Monthly Archives: 5月 2008

6月も破格の格安航空券登場の噂

今月は日本行きの航空券相場が急落し、1000元以下のチケットの情報が出回っていた。
中には600元台、700元台の情報も飛び出していて果たしてそんな安い値段のチケットが本当にあるのかいささか半信半疑だったが本当に実在していたようである。
残念ながら、私はその恩恵にあずからず5月の終わりを迎えてしまった。

 ただ、私は実は6月に結婚式への参加の予定があり日本へ一時帰国するつもりなので、6月も同様の安いチケットが出回らないかと密かに期待している。
昨年の例をみると6月も5月同様に安いチケットが出回っていたように思うのだが、今年はまだはっきりとした情報は出てきていない。
 6月が本当に安くなるのであれば、初旬の便の搭乗者のためにはもう既に安いチケットが出ていなければならないはずだが、残念ながら今年から6月の7日~9日まで端午節の3連休が発生することから一時的に相場が元に戻っているようで、今のところ6月初めから安いチケットがあるという確実な情報はどこにもない。
 

 しかしながら昨日、旅行会社の方から、6月も安いチケットが出そうだという話を聞いた。まだまだ確実な話ではないので鵜呑みにはできないが、恐らく状況を総合的に判断すると
端午節以降の話としてまた安いチケットが出まわる可能性があるということであろう。だとすると何とか私の予定に間に合いそうである。セコイといわれようがじっくり待ってから買う価値は十分ありそうだ。
 ただし、悲しいかな現在は原油市場の異常とも言える高騰で、700元のチケットがあったとしてもサーチャージと税金と保険料で1000元以上の上乗せになってしまうのでトータル2000元近くになってしまう。折角の格安価格が台無しである。
 残念ながら原油市場やサーチャージの下落の噂は全く無いのでこれは待っても仕方ない。一部の投資家のために原油市場が高騰してそのツケを一般人が払わされているかと思うといささか不愉快ではあるし、航空会社も今月のように格安にしなければ需要が喚起できないという状況は気の毒ではある。
 サーチャージなど関係なく早く普通の安い航空券が出回ってくれるようになることを祈りたい。

明日のレジ袋廃止を控えて自己防衛

12268

12268b

公式の発表だと環境対策のために、スーパーなどで使われているレジ袋が明日より廃止になる。
そのため、自分もコンビニで売っていた3元の手提げ袋を購入し、常に持ち歩くことにした。
折りたたむと少し手帳程度の大きさにになるので日常持ち歩くカバンにいれて歩いてもそれほど苦にならない。まあ買い物のたびに袋を買ったとしても、数元の支出でしかないとは思うから、金銭的には大きな影響ではないのかも知れないが、節約するに越したことはないし、毎回袋を買うことは結局環境保護の意義に対して何の意味も無くなる。
 ただ、周りの雰囲気を見ていると明日からヨーイドンで本当に始まるのか、いささか実感がわかない。役所の決めたことは恐ろしいくらいビシッと切り替わるこの国である。
もちろん、あちこちでそこそこのトラブルはあるだろうが、恐らく街からほとんどレジ袋が消えるのだろう。
 ただ、街の小さな店売っている点心系のお店はどうなるのだろう?元々あまりいい品質のビニル袋は使われてないが、ビニル袋無しでの販売は難しそうである。
 さてさて明日以降、市内のゴミ問題がどう変化していくの一つ興味のあるところではある。

中国にもようやく著作権協会が成立!?

中文の新聞からちょっと拾い取っただけなので詳しい情報は分からないが、
中国にも日本のJASRACのような著作権協会がようやく成立したらしい。
日本人の常識からすれば今まで無かったのかと驚くぐらい、時代錯誤なニュースだが、コピーDVDがはびこっている状況を考えると残念ながら納得してしまう。
主な業務はカラオケの使用料の徴収などらしいが、日本でもあったようにこういった業務が軌道に乗るまではかなり紆余曲折を経ることが予想される。

日本のJASRACでさえもスナック系のお店と長年のやり取りがあったり、管理という面で独禁法違反の疑いをかけられたりして、こういった組織の運営の難しさがいろいろ言われている状態である。

 中国人の今までの土壌を考えれば、この協会が本当に機能するのかは甚だ疑問である。そもそもこの組織でさえ著作権問題に真剣に取り組む真面目さがあるのかと問われれば、それさえもまだ半信半疑である。
このタイミングの成立に、オリンピックを前にした国際的パフォーマンスではないかという気もしなくはない。
遅まきながらの第一歩は評価すべきだが、どれだけ実効性をもった組織になるのか注意深く見守りたい。