Tag Archives: 豆腐

元力士が作った「おにぎりや」

 昨日、元力士が作った「おにぎりや」が出来たと聞いたので伺ってきた。
 まあ元力士といっても、昨年まで「照ノ谷」というお店を開いていたあの方であり、日本から新たに乗り込んできた方ではない。

 で、お店の場所は南京西路698号3階の最近出来たばかりのフードコートの一角。

 フードコートとしてはややこじんまりしている空間だが、近くにオフィスビルや上海テレビなどがあることあり昼時は結構混み合うようだ。
 ただ訪れた時は夜であり、アルコールなどを提供しないお店であるため人は疎らだった。

 早速「唐揚げとおにぎり定食」を頼み、出てきたのが下記の写真。

おにぎり唐揚げ定食

おにぎり唐揚げ定食

 大ぶりのおにぎり一個と唐揚げ(サラダ付き)、味噌汁、冷奴、卵焼き、きんぴら、漬物の組み合わせ。
 おにぎりは鮭、キノコ、海老などの中から選べるとのこと。
 これで通常は45元だが、今のところオープン特価ということでなんと30元ということのようである。

 尤も親方に伺ったところ、まだおにぎりの種類や使う米、また組み合わせるメニューの内容や器なども含めて現時点では全てが手探り状態であり、当面は流動的に縁化していく可能性が高いとのこと。
 つまり現時点では完成形ではないとのことらしい。

 で、実際食してみたところ、唐揚げは長年のお店を切り盛りしてきた親方の味ということもあって当然の如く非常においしい。
 で、おにぎりはこちらも味としては美味しかったが、どうも米の粘り気不足でポロポロしてしまうといった印象であり、この辺りが今現在試行錯誤中ということのようだ。

おにぎりや

おにぎりや

 そのほか、味噌汁と漬物は普通に日本料理屋の味で、やや雑然としたフードコートの一角で食べるにはちょっと贅沢すぎるくらいな印象である。
 で、おにぎり一個だとちょっと物足りなかったので、さらに2つを追加して食べた。

おにぎり

追加のおにぎり

 こちらも美味しいがやはりちょっとポロポロする。
 完食してみて、確かに美味しくお腹いっぱいになったが、もうしばらくは親方の試行錯誤を待つ必要がありそうなこのおにぎりやの誕生である。
 数か月後の成長に請うご期待といったところである。


普通の食事なら痩せる

 年末・正月を経て少々増えてしまった体重だが、また減少傾向になってきた。
別にこれといって特別なダイエットをしているわけではなく、三食を普通に食べているだけである。

 実は私の場合これで結構体重が落とせる。

 というか体重増加の原因はひとえに酒と宴会食である。

 どうしても宴会に出かける機会が多ければカロリーオーバーは避けられない。

 もちろんそこで自制出来れば何の問題もないのだが、どうしても貧乏性で会費以上に食べたい自分がいる。

 でも宴会に行かず、酒を飲まず、1人分の食事を普通に食べていれば、かなりカロリーは抑えられ体重は徐々に減っていく。

 今のところ腹八分目とか、ダイエット食とかそんな気遣いは一切してないない。

 もちろん味噌汁に野菜や豆腐をたくさん入れて栄養のバランスが取れるようにとか、甘いものを食べすぎないようにしようとか、その程度の一般的な気は使っているが、

さあダイエットだ!

といった気負った面は一切ない。

 あとは寒さに負けず外出する機会を増やし、歩ける距離は歩くようにすれば体重は自然と減少してくれる。

 まあ目下の問題は、やはり上海の冬は寒いので積極的に外出する気力がわかないところで、30分くらいあるいて汗をかくまで歩ければいいが、残念ながら寒さに負けてそそくさとバスや地下鉄に頼ってしまう自分がいる。

 ここさえ頑張れればもっと早いペースで体重は落ちると思うが、なかなかそこまでの意思がなくて困っている。


今朝の朝食 「納豆定食」 松屋さん

上海に日本料理店数多しと言えども、朝食を食べさせてくれるお店は数多くない。
そんな中の貴重な存在が昨年オープンした松屋さんである。

日本にいたときも、この松屋の「朝定」は貴重で、時々利用させていただいていた。
 さて、焼き魚定食など、日本でもお馴染みのメニューが並んでいたがその中でも定番の納豆定食(11元)をチョイスした。

 

松屋の納豆定食

松屋の納豆定食

 ご飯と納豆と漬物と冷奴と海苔と味噌汁だけのシンプルなセットだが朝食としてはこれで十分である。
今回は頼まなかっただが、3元で生卵をつけて納豆と混ぜることも出来る。
 上海のローカルの朝食は饅頭が1元とか2元とかで食べられるので、この11元という値段でさえ上海人からみたら決して安い金額ではないと思うが日本円に換算すれば200円にも満たず、日本人にとっては有り難い存在である。

 特に単身赴任できている人は昼食や夕食には悩むことはなくとも、朝食で悩んでいる場合も少なくないと思われる。
この松屋の存在はそんな時の心強い味方である。
故に機会が有れば利用して今後も応援していきたい。