Tag Archives: ビル

高く見えない上海環球金融中心

 金茂大厦と上海環球金融中心はどちらも上海を代表する高層ビルで並ぶように立つのだが、金茂大厦は高さ420m、上海環球中心は高さ492mと環球中心のほうが72m程高く、実際環球中心の最上階の展望台からは金茂大厦が見下ろせる。

 しかしながら陸家嘴駅付近からこの二つのビルを眺めると重なるように見え、しかも遠近法の関係で奥にある上海環球中心のほうが若干低いかのように見えてしまう。

 

陸家嘴駅からみた金茂大厦と上海環球金融中心

陸家嘴駅からみた金茂大厦と上海環球金融中心

 もちろん十分な距離をもった位置から見れば確かに、環球金融中心のほうが高いのは明確なのだが、このビルとビルの間隔がせいぜい200mそこそこなため、至近距離から見ると金茂大厦のほうが高く見えてしまう。

 しかもこの角度は、東方明珠塔など観光客の多い場所からの方向なので、多くの観光客は勘違いしやすいだろう。

 まあこんな世界ランキングに並ぶような2つのビルをこんな至近距離に建ててしまうことに問題の根源があるのだが、これにも懲りずまた道路一本挟んだすぐ隣に上海中心大厦という高さ600mのものが建設されている。(写真右)

 高さを争いたいというのが明確な上海のビル達だが、そうならばお互いもう少し離れて建てた方がそれぞれの魅力が出てくると思うのだが、上海の人にはそれがわからないのであろうか?

 上海環球金融中心のように、折角隣のビルを上回ったのに、そう見えないというのは非常にもったいない話だと思う。

歩きにくい上海の歩道

 上海の歩道は、耐久性がないというかボコボコのところが多い。

 写真の場所も確か1~2年前に再舗装したばかりのはずだがもうこんなにボロボロである。

上海の歩道

上海の歩道

 煉瓦が貧弱で耐久性がないのか、歩道に降る「水」のせいなのか?

 水やお茶などの排水を平気で路上に撒くマナー文化であり、挙句の果てには歩道の真ん中で親が子供におしっこをさせてしまうような国だから、日本より歩道の寿命が短いのは当然と言えば当然である。

 とにかく上海の歩道はあちらこちらでボロボロである。

 それが今度は個人の靴の寿命にも影響してくる。
 私の靴は中国にきてから全く長持ちしなくなった。一か月に一足に近いペースで消費する。

 最近は靴をいつも上海で買うので、恐らくその靴の品質自体の低さもあるが、道路事情も靴の寿命を縮めている要因であることは確かである。

 そういえば歩道どころか、中国は一般車道や高速道路も決して褒められて状態ではなく、高速バスなどで郊外に出ると車道が安定していない状態なのがよくわかる。

 高速で走ると車がバウンドしそうになるほどの、日本では考えられないような状態で、中国では凄惨な事故が多いのも道路があの状態なら納得する部分がある。

 中国の方はあの状態の道路しか知らないから平気で通行しているが、私や普通の日本人にとってはあの道路状態だけでもかなりの危険要因であり、運転するには恐怖を感じる。

 例え中国の免許を持っていたとしても、うかつにドライブしたいなどという感覚になりにくいのが、普通の日本人にとっての中国の道路事情だろう。

 まあ、あれに慣れたら私も立派な中国人の仲間入りになるが、残念ながらとてもそこまではなりそうにない。

 上海はビルは立派になったが、足元を見れば歩道も車道もまだまだ通りにくい。

今年もすごかった、春節の九江路の花火

今回も春節の花火はまたも、九江路に行った。なんと、もう4回目の春節花火体験である。
時が経つのは早いものである。

ビルの谷間の花火

ビルの谷間の花火

中国全国で花火が上がっており、私は結局中国に来て以来、この場所の花火しか体験していないので比較することは出来ないのだが、ここより凄い場所はそう多くはないだろうというくらい非常に激しい花火である。

ビルの谷間の花火

ビルの谷間の花火

今年は雪の降る中のホワイトハッピーニューイヤーになったが、今年も例年通りすごく、地対空砲火のごとく次々に打ち上げられる花火にはただ圧巻されるしかなっかった。
 ここまで続くとどうもこれを見ないと春節を迎えた気がしなくなっている。(笑)

狭い通りの花火

狭い通りの花火

それしてもこの花火のスポンサーとして花火を打ち上げている上海中福大酒店には頭が下がる。状況が続く限りこの花火を続けていってほしいものである。

昨夜の花火の写真

2009春節花火-1

2009春節花火-1

まあ毎年同じような写真になってしまうので載せること自体あまり意味はなくなってきたが、一応とったので掲載することにした。

2009春節花火-2

2009春節花火-2

2009春節花火-3

2009春節花火-3

今年も予告どおり同じ場所で見た。
 でも今年は警官ががたくさんおり安全指導がはいって、いつもより規模が小さくなるかなと心配していたが、実際そんなことはなく、新年5分前に、いわゆるドラゴン花火への点火を合図に始まった。

2009春節花火-4

2009春節花火-4

2009春節花火-5

2009春節花火-5

 頭にいっぱい灰や燃えカスがふってきて、火山灰の雨の中にいるような感じ。一緒に行った友人は石ころ大の塊が腕に当たって怪我をしそうになった。
 相変わらず凄い轟音で、耳がほとんど聞こえない。
これがないと年を越した気分にならないなんて、自分も中国の土地に馴染みつつある。

2009春節花火-6

2009春節花火-6

焼け焦げたビル

CCTV本社ビル

CCTV本社ビル

今日、時間があって先日の元宵節の夜に火災が起きたCCTV本社現場を訪ねることができた。

焼け焦げたビル

焼け焦げたビル

 近くによってみるとまさしく廃墟の様相を呈している。
黒く焦げたというより、100年もそこにほったらかしにしてあったようかの外観だ。
なんとも生々しく気味が悪い。 
 幸い死者は出てないようだが、ある意味、前近代的な習慣ともいえる花火と現代の都市が同居すればこういう結果もありうるという良い見本のような事件である。
 建物だけでなく中国の市民社会が近代化するにはまだまだ時間がかかるかもしれない。
 火災が起きてから今日はじめて雨の日を迎えるらしいが崩れ落ちないかとても心配である。