Category Archives: 自転車

中国のシェア自転車は風前の灯?

先日たまたま手に取った中国の新聞に目を通したところ、どうやら中国のシェア自転車の保証金に対して取り付け騒ぎが起きているらしいとのこと。

シェア自転車運営会社を危惧する記事

 そういえば、3年ほど前にはあれほど街を席巻していたシェア自転車は、上海市内でもかなり少なくなったため、かなり目立たなくなった。
 まだ無くなってはないのだが、一時のような猫も杓子状態ではなくなった。
 現在はかつての3分の1も利用されていないだろう。
 まあ自分は直接利用してないので正確な理由はわからないが、あまりにも自転車の台数が増えた上に、放置自転車などマナーが悪いなどで不評を買っていた。さらに住宅エリア乗り入れ禁止などあちらこちらで規制が増えて利用しづらくなったなどの理由がある。

雑然と放置されるシェア自転車

 また機械を壊したり、システムを偽造して課金を受けずに利用するような悪質な利用者も増え運営側に打撃を与えたとも聞く。
 これらのシェア自転車は当初は確か、利用する際に保証金を取っていたが、当局から不正な資金集めの疑いがあると横槍が入ったため、一時保証金の徴収を止めたようなことも聞いていた。
 これにより何社かの運営会社が撤退したのか潰れたのか知らないが市場から姿を消した。

 このようにやはり保証金なしでは自転車の投資金額が回収できないと見えて、結局信用ポイントなどを基準に保証金の徴収再開や免除などを決めていたとのこと。
 ただこの徴収再開がきっかけで利用者の流出が起きてしまい、結局は全面的に保証金免除となったようである。
 で、この保証金を返してもらおうと申請中の人が1千万人ほどいるようで、冒頭の取り付け騒ぎとなったのだが、記事によるとどうやら即時の返金とはならないようだ。
 この牛歩戦術的な返金状況を見ると、ひょっとすると運営会社の資金がショートすることも予測され、今後の事態の推移が注目される。

 そもそもこれらのシェア自転車は運営会社の過剰投資が問題になっていたようで、1万台程度の需要しかない都市でも4万台もの自転車配置をするような無計画ぶりであった模様。

上海のシェア自転車

 そしてそれらの自転車は、結局は大量のごみとなっており、1年くらい前に西側のメディアで夥しい量の廃棄自転車が積まれている様子が写真で紹介されていたことが分かるように、恐らくその自転車への投資金額は回収できぬままゴミとなったと推測される。
 一時は一大ブームを巻き起こし、その後に日本へも進出したと聞くシェア自転車ビジネスだが、少なくとも発祥元の中国では既に風前の灯のようである。

セグウェイに乗る

 先日、某日本語媒体の取材に偶然出くわし、セグウェイに試乗させてもらった。
セグウェイとは自転車と自動車の中間のような存在で、安定度抜群で走る近未来型の乗り物である。
雰囲気的には自走式陸上水上スキーのような格好といったらいいだろうか。

 突然の取材にびっくりしたのだが面白がって試乗してみた。

セグウェイに乗る

セグウェイに乗る

 最初はおっかなビックリで乗ったが、2分も経たずに操縦できるようになり結構面白かった。
 バイクのハンドル同様の形をした操縦桿を前や後ろ左右に倒して進んだりバックしたりする。バランス調整機能が優秀で絶対倒れないらしく、確かに安定感抜群だった。
 私以外にも何人かの人が挑戦していたが、皆すぐの乗りこなしていた。そのくらい簡単にのれる。大きさがちょっと大きいのと重量が重いのが欠点といえば欠点だ。

 これ、日本では道交法上、自動二輪車に分類されてしまうらしくなかなか自由に公道を走ることが容易では無い様なのだが、中国の道交法では果たしてどうなのだろうか?こんなに無秩序な交通事情の国だから、法律がどうのこうのいっても仕方のないところかも知れないがちょっと気になる。

 さてさて乗ってみて面白さを実感した後に恐る恐る値段を聞いてみると6万元(約100万円)との事である。うーん面白いがちょっと高すぎる。

 こんな高いと当然自分では買う気にならないし、物好きな金持ち以外は買わないような気がする
次にこの乗り物になるのはいつのことか、ひょっとすると一生のうち最初で最後のセグウェイかもしれない。
まあ物好きの金持ちが多いのが最近の上海なのでそんな友達ができたらその人に買わせてまた乗ってみよう。


 

自転車に乗りたくない理由

中国で暮らしていて中国人の一番嫌いな部分は自転車のマナーの悪さである。
車や歩行者も決していいとは言えないが、とりわけ自転車や電気バイクの
走行マナーの悪さには閉口する。
 スピードがあるおごりなのか、赤信号や車の隊列を無視して道路を横断する。
交差点の斜め横断などはざらである。車からも歩行者からも危険な存在である。
また街のスムーズな交通の流れを明らかに阻害している。
 見ていて非常に目に余る。
つい、「お前らのようなやつは一度轢かれてみればいいんだ」と叫びたくなる。

だからそんな上海で自分が自転車に乗ることには非常に抵抗感がある。
もちろん、自転車に乗れないわけではないし、仕事や生活上、有ればあったで非常に便利なのだが、とても上海で自転車に乗る気にはなれない。
ひとえに、彼らと一緒にされたくない、一緒に走りたくないというのが理由である。

 上海市も万博に向けて交通マナーの改善に努めていて、車と歩行者についてはそれなりの効果が見え始めているような気がするが、自転車・電気バイクに関しては一向に改善の兆しが見えない。
ここをどうにかすれば、渋滞もマナーもかなり改善する気がするが、どうにもその光はまだ見えない。

だからまだ当面自転車には乗る気になれない。

ブレーキを握らない中国人

街で、ぶつかりそうになったおばちゃんは自転車を止めるのがとても不得意そうだった。
自転車王国中国なのに、なんでそんなに下手のかなと疑問を感じて、他の自転車を観察していると驚くべきことを発見した。自転車に乗っている人の半分がブレーキに手をかけてないのである。つまり、とっさの時に止まれないのである。もともと中国の自転車にはブレーキがついてなかったという話は聴いた事があるが、最近の自転車の大半はブレーキがついている。なのに、未だに乗る人間の半分の習慣は昔のままだ。危険性を感じてないのか、危険に遭遇してからブレーキを握りなおせばすむと思っているのか、このあたりが中国人の意識変化の度合いが如実に現われている状況のように思う。自転車は急に止まれない。
街を歩く時はお気をつけあれ