Tag Archives: パリーグTV

北海道日本ハムファイターズの日本一とラジオの野球実況技術の高さ

 一昨日、日本のプロ野球の日本シリーズで見事に北海道日本ハムファイターズが勝利を決めて日本一に輝いた。
 実に10年ぶりの日本一であり感慨ひとしおである。

 この一週間は日本シリーズのおかげで、いろんなことが手につかなくらい日本シリーズに集中していたので、ある意味やっと解放されたともいえる
 
 実はちょうど10年前の優勝の際に、私は上海にやってきており(正確にはまず蘇州に行った)あれ以来の日本一ということになる
 それ故にこの10年という長さはちょうど私が上海で過ごした時間と同じことになる。

 当時はたぶんテレビの実況中継も見てないし、インターネットの速報で優勝を知ったようなことだったと思うが、ファイターズの日本一を知って始まったばかりの上海生活の心を引き締めたような心境だったような気がする。

 で、あれから10年が経ち、相変わらず上海にいる私は未だ日本のテレビとは縁遠い生活を送っている。
 有料の海外テレビ視聴サービスも身近で提供されているのだが、コストが高いのと、日本のテレビを見始めると結局自分が怠惰になるだけなので遠ざけてきており、視聴サービスは一度も契約しないまま10年が過ごしている。

 どうしても見たいサッカーの試合などがあるときは、テレビ設置の日本料理屋などにいけば事足りたのである。

 その後VPNには加入したので、日本のパリーグテレビくらい入ってもいいかなと考えた時期もあったが、仕事や時差の関係上毎試合見られるわけでもないので、コストパフォーマンスを考えやはり見送った。
 で、結局残ったのが日本のラジオのインターネットサービスである「ラジコ」であり、このラジコを通じて日本のラジオの野球中継を聴くことにしたのである。
 
 でラジオの実況中継を聴いていて改めて感じたのは日本のラジオ実況の技術の高さである。
 ラジオなので当然音だけなのだが、会場の雰囲気から選手の動きまで手に取るようにわかるように実況され、選手の表情から天候、守備体形までが詳しく説明される。

 そしてその合間合間に解説者の解説まで織り込んで放送するのだから下手にテレビで見るよりわかりやすいのである。

 むしろテレビの実況のほうが映像に頼り切ってしまい、時には緊張感に欠ける実況が行われることもあり、盛り上がりに欠ける放送が行われる時がある。

 その点、ラジオ実況は一球一球耳が離せず、緊迫するので試合が動いたときの緊迫感や盛り上がりがひしひしと伝わってくる。

 まあ野球という競技自体が比較的定型的な動きの繰り返しなので、比較的説明が容易というのもあるかもしれない。
以前サッカーのラジオ中継を聴いていたこともがあったが、まるで場面が想像できずもどかしさばかりが募ったのを覚えている。
その点、ラジオ実況を聴いている範囲ではもどかしさを感じないほどに、状況が理解できるのである。

 こういったラジオ実況の技術のおかげで、今回の日本ハムのペナントレースやCS、日本シリーズにいたるまでライブはすべてラジオで聴いていた。

 まあ、どうしても映像で見たくなったシーンなどはYAHOOやYOUTUBEに上がってきたもので確認しており不足はない状況になっていて、ライブで映像を見たいという欲求はそれほど高まらずに済んでいる。

 ただまあ、映像で見たい欲求はそれほど高くはないが、スタジアムで一緒に応援したかったという気持ちはちょっと残り、日本一はうれしいがちょっと今後どうするべきかを悩んでいる。

 とにかく北海道日本ハムファイターズ日本一おめでとう。
 

ハムにしびれる。

 久々に日本ハムの話題。

 今年のパ・リーグはソフトバンクが独走していて、もうシーズンの灯が消えかかかったような状態だったのだが、やってくれました我がファイターズが。

 残念ながら現在は試合中継は見られない環境なのだが、YAHOOの一球速報や実況掲示板のコメント欄などをウォッチしながら、試合状況をチェックし時間を過ごしていたのである。

 そして今回見事敵地ヤフオクドームで、投手陣がほぼ完璧に相手を抑えこんでの3連勝。

 しかも今日は二刀流の大谷君の先発で、打順1番での先頭打者初球ホームランというオマケ付き。(映像もYAHOOで見た。)

大谷選手の活躍を伝えるニュース

大谷選手の活躍を伝えるニュース(引用元

 今回チームとしても10連勝であることも嬉しいのだが、ここ数シーズン苦手としていたソフトバンクに対して3タテを食らわしたことが非常に気持ちいい。

 高梨君、有原君、大谷君、そしてファイターズにとてもしびれた日曜となった。

 まあ、この3連勝を以ってしも未だ首位ソフトバンクまで6.5ゲーム差もあり、優勝への道のりがそれほど近くなったとは言えないのだが、とりあえず息は吹き返したという気がする。

 ここ数日中にもマジックナンバーが点灯すると言われていたほどソフトバンクが独走して他チームが意気消沈していた状況から考えれば、今後再びリーグが活気づくという気がするのである。

