Tag Archives: 電源

インバウンド対応を謳うのにUSB電源供給口がない日本の私鉄車両

 何やら最近、日本の大手私鉄で新たな有料特急座席指定列車が増設されるニュースが相次いでいる。

 もちろん、従来の日本人通勤客への便宜という意味もあるが、どうやらここ数年急激に増えた外国人観光客向けのアピールなど、インバウンド需要などを狙ったと謡っている会社も少なくない。

 通勤者向けというのは、これから日本の人口が少しずつ減少することによって、通勤客も目減りするという事情もあって、通勤客の囲い込みと増収策の意味で有料座席列車が増えているという状況のようだ。

 一方で、外国人向け対応として、新たに製造した新車両にWIFIAC電源の設備を設けたと得意気に謡う私鉄も少なくない。

車両説明資料より(引用元


 しかし、そもそもこれらはノートパソコンの普及した20年くらい前に対応しておかなければならない事項で、今ようやく「つけました」というのは今更感がすごくある。

 さらに、私が気になったのは、AC電源として2つ穴の日本仕様のコンセントは用意されるようになったようだが、USB電源に対して全く考慮されていないということ。

 今時、世界中のどこの空港に行っても、その国の電源供給コンセントに加えて、USB電源口を備えているところが多い。
 何故なら、世界中で電源コンセント規格がバラバラであるが、USBは基本的に世界統一規格であるからである。

上海虹橋空港の電源とUSB給電口

 しかも、たいていの観光客はノートパソコンを持ち歩いていなくとも、スマートフォンは持ち歩いており、その電源としては通常電源よりUSB給電口が便利なのである。
 もちろん観光客に変換プラグを買わせれば、AC電源からも充電は可能なのだが、短期間しか滞在しない外国人観光客にわざわざ変換プラグを買わせるような対応はかなり不親切であろうに思う。

 まさか電源設置費用を変換プラグ販売の利益で回収しようなどという魂胆でもあるまい。
 つまりこれらの私鉄の車両はインバウンド向けの対応と言いながら、車両開発者は世界の現状に目が行き届いておらず、日本の常識だけで設計してしまったようである。

 いや、外国人だけでなく、日本にだってとっくにスマートフォンが浸透していることを考えればUSB電源対応は視野に入ってしかるべきで、結局は日本人が使用する視点(持参のACプラグを使用する)でしか準備されておらず、外国人の視点に立てず井の中の蛙状態の発想で設計されたものと言われても仕方ないだろう。

 古くから存在する施設が改良されないのは仕方がないことではあるが、わざわざインバンド対応を謳って新たに準備したのに、視野が狭いおかげで中途半端になってしまったのはとても残念に思う。


 

紛らわしい中国の10Aと16Aの三又電源プラグ

 上海滞在10年を超えて、最近ようやく気が付いたことがある。
実は、中国で使われている三又の電源プラグには2種類存在していたようである。
 見た目にはほとんど同じなので、気が付かなかったのだが、というか一方の器具に接する機会がほとんど無かったので、その存在に気が付かなかったのである。

 以前、「中国の電源コンセントは何でもアリ?」で全て勉強したつもりだったが、それ以外にもプラグとコンセントに別の電気規格があったのである。
 
この2種類は電気規格による種別が別のようで、10Aのものと16Aのものがある。
ぱっと見はほとんど形状が一緒だが、実際に差し込んでみると差し込めず互換関係がないことに気が付く。

16Aのプラグ

10Aのプラグ

 中国の百度で調べて見ると、10Aのプラグの歯の幅が約8㎜、16Aの幅は約10mmとなっている。
 また器具の規定値は250V /10Aは最大効率が2200wと、16Aが250V /16Aが 最大効率が3500Wとなっているようだ。
 普段家庭用に普及しているのは10Aの方で、私は長い間こちらの方しか知らなかった。

