妊婦さんと太ったおばさんの見分け

 今朝、地下鉄に乗った時にたまたま優先席に座ってしまった。

 まあ優先席とて空きシートには変わりなく、優先すべき人がいなければ座っても良いし、譲るべき相手が来たら譲ればいいだけの話であり、朝の通勤時間帯には、老人などはほとんど乗って来ないので、それほど気に掛けることもなく座れる。

 ところが、今朝はそこへ座って数駅通過した時に、数席離れた人が突然人に席を譲っていた。

 よく見ると譲られた人は妊婦さんだった。

 優先席に座ってしまったこちらとしては、申し訳けないなあと思いつつ、その妊婦さんが元々立っていた位置は私からかなり気が付きにくい位置だったので、こちらとしてもどうしようもなかったので、自分の心の中で弁解しつつ、そのまま座り続けることにした。
 
 そんな時、ふと正面を見ると、夫婦と思しき人が二人で立っており、旦那さんと思われる人が奥さんと思われる女性をかばうように立っていた。

 30歳前後に見えるその女性のお腹はそれほど大きいようには見えなかったが、女性の靴に目をやると踵の無い靴を履いていた。

 最初は何でこのカップルは朝からべたべたしているのかなぁという印象であったが、ひょっとすると妊婦さんだとすれば、そのカップルの態度も合点がいった。

 もし妊婦さんならば気が付くタイミングは遅くなったが席を譲ろうかなと考え始めたのだが、その2人まで距離があり確証も持てなかったので、声をかけるかどうか迷ってしまったのである。

 しかしそうこうしているうちに、列車が次の駅に着いてしまい人がどどんと乗ってきてしまった。

 結局そのカップルと私の間に人が大勢入って来て、完全に声をかけるタイミングを失ってしまった状態になり、もうアクションできない状況なってしまった。

 ちょっと大失敗である。

 その後そんな何だかモヤモヤとした葛藤をずっと抱えながら、列車は混雑した状態で何駅か過ぎたのだが、私が下りる駅の一つ手前で、今度は明らかに妊婦さんと分かる女性が乗ってきたのである。

 私は「お、ようやくチャンスだ!」と、ここぞとばかり席を譲り、優先席に座っているのに席を譲らなかった葛藤から逃れることが出来たのである。

 ところが、そんな解放感気分で席を譲って立ってドア際に移動した時に、私の席のそばに何駅も前から立っていた女性に気が付いた。

 30過ぎの女性で、若くはないがややお腹が大き目であり、やはり踵のない靴を履いていた。

 「え?」

 場合によってはこの女性も妊婦さんだった可能性もあると、その時になって気が付いた。

 まあややおばさん顔だったので、単に太っていただけの可能性もあるが、妊婦さんである可能性も捨てきれなかった印象の女性だった。

 もしその女性が妊婦さんだったら、私は何駅も気が付かず目の前で優先席を独占していたことになり、さらに事もあろうか新たに乗ってきた若い妊婦さんに目の前で席を譲ってしまったことになる。

 まあ気が付かなかった、分からなかったと言えばそれまでだが、どうも良心が痛む気分になった。

 太った女性と妊婦さんはどうも見分けがつきにくい。

 結局その立っていた女性が妊婦さんかどうかは確証が持てないままに私は車両を下りたが、どうにも後味の悪い乗車となってしまった。

 日本と違って、上海では妊娠しても仕事をギリギリまで続けるので、街には妊婦さんがウヨウヨする状態になっている。

 それ故に優先席を譲る譲らない、座る座らないはもとより、迂闊な接触などは絶対避けなければならいので、非常に気を使う通勤時間帯の上海の地下鉄である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com