Tag Archives: 中日ドラゴンズ

「龍」と「竜」の字の違い

 以前から気になっていて、調べ損ねていたのがこの「」と「」の字の違い。

 どちらも読み方は「りゅう」「たつ」であるし、いわゆる中国の伝説の生物「ドラゴン」のことを指す言葉であるには違いないのだが、どうも使われる場面が異なるような気がする。
 ちなみに中国語の簡体字では「龙」(long2)で統一されているようでこの差はない。

 とりあえずウィキペディアで調べてみると、「竜」の旧字体が「龍」であるとのことである。しかし旧字体であるはずの「龍」より「竜」のほうが起源が古く、甲骨文字的な発生をしているとのことだ。

 旧字体のほうが新しいとは何のこっちゃと言う感じだが、そういえば「竜」の字はどことなく蜥蜴のような爬虫類的な形をしており、ドラゴンも恐らく爬虫類の一種として考えるとその成り立ちも理解できなくはない。「龍」の字はその後、威厳をつけるために複雑にしたのが起源ということらしい。

 まあとにかくこの二つの字は結局は同じものとして存在しているのが正解のようである。

 一応「竜」のほうが正式な扱いとなっているが、「龍」の字も認められていて当用漢字ではないようだが人名漢字に含まれている。

 さて、このように漢字の起源と意味合いにおいて同じものとして存在する「龍」と「竜」であるが、実際上においてその使われ方にはやはり使い分けが存在するように思う。

 特に人名や地名などにおいては「龍」のほうが圧倒的に多い。

 成龍(ジャッキーチェン)や、坂本龍馬、あるいは香港の九龍半島などは「龍」である。
 坂本龍馬に関しては竜馬と記載しているものあるようだが、竜は司馬遼太郎の小説の主人公につけられた名前で、「龍」のほうが正式のようである。

 やはり成立の起源の理由もあってか、威厳や品格を持たせたい人名には「龍」の文字が好んで使われている。

 これに対して「竜」の文字は実際上の生物を意識させるような場面で使われる場面が多い。例えば恐竜は「竜」であり「恐龍」と表記されることはない。首長竜とか古代生物を扱う場合は基本的にみな「竜」が使われ、「龍」が使われることはまずない。
 そのほか地名などに使われる場合は、生物の竜の姿を想像させるような地形にあてられている。例えば栃木県日光にある有名な「竜頭の滝」はそのよい例である。
 また竜巻は生物ではないがその様相から「竜」の文字が使われているのだと思われる。

 このように新旧字体とされている「龍」と「竜」であるが、結局は形だけでなく使われ方もかなり違うという不思議な関係の字である。
 もし中国語の「龙」(long2)から翻訳するならば、仮にどちらを使っても必ずしも間違いとは言い切れないが、やはり使い分けを考えないと違和感を感じてしまうのがこの「龍」と「竜」のようであり、今回は調べてみていい勉強になった。

オリンピックの名曲①東京五輪「オリンピックマーチ」

日本で阪神タイガースのファンの共通言語となっている「六甲おろし」と、その永遠のライバルである読売ジャイアンツの応援歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」が、実は同じ古関 裕而(1909年- 1989年)であることはあまり知られていない。

中日ドラゴンズの歌」も彼が作曲したというから驚きで、普段お互いにライバル心むき出しで歌うお互いの曲の根っこが同じだと知ると、少々拍子抜けでもある。

 さらに早稲田大学応援歌「紺碧の空」と慶応大学応援歌「我ぞ覇者」のライバル同士も彼の作曲だというからなんという幅の広さであろう。

 このように日本のスポーツ関連のテーマ曲のヒットメーカーだった古関 裕而は、そのほかにも夏の高校野球のテーマ曲「栄冠は君に輝く」など、日本のスポーツ史、メディア中継史に欠かせない人物である。

戦中には戦時歌謡をたくさん作っていたようで、スポーツテーマ曲といい、戦う人間を鼓舞する曲の天才ともいえ、音楽界では和製スーザとも言われているという。

その古関 裕而が、五輪組織委員会に依頼されて作曲したのが「オリンピックマーチ」である。

 残念ながら私が生まれる前なのでリアルタイムでは体験していないのだが、戦後の暗いイメージからの脱却の象徴であった東京五輪の開会式で、この曲とともに各国の選手団を会場に迎えた瞬間は、日本国民が世界にようやく認められたという喜びの瞬間であったともいう。

 彼の音楽の特徴はスポーツの応援歌といえども、軍歌のように攻撃的ではなく、どちらかというと格調気品があり、選手をリスペクトし舞台を整えるという、音楽の役割としての脇役に徹したスタンスが感じられる。
 それによって選手は舞台の重みを感じ、自尊心をもって正々堂々と戦いたい気分になるのである。

 東京オリンピック終了後も、この「オリンピックマーチ」を含め古関裕而の曲は、全国の小中学校の運動会や式典で使われ、私を含めオリンピック後世代は「オリンピック」の冠を知らないまま、知らず知らずに彼の曲が耳になじんでいる。

 東京オリンピック世代のみならず、その後の世代に受け継がれている隠れた名曲であり、今後も大事にしていきたい曲である。

CS方式のお陰で面白過ぎる日本のプロ野球

中国にいるとTVの視聴契約でもしなければ見られない日本のプロ野球であるが、今年からセリーグが去年までのパリーグ同様にポストシーズンにクライマックスシリーズ(CS)というプレーオフを設けたお陰で非常にスリリングな最後まで面白い状況となっている。
 28日の試合結果で阪神が中日に勝ったため、中日のマジックが消滅し巨人にマジック2が点灯した。巨人が残り試合2、中日が残り試合5であることを考えるとつい最近まで3チームの三つ巴が続いていたペナントレースも巨人が圧倒的に優位に立ったと言えよう。
一時は逆転優勝かと言われていた阪神はここへ来ての8連敗で優勝の可能性がなくなり完全に脱落した、といつもの年ならここで阪神のシーズンは終わっているのだが今年はCSがあるため3位まで残っていれば日本シリーズの可能性があるので諦める必要はなくなった。

ただし!実はこの8連敗のお陰でその3位の座さえ危うくなって来ている。そう4位の横浜が馬群後方から差し馬のように3番手を伺っており自力浮上の可能性が残されているのだ。しかも横浜は現在4連勝中で勢いがあり28日から10日間で11試合、つまりダブルヘッダーを含む連続試合であるため、一度勢いがつくと怒涛の勢いで勝ち続けるかも知れない。
 29日以降の残り試合を見ると古田監督退任で勢いを失っているヤクルトと5試合、ターゲットの阪神と2試合、優勝が決まって気が抜けちゃうかも知れない巨人と1試合、やはり優勝を逃して意気消沈してるかもしれない中日と1試合、そして最下位に沈んでいる広島と1試合。虎党には申し訳ないが期待を十分期待を抱かせる日程だ。しかもそんな勢いで万が一CSに進めば日本シリーズまでそのまま進んでしまうかもしれない。そんな可能性を生んだ今年のCS導入である。 CSのお陰で最後まで楽しめる今年のプロ野球である。ああ日本がうらやましい。。