Monthly Archives: 9月 2007

CS方式のお陰で面白過ぎる日本のプロ野球

中国にいるとTVの視聴契約でもしなければ見られない日本のプロ野球であるが、今年からセリーグが去年までのパリーグ同様にポストシーズンにクライマックスシリーズ(CS)というプレーオフを設けたお陰で非常にスリリングな最後まで面白い状況となっている。
 28日の試合結果で阪神が中日に勝ったため、中日のマジックが消滅し巨人にマジック2が点灯した。巨人が残り試合2、中日が残り試合5であることを考えるとつい最近まで3チームの三つ巴が続いていたペナントレースも巨人が圧倒的に優位に立ったと言えよう。
一時は逆転優勝かと言われていた阪神はここへ来ての8連敗で優勝の可能性がなくなり完全に脱落した、といつもの年ならここで阪神のシーズンは終わっているのだが今年はCSがあるため3位まで残っていれば日本シリーズの可能性があるので諦める必要はなくなった。

ただし!実はこの8連敗のお陰でその3位の座さえ危うくなって来ている。そう4位の横浜が馬群後方から差し馬のように3番手を伺っており自力浮上の可能性が残されているのだ。しかも横浜は現在4連勝中で勢いがあり28日から10日間で11試合、つまりダブルヘッダーを含む連続試合であるため、一度勢いがつくと怒涛の勢いで勝ち続けるかも知れない。
 29日以降の残り試合を見ると古田監督退任で勢いを失っているヤクルトと5試合、ターゲットの阪神と2試合、優勝が決まって気が抜けちゃうかも知れない巨人と1試合、やはり優勝を逃して意気消沈してるかもしれない中日と1試合、そして最下位に沈んでいる広島と1試合。虎党には申し訳ないが期待を十分期待を抱かせる日程だ。しかもそんな勢いで万が一CSに進めば日本シリーズまでそのまま進んでしまうかもしれない。そんな可能性を生んだ今年のCS導入である。 CSのお陰で最後まで楽しめる今年のプロ野球である。ああ日本がうらやましい。。

新しい月刊誌「S-sense」が好評らしい

エッセンス表紙

1/6ページのフォーマット広告で広告費がたった550元という今までの上海のフリーペーパーの常識を打ち破った「S-sense」がなかなか好評らしい。既存のフリーペーパーはこれが無料なのと驚くほど豪華な紙面と内容が売りだったが、広告を出す側からすると高額の広告費がネックで広告を出すことに二の足を踏んでいた飲食店も多かったように思う。
 上海には高級を売り物にする日本料理も数多いが、我々日本人だってそうそう毎日に高級店に通っているわけではない。数十元程度のランチや夕飯で済ませる場合は多いのだが、そういった価格帯のお店には月刊誌の広告費は決して安くない。それでも広告をうたなければ客は来ないので、頻度を間引いたりサイズを絞ったりしつつして広告を出してきた。
 また食べる側もそういうリーズナブルな価格のお店の情報も知りたくとも、そういった経済的原理により情報に辿りつけなかったように思う。
今回のエッセンスはそういった両方のニーズを満たしたタイムリーな登場だ。装丁は極めてシンプルだが広告情報としてはこれで十分のような気がする。
 飲食店に限らないが上海には広告に出てこなくとも魅力をもったお店がたくさんある。
そういった魅力をもったお店がこのS-senseのような媒体のような登場により光が当たってくることを期待したい。そのためにもこういう雑誌が今後も長く続くよう祈りたい。

引越しが多い一年

実は今週末に会社が引っ越すことになった。
前から話はあったのだが具体的に聞いたのは一昨日である。正式な通知は今日来た。
中国の引越しは、日本で考えるほど大事ではないらしく、いつもギリギリになって知らされる。これは文化といっていいかもしれない。
 実は前の会社の事務所の引越しを聞いたのも、何と引越し当日の朝で、中国人上司から「今日引越ししますから手伝ってください」って、オイ!
 今は営業連絡ツールがEメールや個人あて携帯であるので、事前通知などまどろっこしいことはあまり必要なく、あとから引っ越しましたのメールを一通送れば事足りてしまう。(逆に担当者が辞めたり交代した時はメチャクチャ面倒くさいのだが、、、)
 でも幾らなんでも客先アポとかあるので当日言われると困る。その点今回は週末なので平気なのだが。。。
 

まあそんなこんなで来月から新事務所である。家から少し遠くなりバス停一個分遠くへ行かなくてはならない。うーん面倒だ、俺も来週引越ししよう!って思うが保証金がもったいないので更新期限が来るまで我慢しよう。
 そういえば今年はいろんな意味で引越しが多い一年だ。1月に上海に越してきて、5月に会社事務所が移転、更に一ヶ月半後に再移転、そして転職。さらに新しい職場も今週末に移転。人生が浪々転々とするめまぐるしい一年である。さてどこへ落ち着くのか・・・・。

ガスコンロでどこでも家族団らん

岩谷のガスボンベ

岩谷のガスボンベ

中国は住宅事情が悪く、それに起因するガス事故のニュースが後を絶たないが、事故防止の予防策としてガスの使用頻度がそれほど高くなければ、日本製のガスコンロを使用するというのも一つの手であろう。幸い中国でも日本製のガスコンロとガスボンベが手に入る。
 都市ガスのガス料金に比べれば割高かも知れないが危険を感じながらの調理をすることを考えたら安心料としてのこのぐらいの出費は必要かなとも思える。
 それに可動自在なのでどこでも食事を楽しめ、これから寒い季節へ向かっていくので鍋料理や屋外でのバーベキューなどにもとても便利である。たかがガスコンロであるが上手く使いこなせば家族団らんのとても重要なツールになりうる不思議な存在だ。
 

岩谷のガスコンロ

岩谷のガスコンロ

岩谷のガスボンベ

岩谷のガスボンベ

中国どこでも追加のガスボンベを取寄せられるというのも大きい。コンロだけ持っていっても中国の地方都市で日本品質のボンベを手に入れられるとは限らないし、もって行くのも飛行機のセキュリティなどを考えたらとっても効率が悪い。やっぱりネットショッピングを上手く活用するというのが正解だろう。
 この秋はみんなでガスコンロを使って庭でバーベキュー??

誕生日に涙こぼす

もうそんな年じゃないと思っていたが、母親を皮切りに次々に届く友人からのお祝いメールに思わず涙してしまった。知り合いのおじさんがケーキまでプレゼントしてくれた。
寂しさを感じてなかったはずの中国生活に、突如与えられた優しさに感情は揺さぶられっぱなし、ちょっと今日は仕事にならない。上を向いて歩こう、今日は中秋の名月だ。月餅も大事だが今日は大切な友達とラーメンを食いに行く。