Monthly Archives: 1月 2019

QRコードによる地下鉄運賃支払いシステムは失敗?

数年前から、上海地下鉄ではQRコードを使った運賃のスマホ決裁システムを採用したことは、「上海地下鉄がスマホ支払いを始めた理由」でも書いたが、私の見立てではどうもうまくいっていない。

まあ失敗とまでは言えないかも知れないが、少なくとも大いなる改善の余地ありである。

何故なら朝のラッシュ時間帯において、このQRコードの読み取りの戸惑いにより、改札口において大きな渋滞が生じてしまっている現状がある。

上海地下鉄の出札口のラッシュ

つまり、スマホ上のシステム起動や、センサーの読み取り不良により列がスムーズに流れず、改札口において人が大行列をなしている光景があちらこちらで見られるからである。

大行列にならずとも出入札を手間取っているケースは日常茶飯事である。

やはり当初予想した通り、ICチップの内臓された上海公共交通カードの方が遥かに通過速度の面で優位性がある。

このQRコード決裁の最大の欠点は、スマートフォン端末側で通信を必要とするということ。

つまり、支払い用の電子マネーを管理しているデータセンターを公衆回線(4GやWIFIなど)を使って呼び出し、支払い用のQRコードをスマートフォン上に表示させる処理が必要になる。

QRコード対応の改札

上海地下鉄QRコード対応の改札

これが数人単位で処理しているうちは大した支障もないが、ターミナル駅などでラッシュ時間帯に大勢が一気に通信を行った場合、回線かデータセンターのトラフィックが増加してパンクしてしまう。

パンクまで行かなくても、処理が非常に遅くなるのであり、上述の反応不良を起こして出札口で大渋滞を起こしてしまう。

スマホ利用者の中には、動画を見たりオンラインゲームにいそしんでいる人もいるから回線トラフィックはかなりひっ迫しているだろうし、端末内部のパフォーマンスが阻害されている場合もあるだろうに思う。

こういったユーザ利用環境の中、地下鉄運賃の課金決済までスマホの通信に負荷をかける改札方式はなかなか厳しいものがあるのである。

今後の改善策としては駅構内の通信回線の強化などが考えられると思うが、QRコード読み取り型のシステムはやや無理があるような気がしており、別の方法を推奨していくべきではないかと思っている。

具体的には一部で既に使われている上海公共交通カードをスマホ内に内蔵するタイプのアプリの推進が良いのではないかと考えられるが、私も使ったことが無いのでもう少し研究を重ねるまでは公共交通カードをそのまま使うしかないかなと思っている。

仕方なくファーウェイ

昨年末にスマホを買い替えた。
前機種の電池の状況が思わしくなく、フル充電しても2~3時間で再充電が必要な状態になったためで、使い物にならず仕方なく替えることにした。
内臓メモリの使用率も90%を超えたので、もう限界だったというのもある。

そして選んだのは前機種に引き続きファーウェイ(HUAWEI)の機種。

国際的な政争の具になっている感のあるファーウェイの存在だが、私も特にファーウェイを好んで使っているわけでもないのだが、ほかに目ぼしい選択肢がなく結局はファーウェイになってしまう。

まずiPhoneを除けば、目ぼしい携帯メーカーが中国には残ってない。

確実に日本語表記、入力できる機種ということがわかったのがファーウェイだけだった。
価格もほどほどでコストパフォーマンスや信頼性で選んでいったところ結局今回の機種になった。
まあスペック的には価格相応ではあるが、不満も少なくない。

まず、アプリ規制が以前に使っていた機種よりかなり厳しくなっており、楽天市場アプリとか国外との通信を必要とするサードパーティーアプリはほとんど使えない。
加えてGooglePlayといったアプリ市場のアプリもインストールできず、例え回線上でVPNを経由して繋いでも、ダウンロードもインストールもできない。
結局使えるのはほとんど中国国内製のアプリだけであり、国外アプリはほとんど使えない。

交通系や旅行系、ショッピング系のアプリだけは入れたが、後は用の無いアプリは少々怖いので入れないようにしている。

こんな環境のスマートフォンの不自由な実態を考えると、アメリカ側が指摘する懸念を払しょくできるほどの証拠はファーウェイにはないなと思ってしまう。
また国の構造を考えれば中枢部の意向に一民間企業が抗えるとは思えず、現時点でいますぐに不正の証拠や指示はないとしても、確かに懸念は払しょくできないのである。

では何故ファーウェイを選択するのかと言えば、結局選択肢がないことと、日常からネット上に監視の目など張り巡らされたこの国では、ファーウェイ以外でも結局同じことであり、他を選択することに意味がないからである。

中国にいる限り、結局はどのメーカーの機種を選んでもインターネットが不自由な状態から脱することは出来ないので仕方なくファーウェイを選択するしかないということなのである。

スーパー銭湯「極楽湯」でのぼせる

 先週のことであるが、あまりにも寒い日が続くので、日系のスーパー銭湯の「極楽湯」さんへ行ってきた。
 実は職場からかの銭湯の最寄り駅までは地下鉄1本で行けるので、個人的には意外と使い勝手の良い位置関係にある。
 で、仕事の時間が終わると同時に職場を出て一目散に向かった。
 手続きを経て入場し、ロッカールームで服を脱ぎ、すぐにお風呂場へと向かった。
 何種類か泉質の浴槽があるのだが、それぞれ5分から10分ほど満遍なく浸かっただろうか?
 気が付くとトータル1時間くらい浴場に滞在しており、これは長くなってしまったなと、風呂からあがり浴衣に着替え、2階にあがった。

 少々身体がだるく、長く湯につかり過ぎたかなと思いつつ、当初の予定通り食事をとるべく、レストランに向かったのだがどうも、調子が悪いような気がしていた。

 入り口でメニューを開いてみたが、やはり食欲が湧いてこない。
 それどころか、少々気持ちが悪い。

 仕方なく、休憩室へ向かおうとした瞬間に頭がクラっと来た。

 卒倒こそしなかったが、あと一歩で気を失ったのでないかと思えるほど眩暈がして、そばにあったベンチに倒れかかるよう横になった。

 どうものぼせてしまったようである。
 一歩間違えれば周囲の人に心配をかけるほど大事になっていただろうに思う。

 幸いというか、その時は大して周りに人がおらず気にかけてくれる人もいなく、私がそのベンチに横になっていたことすら気にされなかったかもしれない。

 そしてそこからはもう、なかなかまともに立ち上がるのが怖くなり、気分が落ち着くまでその場で横になるしかなかった。
 数分ほど経過し、何とか立ち上がることは出来たが、まだ気分が悪いので、横になれる休憩スペースに異動して仰向けになって、安静にすることにした。
 横になっても目がぐるぐる回るというか、気分が悪く落ち着かない。
 まあ、その状態で実際にどの程度命に危険があるのかは分からなかったが、この症状の延長上に命が危険な状態があることを初めて実感したような気がする。
 単に入浴方法の問題なのか、自分の年齢的身体的衰えなのか分からないが、自分という存在は永遠ではないことを改めて実体験した。

 その後30分くらい横になり起き上がる元気はなんとか回復したが、さすがに食欲はわかず食事を摂らず退館することにした。
 冬の冷たい空気に触れたかったのである。
 
 そして表へ出たが、出た瞬間は心地よかったが、やはり冬の寒さは強烈ですぐに肌が冷やされてしまった。
 まあのぼせの恐怖感を感じた直後だったので、さすがにその時は温泉に戻りたいとは思わなかったが、今回は温泉も入り方に気を付けなければ身を亡ぼすことを知った年明けの教訓だった。