明日のレジ袋廃止を控えて自己防衛

12268

12268b

公式の発表だと環境対策のために、スーパーなどで使われているレジ袋が明日より廃止になる。
そのため、自分もコンビニで売っていた3元の手提げ袋を購入し、常に持ち歩くことにした。
折りたたむと少し手帳程度の大きさにになるので日常持ち歩くカバンにいれて歩いてもそれほど苦にならない。まあ買い物のたびに袋を買ったとしても、数元の支出でしかないとは思うから、金銭的には大きな影響ではないのかも知れないが、節約するに越したことはないし、毎回袋を買うことは結局環境保護の意義に対して何の意味も無くなる。
 ただ、周りの雰囲気を見ていると明日からヨーイドンで本当に始まるのか、いささか実感がわかない。役所の決めたことは恐ろしいくらいビシッと切り替わるこの国である。
もちろん、あちこちでそこそこのトラブルはあるだろうが、恐らく街からほとんどレジ袋が消えるのだろう。
 ただ、街の小さな店売っている点心系のお店はどうなるのだろう?元々あまりいい品質のビニル袋は使われてないが、ビニル袋無しでの販売は難しそうである。
 さてさて明日以降、市内のゴミ問題がどう変化していくの一つ興味のあるところではある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com