春秋航空の荷物重量規定が変更になり、エコノミーの無料枠が無くなった

 中国のLCCである春秋航空の荷物規定が変更になったようだ。

 春秋航空はもちろん上海―茨城便など中国在住者にとっては、貴重な一時帰国の足となっている格安航空会社である。

飛び立つ春秋航空機

飛び立つ春秋航空機

 今回どのように規定が変更になったのかというと、これまでエコノミークラスの場合、機内持ち込みが5㎏以内で、機内持込+委託荷物が総合計15㎏以内というのが従来の規定だった。
 これに対して新しい規定では機内持ち込みが7㎏以内となり、委託荷物の無料枠がなくなり、委託荷物は全て有料になってしまった。

 またビジネスクラスにあたるスプリングクラスは機内持ち込みが7㎏以内となり、機内+委託荷物は従来の25㎏以内から30㎏以内に拡大となった。
 ただし移行期間として当面はエコノミーでも10㎏以下の委託荷物を受け付けてくれるようだ。

 まあ、ぱっと見でスプリングクラスの金を多く払ったお客優遇が進んだように見えるが、荷物の分だけエコノミー側が安くなるのであれば、パソコンなど身の回り品以外の荷物が無い場合は、安くなる場合もあり、今後の運賃体系が気になるところである。
 これにより、私が前回「LCCは往復で買わないほうがいい」書いたように空のスーツケースの預け入れなどは無料ではなくなったので、費用最優先の場合はその都度見比べが必要な状況になった。

 ちなみにチェックインカウンターでの荷物追加のための費用は、上海―茨城の場合は距離が約1800㎞なので、5㎏あたり日本円なら1475円、人民元なら90元の料金となるが、ネットなどで枠を事前購入するとおよそ半額となる。
 費用を気にする方はに事前予約をして安く枠を買うか、スプリングクラスで予め込々の料金を選択するかは人によって判断が分かれるであろう。

 LCC利用者にとっては小さくないこの荷物規定変更のお知らせである。

春秋航空のお知らせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA