Monthly Archives: 1月 2015

日本語はネィティブも間違える珍しい言語かな

 中国人などに日本語に関する質問をされて時々感じるのは、日本語って理屈でなかなか割り切れず教えるのがとっても難しい言語だなという事である。

 彼らに質問される内容は助詞の使い方など日本人でも迷う部分や、間違えるような内容が少なくない。

 ルールの飲み込みに苦しんでいる相手には、日本人でも間違えるからとよく慰めるのだが、これは良く考えてみれば変な話である。

 日本語は日本人つまりネイティブでさえ間違える言語と言う事になる。
 
 これに比べ日本語以外の言語と言うのは、恐らくネイティブの人がそれほど表現を間違える言語は少ないような気がする。

 まあ英語などではスペル(spelling)を間違える可能性はあり、中国語では漢字を間違える可能性はあるが、単語単位ではなく用法そのものの間違えで致命的な意味の違いを生む可能性は日本語に比べ非常に低いという気がするのである。

 英語や中国語ではスペルや漢字を間違えれば別の意味となってしまう可能性はあるが、それは明らかな間違いであり、使い方を迷うという面はほとんど発生しないと思われる。

 まあ英語や中国語を私自身がそんなに深く習得できているわけではないし、それ以外の言語は数言語をほんのわずかかじった程度の経験しかないが、ネィティブが決定的な間違いを起すような言語はなかった認識である。

 もちろん世界は広いので日本語同様にネイティブが間違える様な言語もあるかもしれないが、知る限りにおいては恐らくかなり少数派だという印象である。

 しかも日本語はなかなか理屈では割り切れないにも関わらず、正しい表現とそうでない表現は結構きっちり分かれるし、日本人は経験則的にそれを判別できるのであるから自ら使う分には問題ないのだが、教えるとなるとかなり厄介なのである。

 そんなことを感じながら、いつも複雑な日本語に対する質問に答えている。

地下鉄でこぼれていた豆乳

 今朝地下鉄に乗った際に、車両の真ん中に豆乳らしきものが落とされてこぼれたまま放置されていた。
 嘔吐物ではないようなので、それほどの不潔感は無かったが、やはり汚い状態なのは変わりない。

DSC00340

 確か上海の地下鉄規則では車内における飲食は禁止が決まったように思うが、朝の通勤時間帯の地下鉄車内では相変わらず、肉まんや豆乳などの飲食が行われている。
 まあ、朝食の時間が十分取れない事情は理解するし、目くじらを立てて怒ることでもないのだが、隣の席でくちゃくちゃ食べている音はやはり不快だし、なにより食べ屑や飲み物などがこぼれるのは、不衛生であり虫や鼠を呼び寄せる元となる。

 さらに、今朝の豆乳ような事故も起きる訳で、落とした際に他人の服を汚したような事象が発生していたかどうかは定かじゃないが、少なくともそこを歩く人の靴底は汚れる訳で、多少なりとも迷惑がかかっている。
 以前にも書いたが、地下鉄での飲食を禁止するなら、車内で告知などをはっきりと明示するべきであり、そうすれば全てのルール違反は無くならないまでも、遠慮をする人は増えてくるのではないかという気がする。
 

中国の家具が重い理由

 先日ある中国人たちの会話の中に混じっていたときに聞いた話である。
 彼らが言うには、上海にあるIKEA(イケア)の家具はあまり良くないという話題になった。

 IKEAとは日本にも進出しているスウェーデン発の家具販売チェーンのことで、上海にも進出しているお店である。

 何故IKEAの家具が良くないかについて、彼らのいうことを100%理解したわけではなかったが、どうやらIKEAの家具は合板を使っているから良くないのだというのだ。
 彼らにとって、良い家具とは切り出しの材木や一枚版を使っているものが良い家具の条件であり、合板などを使っているのは邪道だと言う発想のようなので、故にIKEAの家具は駄目だというのだ。
 どうも合板というのは、彼らにとってはでっち上げの材料であり、本物の材料ではないというような発想らしい。
 ともすると合板は安物の板の組み合わせで、ごまかしで家具を作っているという印象に映るようである。

 今更ながらこの考え方にはちょっと驚いた。

 確かに、切り出しの木材で作った材料というのは高級感があって、価値があるであろうが、切り出しの木材を使えば木工家具などは木の繊維が目いっぱい詰まっているため、重量が非常に重くなるのであり、持ち運びなどには非常に不便なものとなる。
 しかし、恐らく中国人にとっては家具は運び歩くものという発想がないため、重量というものはあまり気にならないようだ。
 むしろ重ければ重いほど高級な価値を持っているという発想がどこかにあるような気がする。

 この点、例えば日本の家具は発想が全く逆で、如何に軽くて丈夫なものを作るかに力点が置かれ家具文化が育まれてきたという気がする。
 日本の箪笥の材料として最も好まれた材料の一つに桐があるが、これば桐が非常に軽くて丈夫で狂いが少ない材料であることが大きな理由としてあり、引っ越しなどが頻繁に行われた江戸時代では、箪笥が軽いことは大事な要素であった。
 ただ桐は高級品であったため、安くても軽くて丈夫なものを作るために後に合板というものも登場したが、これはあくまで軽くて丈夫な材料を安価につくるための技術であり、ごまかしの技術とはちょっと発想が違っていたのである。

 故に冒頭に触れたIKEAの家具についても、恐らく持ち運びの出来る丈夫で軽い家具を嗜好したが故の商品ラインナップやその原材料であり、安物を高級っぽくごまかして売ろうという発想ではないような気がするのである。

 しかし、中国人達の根本にある価値観では、どうもIKEAの軽い家具はハリボテ的で重みが無く、安っぽいものに映ってしまうようである。

 このような発想が中国全体にあるが故だと思うが、中国の家具はどこに行っても基本的に非常に重い。

 中国で時々家具の移動を手伝わされたりする時に、家具を持ち上げた際にその異様な重さに日本人の私は驚かされるのである。

 日本人の私から見れば、もっと軽くて良い家具がどこかにあるだろうにと思うだが、どうやら中国では、家具は重いモノであることが大事な要素であるようなのである。

 なんで中国の家具が重いのか、今回彼らの話を聞いてようやくわかったような気がする。