左脳を休みたい。

 文章を書くにしろ計算をするにしろ、普段目一杯活用しているのは左右の脳のうち左脳のような気がする。

 日常の一日を振り返っても朝から晩まで左脳が活躍している。

 特に外国に暮らしている私としては中国を読み取るのにもやはり左脳を使う。

 一言くらいのフレーズなら直感的に右脳で拾いとれなくはないが、文章として読み取り、さらにそれを翻訳しようなどと思った時は、日本語の組み立てが始まるので左脳の大活躍となる。

 またエクセルで計算式を組む作業や、HTMLのタグを眺めるのも結構好きな方で、結局は左脳の出番であり、左脳を働かせるのは非常に好きな気がする。

 ただ夢中になっている時は非常に楽しいが、ある時突然思考回路がダウンをする。

 理論的な思考に入ろうとしても脳が拒否反応を起しているような状態になり何も手が付かなくなる時が突然訪れるのである。

 まあいうなれば脳のオーバーヒート状態ということになろうか。

 そんな時は、音楽や映像の出番になる。

 まず同じニュースでも映像つきニュースを見るようにする。

 その方が圧倒的に頭に取り込みやすくなる。

 当たり前のことだというかもしれないが、映像つきのニュースが分かりやすいのは、左脳の論理的思考の負担を軽くしてくれるからであり、映像のインパクトで記憶するのと同時に一方で左脳を休ませることができるのである。

 また左脳を完全に停止して右脳だけで映像や音楽に向き合うのも効果的で、左脳を休ませることができる。

 最近ここしばらく、暑さもあってか脳がオーバーヒート気味であり、左脳を休ませる必要があるような気がしている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com