気がつくとWIKIぺディアが見られるように

昨年からずっと中国で見られなかったWIKIであるが、最近どういう理由から解禁されたか分からないが、見られるようになっている。
 WIKIはユーザー側からの書込みによって成立しているネット上の辞書のようなもので、情報ソースとして100%の信用があるとまではいえないが、おおよその概要はかなり詳しく調べることが出来るのでとても重宝している。
それが昨年の夏頃だったと思うが中国では見られなくなっていた。中国政府に対して規制をやめるようにとWIKIの創業者が嘆願したようなこともあったらしいが状況は変わらなかった。
 友人によると復活したのは1ヶ月くらい前かららしい。自分はとっくに諦めていたので、ネット検索でWIKIの情報がTOPに出ても触らずにいたので気がつかずにいた。
 昨夜、友人に教えてもらい早速アクセスしたところ問題なく開けた。
これにはちょっと感動した。さっそく気になっていた成田空港や羽田空港などの日本の問題を検索し、楽しませてもらった。こういう情報はできればシャットダウンしないでもらいたいものである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com