代議士を選ぶ間接民主主義の限界

 昨日、日本の大阪市と大阪府の合併を巡るいわゆる都構想の住民投票で、反対が賛成を上回り、議案が否決された。  まあ、この政策そのものは私はどちらかといえば反対の立場で、行政システムを変えなくても改革は可能だと言う考え方で Continue Reading →

沖縄県と山口県の戦い

 選抜高校野球真っ最中の時期だが、残念ながら高校野球の話ではない。  沖縄県の普天間基地の辺野古移設を巡って、国と沖縄県の間で溝が深まっていると報じられている。  沖縄県知事が工事に関して許可を出していない部分の作業停止 Continue Reading →

実は日本の首相がテロリストを利用したのではないか?

 最近の日本の国会では、政治とカネにまつわる問題で、再びいろいろ揺れ動いているようだが、そもそもそういった問題が無ければ、安全保障の問題一色になっていたはずの国会である。  その安全保障に関して言えばISIL(通称イスラ Continue Reading →

恩を売りに行って恨みを買ったかもしれない外交

世間のニュースで周知されているとおり、ISIS(通称イスラム国)で人質となっていた後藤健二さんがどうやら殺害されたらしいという状況になった。  先に殺害された湯川遥菜さんと合わせて日本人2人が殺害された結果となったが、ど Continue Reading →

フランスのデモ参加こそ集団的自衛権の格好のPRの場ではなかったか?

 先週の11日の日曜日にフランス国内で、風刺画の週刊誌「シャルリー・エブド」襲撃事件に抗議するデモが行われ、なんと370万人もの人が参加したと報道されている。  しかもこのデモには一般市民だけではイギリス・フランス・ドイ Continue Reading →