日本のオーディオはやはり凄い

先月念願かなって日本に置きっぱなしだったミニコンポを一時帰国したときに、上海へ持ち込んでくることができた。

今年4月からJALが委託可能荷物容量を増加させたことをうまく利用して、幸いにも追加送料なしで運ぶことが出来た。というか無料で運べると思ったので輸送にトライしたのである。

実は持ち込んだのは4月の初めだったのだが、電圧の問題や引越しが間近に迫っていたため、引越し後まで開封もセッティングもせずそのまま放置してあった。

そして先日引越しも無事完了し数日前にようやくセッティングをしてみた。

まあこのマシンはもうかれこれ5~6年前のモデルであるし、輸送時点で壊れなかったか非常に心配だったのだが、何とか壊れず運べたようで電源は問題なく入った。

そして肝心のCD再生である。

この久しぶりのマシンの上海上陸第一弾の再生には何がふさわしいかと、ちょっと思案して、増えてきたCDのライブラリーを眺めていたが、やはり威厳があり若々しい曲がよかろうと、朝比奈隆指揮大フィルのベートーベンのエロイカを選んでみた。

朝比奈隆&大フィルの英雄

朝比奈隆&大フィルの英雄

中古状態とはいえ、このマシンにとっての再びの杮落としのようなものであるから、これくらい堂々とした音楽がやはりふさわしい。

さあ、CDをローディングディスクにのせて、マシンの中に取り込ませた。
そして第一声が鳴る!!

「ジャンッ!ジャンツ!」

おお、なんと豊かな響きであろうか~、その響きの深さに思わず鳥肌がたった。
全く忘れていたような響きの深さ豊かさである。

思わず音の響きの中に引き込まれる。

音量が大きすぎて近所迷惑になるのはないかと一瞬ヒヤッとしたが、そうではなく音が豊なのである。

もちろん朝比奈&大フィルなので元々響きが豊かで、その演奏の素晴らしさもあるが、今回驚いたのはやはり圧倒的にマシンの表現力の差である。

数ヶ月前に買った韓国の現代ブランドのコンポではこんな音は聞かれようも無かった。もちろん価格差も数倍あることは確かなのだが、それにしてもである。

音楽ってこんなに豊かに響くんだってことを、ヘッドフォンで無理やり低音を強調したような貧弱な音楽しか聴いていない中国人たちに、是非この音を聞かせて教えてやりたい、そう思った今回の日本のミニコンポの音である。

さすが「It”s a SONY」である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com