Tag Archives: 職業

時間があれば何だってできる。

 最近この年になって思うのは、人生は時間があれば何だってできるということ。
例えどんなに難関と言われるということでも、時間さえあれば何だってできると思う。

 家を沢山持ったり、世界中を旅行したり、10か国語をペラペラになるまで練習したり、更には今から司法試験に合格したり、医師になったりすることだって不可能な事じゃないと思う。

 たいていのことは時間をかけて努力すれば、実現できない夢なんてない。

 まあ才能があるかどうかはともかくプロ野球選手なんかだって相当コツコツやれば、目指せるのではないかと思う。

 
そう「時間があれば人は何だってできる」のである。

しかし、言い換えれば

人間に与えられている時間は限られているので、人生で出来ることも限られている。

ということになる。

人間はいつまでも若くはない。
体力はいずれ衰える。
若く成長できるのはせいぜい20代後半まで。
寿命だってせいぜい80年で、それ以上長生きできたとしても
80歳の体力で新たにゼロから挑戦するのはかなり大変だろう。
 
そして何かを学んだり、努力をするためには時間がかかる。
その何かを学んでいる時間、何も食べずに生きられればいいが、
残念ながら人が生きている限り、食事をしなくちゃいけない。
どこかに住まなくちゃいけない
場合によっては他人を養わなくちゃいけない。
そのためには誰かの世話になるか、自分で稼がなくちゃいけない。
そしてご飯を食べるのにも時間がかかる。
風呂に入るのにも時間がかかる。

そして1日の1/3~1/4は寝る時間を取られる。
残念ながら人間は寝ないと生きていけないのだ。

そう考えると、人間が何かをやろうと考えた時、
使える時間は非常に少ないことに気が付く。

だから人は目指す山はそんなに幾つも選べない。 
人はどんなに大きな夢でも、どんなにたくさんの夢でも持つことができるが
叶えられる夢は限られている。

そう、人生は限られている。

写真はイメージ

写真はイメージ

(私の嫌いなS氏も同じようなことを言っていたらしいが、決して受け売りではない)

だから人はそれぞれ違う自分の山を目指していて、小さな夢を沢山実現している人もいれば、とてつもなく大きな山を目指してずっと夢の途中の人もいる。

だから人生の途中で一つの山に登れたとしても有頂天になって自慢してはいけない。

それはその人が時間をそこに使っただけ。
ほとんどの他人は目指す山が違うのである。

だから私も、明日何をすべきかを考える。

原文

やってみたい職業

 現在フィギュアスケートの大会が上海で行われているが、まあ自分の見識眼は健在のようで、音楽と選手の動きを見て、この選手は転ぶだろうなと感じた選手はまずジャンプに失敗することを当てることができる状況は今も変わっていない。

 つまり音楽と動きがシンクロしていないことで、選手の動きのリズムの悪さを見抜けるというか感じ取れてしまうのである。

世界フィギュア中国大会の村上佳菜子選手

世界フィギュア中国大会の村上佳菜子選手

 フィギュアスケートというのは音楽を使う数少ない表現競技であり、そのため音楽とのかみ合わせが競技者の動きに大きな影響を与えている。

 たとえ一発目の高度なジャンプが成功して調子がよさそうに見えても音楽に乗りきれていないポイントでジャンプを行っている場合は、後々にズレを生じさせ、結局別のポイントで転ぶ。

 また選手の調子もさることながら、音楽自身が選手が滑りにくいであろうなぁという不適切な選曲が行われているようなケースも沢山あり、実際あんな曲では滑りにくいだろうと感じた場合は成績も伸びてこない。でもそういう選手の技術が低いかと決してそういうわけではない。

 つまり力はあるのに音楽への対応が適切ではないため実力を発揮できていない場合があると私は思うのである。

 そんな時、ああそばへ行って私がアドバイスできたらなぁと僭越ながら思ってしまう。こんな音楽を使ってこういう組み立てにしたらもっと表現が伸びるでしょうと感じることが非常に多い。

 故にもし人生許されるのなら、フィギュアスケートのミュージックアドバイザーのようなことをしてみたいのである。

 もちろん、それが生活できるほど職業として成立するのかわからないし、こんなスケート素人が首を突っ込める世界ではないのかも知れないが、過去に音楽を絡めた表現活動をやってきた自分にとっては、今のフイギュアスケート界の音楽の使い方の現状を見ていると口を突っ込みたくウズウズするのである。

原文