されている。(写真右)

 高さを争いたいというのが明確な上海のビル達だが、そうならばお互いもう少し離れて建てた方がそれぞれの魅力が出てくると思うのだが、上海の人にはそれがわからないのであろうか?

 上海環球金融中心のように、折角隣のビルを上回ったのに、そう見えないというのは非常にもったいない話だと思う。