 さらに直接の対戦成績も今回ファイターズが3連勝したことにより3つの勝ち越しとなり、もし最終的に優勝まで届かなかったとしても、CS(クライマックスシリーズ)の直接対決で相手に苦手意識を植え付けさせた状態で迎えることができるだろう。

 そう考えると今回とても意義のある今回の3連勝だったという気がする。

 ソフトバンクファンには申し訳ないが、今夜の私はとてもメシウマなのである。

パリーグTVから返金があったが返事はなく

 先日、「パリーグTVから返金も返事もなく」というブログを書いてから、ちょうど1ケ月経った昨日、ようやく口座に返金が行われていた。

 まあずいぶん時間が経ったものの、無料にウソはなかったようで、お金は還ってきたのである。

 ただである。

 お金は還ってきたが、この一か月間私が行なった数度の問い合わせに対しては、結局一切の返信はなかった。
 何の音沙汰もない状態からいきなりお金だけが還ってきたわけであり、こちらが細かく気にしていたから気づいたようなものであり、金額が中途半端で他と間違いようもない金額だから返金だと分かったが、下手をすると見逃してしまいそうであった。

 で、パリーグTVのWEBサイトを見ても、それに関する記述は一切ないし、返金後の今になっても説明も一切ないのである。

 こちらもクレーマーにはなりたくないので、あまりしつこくはしたくないが、問い合わせの窓口を設けているのなら、一言でも返信するか、数が大量ならWEB上に一筆あるべきかと思うのである。

 パリーグTVの存在そのものは、非常に価値あるものだと思うが、そのサービス体制についてはどうもまだ疑問が残る状況である。
 

パリーグTVから返金も返事もなく

 3月末にプロ野球が開幕して、私の贔屓の日本ハムはなかなか好調な滑り出しで現在首位にいる。

 まあこれはこれで嬉しいことなのだが、この野球に関してちょっと困ったことが一つおきている。

 実は3月末に「開幕無料」に銘打って「パリーグTV」というネット専用の中継会社が番組配信の限定無料キャンペーンをやっていたので、私も大谷君のピッチングを見たいと思い申し込んでみたのである。

 視聴料支払い用にクレジット登録が必要だが3月中に解約すれば、一切料金もかからないとありそれを信じて申し込んだのであった。
 で、開幕当日繋いで観戦しようとしたところ、VPN回線の通じての視聴だったためか、その日は全く接続することができず、結局開幕戦を観戦することはできず、ネットの速報だけで試合経過をウォッチするに留まったのである。

ファイターズスタジアム

実家近くのファイターズスタジアム

 まあ、このこと自体はある程度予想されていた範囲であり、もとより有料会員になるつもりはあまりなかったので、今回見られず残念ではあったが結局すぐ解約することにした。
(どうやら、無料キャンペーンでアクセスが集中しすぎてサーバーがダウンしたと後から知った。)

 で、翌日の午前中にさっさと解約して、その後の視聴を止めたのである。

 ところがである。

 今回無料と謳われていたはずなのに、申込時に見放題1ケ月分1566円の視聴料が決済されていることに数日後気がついた。

 「なに?」

 慌てて、パリーグTVのホームページを開いて契約状況を確認したが、ちゃん3月28日に解約が行われており、こちらの手順に手落ちはないようだった。
 じゃあ「規約の読み間違えか?」とも思い、規約やQ&Aのよくある質問を全部読んでみたが、3月中に解約すれば一切料金はかからないとあり、私の理解から言えば徴収はあり得ないはずだった。

 しかし現実には処理が決済されてしまっている。

 これはおかしいと思い、早速問い合わせ窓口を探したが電話番号は見つからず、仕方なくメールでこれはどういうことかを問い合わせる旨のメールを送った。

 しかし数日経ってもウンともスンとも返事がないし、もちろん返金もされない。

 どうもおかしいと思い再び同様の問い合わせを行なった。
 メールフォームからの質問であり、迷惑メールなどで弾かれる心配はなく、恐らく確実に先方には届いているはずである。

 で、最初のメールの問い合わせから2週間ほど経つが未だに何の反応もない。

 こちらとしても、規約の読み間違えや登録ミスがあり、これこれこういう理由で返金できませんと言われれば、不満であっても納得はできる。
 或いは現在対応を協議中ですとか言われるなら、仕方なく待つことも出来ようが、全く反応がないことには納得しようもないのである。

 こちらもそんじょそこらの怪しげなサービスに手を出したなら、こう言った結果もあるかなと思い、諦めざるを得ない面もあるが、天下のプロ野球の有料中継サービスでこういった対応に出くわすとは思わなかったのが正直なところである。

 まあ今回金額としてはそれほど大きくはなく、カードの処理サイクルの都合ということも想定されるので、もう少しは待ってみようとは思うが、やはり現代の顧客対応の常識としてせめて数日以内にメールの一通ぐらいは早く送ってきてほしいという気がする。

 今後最終的に反応がなかった場合について現在思案中であるが、残されている手段としては消費者センターに相談するか泣き寝入りをするかのいずれしか無いような気がする。

 折角ファイターズが躍進しているのに、どうもミソがつけられている現状となっている。