10Aのコンセント

 16Aも一応家庭に使われるが、エアコンとか電気温水器とか電気消費量が大きい家電用のプラグ仕様となっているようである。
 実は何年か前にも三又プラグの大きさが合わないことがあって、単に製造精度が悪いだけなんじゃないかと思ったことがあったが、今頃になってようやくあの時の不整合は規格違いであることに気が付いたのである。

16Aのコンセント

 それ故に、ネットショッピングなどでこれらの電源器具を買う際には、写真だけでなく表示上の規格をよく見てから買わないと無駄な買い物をすることになりかねないのである。
 日本人で自分で電源器具を買う方は少ないかもしれないが、ぜひお気をつけ下さい。

中国の電源コンセントは何でもアリ?

 中国で生活していて時々遭遇するのが電源コンセントの形状不一致によって、差し込み口に挿せないというトラブル。
 まあ日本から持ち込んだ製品が使えないというならともかく、中国国内でも複数の規格が存在し、それぞれそれなりの数が流通しているから、どれか一つに統一出来ないようなのだ。

中国の電源分配コンセント

中国の電源分配コンセント

 電圧だけはさすがに統一され国内どこでも220Vではあるのだが、各地に租借地があった時代の名残なのかプラグは国内で統一されていないのである。
 もちろん電源コンセントの製品もそういった国内事情を考慮して、複数タイプのプラグに対応したコンセントがほとんどとなっていて、冒頭のようなトラブルがなるべく少なくなるようには考慮されている。

 住宅などでよく見かけるのが、下記の写真のような各タイプ兼用型コンセントで、3タイプに対応している。

中国の住宅の壁コンセント

容量内なら両方差し込んでも差し支えない。

 まず上部の二口穴のうち、角ばったタイプは米国工業規格ではタイプAと呼ばれるものでで、接地極(アース)のないタイプである。
(規格名称は基準規格により呼称が異なり、民間製品とは分類が違うので注意されたし)
 タイプAは日本や北米で広く使われているもののと同じ規格となりパソコンのように220V電圧にさえ対応していれば共通で普通に使える。

 次にその角穴に付随するように空いている丸い穴は 米国工業規格でタイプCと呼ばれるもので、やはりの接地極のないタイプである。
 タイプCはユーロプラグと言われ、ヨーロッパや南米、アフリカなどで広く使われるタイプであり、欧州系メーカーの商品などはこの規格が多い状況のようだ。

 そして残る一つが3極式の米国工業規格でタイプIと呼ばれるコンセントでオーストラリア方面に多いとされる形状。
 上記の2タイプは接地極の無いタイプなので感電のリスクが高いと言われることから、最近ではより安全な接地極のあるタイプが増えており、中国でもそれを見越してか、このタイプIのコンセントも増えている。

タイプI のプラグ

タイプI のプラグ

 さらに近年はタイプA、Cにそれぞれ接地極のついたタイプB、Hのようなものも登場していることから、それらにも対応したコンセント形状となっており、ますます複雑である。

 下記の写真は会社にあった電気の分配コンセントであるが、各々複雑な形状の穴が開いており、裏を返して対応プラグを確認すると左からI・A・C・B・G・Hという 実に6種類の電気プラグに対応できるようになっており、まさに何でもアリの状態なのである。
 (タイプGは主にイギリス、香港、シンガポール、中東などで使われてるタイプ)

結構複雑なコンセント形状

結構複雑なコンセント形状

裏には適用タイプの説明が

裏には適用タイプの説明が

 もちろん、これとて全世界をカバー出来ているわけではないのだが、少なくとも欧州と北米の主要メーカー製品は電圧さえ適合すれば、ほぼそのまま使えると言っていいのではないだろうか?

 まあこういった便利な分配器が売られているのは、逆に言えば製品側のプラグが統一されていないことの裏返しであり、壁のコンセントだけでは差し込めるプラグが限られてしまうというのが実情なのである。

 国土が広く、欧米それぞれと複雑な関係において発展してきた中国の近代の歴史が、この電源コンセントにも現れているのである。